小中高生対象学校補習苦手克服受験対策不登校・発達障害

家庭教師のあすなろ 発達障害の子のための家庭教師

おうちで家庭教師でもオンラインで家庭教師でも
発達障害のお子さん1,293人に驚きの成果

発達障害の特性・個性に合わせた家庭教師。もっともカンタンに点数アップできる唯一の勉強法

発達障害特有の個性からくる、こんなお悩みはありませんか?

  • すぐ集中が切れちゃって、落ち着いて勉強できない
  • 学校の先生に「遅れ気味です」と言われて心配…
  • 同じことを何度やっても理解ができない…
  • 一生懸命、授業を聞いても『わからない所』が溜まっていくばかり
  • 勉強の遅れをどう取り戻したらいいのか、わからない
  • 塾に行かせても、他の子に迷惑をかけちゃう
  • タブレット教材も最初だけ楽しそうにやっていたけど、すぐに飽きちゃって…
  • もう、どう勉強させたらいいのかわからない

勉強の遅れやこの先の進路に不安を感じているお母さんからのご相談が、発達障害が認知されたここ数年で、家庭教師あすなろにも本当に多く寄せられるようになりました。
なかなか人には打ち明けにくい発達障害の悩みや不安、ストレスを抱えている方も少なくありません。かわいいお子さんのために一生懸命なお母さん。せめて勉強の悩みだけでも、私たち家庭教師あすなろにお手伝いさせていただけませんか?

代表井上の写真

はじめまして。
家庭教師あすなろのグループ代表の井上です。

私がこれからお伝えする内容を読むだけで、発達障害のお子さんの勉強の悩みがスーッと解消されます。そして同じような発達障害の特性を持っている子でも、驚くほどカンタンに成果を上げている子は「他の子とは一体、何が違うのか?」その理由がハッキリとわかります。

事実、家庭教師あすなろが教えている発達障害のお子さんたちは、この勉強法のおかげで一人で計画的に勉強できています。そして、発達障害の子にとってシンプルでカンタンなこの勉強法で、これまで1,293人の発達障害のお子さんが「何をやってもダメ…」「どうせやっても…」の思い込みを改善し、やる気と自信を取り戻して大きな成果を上げています。

この勉強法を知っている子はほんの一部なので、知らないだけで不公平なほど差がついてしまいます。

ズバリ!家庭教師あすなろ独自の勉強法とは…

発達障害の子でも驚くほど家庭学習が身につく【カンタン家勉法】×自信と成績をグーンと伸ばす発達障害のお子さんの特性に合わせた【唯一の指導】

発達障害の子向けの塾、タブレット教材、いろいろ試したけどダメ…そんな発達障害の子1,293人が、なぜ、あすなろの勉強法で驚きの成果を出すことができたのか?その秘密を全て公開します!

ココからが発達障害のお子さんにとって最も重要な話になります!
もしお子さんが、おうちで一人で勉強できないようであれば、必ずお読みくださいね。

発達障害による勉強の悩みを解決するには今の学校では不十分?!

発達障害のあるお子さんは、自分をうまく表現できない、感情をコントロールすることが難しい、人とうまく付き合えない、周りから理解されにくいなど、辛い思いをしているお子さんは少なくありません。
お子さん自身も「本当はもっとできるようになりたい」そう思っているのに、同じ所でつまずいたり失敗を繰り返したりして、なかなか良い評価がもらえず、

発達障害による勉強の悩みを抱える子どものイラスト

『また、同じことで怒られた…』
『僕だって頑張っているのに…』
『なんで、怒られているの?』
『どうして、私だけできないの…』
『どうせ、やってもできないし…』

と自信を失っている発達障害のお子さんが非常に多いんです。

でも…
学校では子ども一人ひとりにかける時間が限られていたり、発達障害に対する理解がなかったりで、お子さんが本来持っている能力や個性を十分に伸ばしてあげられていないのが現状です。

発達障害のお子さんにとって塾やタブレット教材の危険性とは?

発達障害の子向けの塾や通信教材も増えてきていますよね。最近では、新型コロナの影響でタブレット教材を始める方も多く、塾でもオンライン授業を配信し始めている所が増えています。

でも、いざ始めてみると…

「最初は楽しそうだったけど、飽きちゃって長くは続かなかった…」「やっぱり発達障害の子じゃ、やる気が続かない」「その場ではわかった気になっているけど、一人になると宿題がこなせない」「塾の授業をオンラインで受けているけど、リアルに比べるとわかりづらい」「結局、わからない所がわからないまま」

と悩まれる発達障害のお子さんをお持ちのお母さんから「もう、どう勉強させればいいのかわからない!!」そんなご相談が増えているんです。

これら問題の共通の原因は一方的な学習になっていることです

もちろん、発達障害のお子さんでも自分でスケジュールを立てて、わからない所を調べたり、正しい家庭学習が身についている子であれば、塾やタブレット教材でも十分伸ばすことができます。

でも、おうちで一人の時、計画的に勉強できないお子さんにとってはどうでしょうか?

一方的な学習だと…

「わからない所がわからないまま」→「わからない所が溜まってしまう」→「わからない所もわからない」→「どうしていいか、わからない」→「もう、やりたくない」「やめたい」→「勉強がキライになり、苦手科目を作ってしまう」

という負のスパイラルに入ってしまう子が多いんです。

家庭教師は、必ずしも解決策にはならない!

家庭教師は一方的な授業と違って『わからない所はわかるまで』教えてくれるし、一人ひとりの学力や個性に合わせて計画的に教えてもらえるので、発達障害のお子さんにとっては、とっても有利な勉強になります。

でも、正直に言います。
家庭教師だけでは、おうちで勉強できない発達障害の子にとっては、必ずしも解決策になるとは限りません。

なぜなら『わからない所もわからない』『一人では教科書のポイントがつかめない』『そもそも、前学年の基礎学力がついていない』そんな発達障害の子の方が圧倒的に多いのです。
家庭教師が隣で教えていても、わからない所を見つけるためにその場で問題を解いてもらったり、どこでつまずいているか発見したりするのに時間がかかってしまい、1~2時間程度の限られた指導時間では、優れた家庭教師でも短期間で成果を上げることが難しいからです。

ではなぜ、家庭教師や塾、タブレット教材など『今まで何をやってもダメ』そんな子でも、家庭教師のあすなろなら、驚くほど短期間で成績アップできるようになる発達障害のお子さんが多いのでしょうか。
その答えは、とってもシンプルでカンタンです。

家庭教師のあすなろには、発達障害の子でも驚くほどカンタンに【正しい家庭学習】が身につけられる『カンタン家勉法』があります。そして、発達障害の特性を活かすことで短期間でも成績UPできる『独自の指導法』があります。
この2つを組み合わせることで初めて、発達障害のお子さんでも大きな成果を挙げられるようになったのです。この勉強法は、発達障害のお子さんを持つたくさんのご家庭から支持されています。

発達障害の子にとって最強の勉強法【カンタン家勉法】って何?

勉強が苦手な子でも発達障害の子でも、驚くほどカンタンに【正しい家庭学習】が身につく『カンタン家勉法』
【秘密1】学校の授業や教科書に絞った勉強法

正しい『予習復習のやり方』と『テスト対策』がわからなければ、成績は絶対に上がりません。そこで、家庭教師のあすなろでは、勉強が苦手な発達障害の子でも10~15分で十分できる独自の【予習・復習帳】と【テスト対策】を取り入れています。実際に、これを使うことで発達障害のお子さんでも一人の時にカンタンに予習復習やテスト勉強ができるようになっています。
お子さんが通っている学校の教科書に合わせて作っていますし、発達障害の子でも習慣がつきやすい複数の工夫もされているので、不登校や発達障害の子でも「わかりやすい」「続けられる」と大好評なあすなろ自慢のテキストです。

【秘密2】学校よりも効率よく短時間で学べる映像授業

発達障害のお子さんが一人で勉強している時に最も喜ばれているのが、教科書のポイントを短時間でわかりやすく解説したあすなろオリジナルの【映像授業】です。これが学校の先生よりもわかりやすいと発達障害のお子さんに評判で、実際に複数の公立中学校でも休校中にこの映像授業が使われています。

【秘密3】LINEで24時間『わからない』を解決

発達障害のお子さんが成績アップするためには『わからない所をわからないまま』にしないことが最も大切。そこで、担当の家庭教師が答えられない時などに専任スタッフが24時間いつでも『わからない所をわからないまま』にしないように、LINEでわかりやすく教えています。生徒との関係ができているので勉強以外の相談も増えていて「親や友達には言えないことも相談にのってもらえて嬉しい」「宿題やテスト前の強い味方!!」そんな喜びの声が毎日のように家庭教師あすなろに届いています。

  • 発達障害の子の声:苦手な数学が15点上がったよ♪
  • 発達障害の子の声:長期休みの宿題の「わからない」も一緒に解決!!
  • 発達障害の子の声:相談したおかげで志望校が決まってやる気が出た!!

つまり【秘密1~3】の他には真似のできない仕組みを合わせることで、学校の授業に左右されずに予習→授業→復習→テスト対策と一連のプロセスで、発達障害の子でも繰り返し学習が自然に身につくようになっているのです。一人の時でも『わからない所をわからないままにしない』ことで、基礎学力が最もカンタンに身につけられる最強の勉強法こそが、家庭教師あすなろの【カンタン家勉法】なのです。

発達障害の子の自信と成績をグーンと伸ばしたお子さんの特性に合わせた「唯一の指導」
業界初!発達障害のスペシャリストが監修
『特性に合った伸ばす接し方』を導入した指導

発達障害のお子さんの【本来の力】を発揮できるようにするには、何よりもまず、発達障害の特性を正しく知ることが必要です。そのためにスタッフが受けた発達障害に関する数ある勉強会やセミナーの中で、最も感銘を受けたのが「車重徳」先生。その車先生に猛烈アタックし、監修いただいたのが小冊子「発達障害の特性に合った伸ばす接し方」。発達障害のお子さんの個性の活かし方・伸ばし方、勉強の教え方や発達障害のお子さんへの接し方を一冊にまとめ、家庭教師の指導に最大限に活かしています。

発達障害サポートのスペシャリスト車先生のプロフィール
児童心理学の権威が監修
児童心理学を取り入れた『やる気を引き出す』指導

自信を失ってしまった発達障害のお子さんにとって大事なことは【自己肯定感を高めてあげること】です。そこで、都庁で5万件以上の相談実績を持つ児童心理学の権威である平出先生に監修していただき「やる気を引き出す言葉がけ」をまとめ、家庭教師の指導に取り入れました。指導時の接し方ひとつで、発達障害のお子さんでもやる気のなかった気持ちと行動をこれほどまで大きく変えられることができることを実感できました。この指導によって多くの発達障害のお子さんが、今までの【劣等感】や勉強に対する【苦手意識】がなくなり、その安心感から自分の得意を伸ばして一人でも自信を持って勉強ができるようになっています。

平出先生のプロフィール
失った自信を短期間で取り戻す
お子さんの気持ちに寄り添った指導

発達障害のお子さんにとって、家庭教師は「どうして、こんなのもわからないの?」「さっき、やったばかりだよね?」と『自分を叱る存在』『自分を否定する存在』と思ってしまうケースも少なくありません。でも、ご安心ください。あすなろの家庭教師は、過去に勉強でつまずいた経験や失敗を乗り越えた経験がある家庭教師がほとんど。だからこそ、発達障害で勉強に困っている気持ちを深く理解し「絶対にできるようにしてあげたい!」という熱意をもって、まるで自分のことのように親身になってくれる家庭教師を厳選してご紹介しています。

発達障害の子でも驚くほど家庭学習が身につく【カンタン家勉法】×自信と成績をグーンと伸ばすお子さんの特性に合わせた【唯一の指導】

先ほどもお伝えしたように、この2つを組み合わせることで初めて、発達障害のお子さんでも驚くほど大きな成果を上げることができるんです。
私の知る限り、勉強が苦手な子や不登校・発達障害の子にとって、最もカンタンに点数アップできる唯一の勉強法になると考えています。

実際の指導は、おうちに伺うかオンライン指導のどちらも選べます。どちらもクオリティでは他に負けない自信があります。
お子さんの性格や発達障害の特性に合わせて自由に選ぶこともできますので、どちらか迷われた時はお子さんに合わせて最適な指導方法をご提案させていただきますので、お気軽にご相談くださいね。

ご検討中の塾やタブレット教材・家庭教師があれば、決める前にこの勉強法と比べてみてください

お願いがあります。
家庭教師や塾、そしてタブレット教材や通信教材をご検討中であれば、大切なお子さんのために、私たち家庭教師あすなろの勉強法と比較してもらえませんか?今なら、無料の体験授業でカンタンに比較できます。
私たちの信用にかけて、発達障害のお子さんを驚きの結果に導く勉強法の魅力を必ずお伝えします。無料で体験できますし、もちろん無理な勧誘は一切ありません。

体験授業の受け方は2つあります。
①自宅で楽しく体験 ②オンラインで気軽に体験
ご家庭のご希望に合わせてどちらかお選びください。

あなたにとってリスクは一切ありません。ご安心ください。
お金は一切かかりませんし、ご家族の方が心から『これだ!』と思っていただいた時だけ、一緒に頑張りたいと思っておりますので。

体験授業のお申込はとってもカンタンです!
今すぐお電話【0120-562-955】で「無料の体験授業を受けたい」と、代表の井上か成績アップ係のハマダにお伝えください。スマホからもお申し込みできます。わからない所があればお気軽に相談してください。

発達障害の個性を活かす家庭教師あすなろの指導法とは?

発達障害には、アスペルガー(AS)・学習障害(LD)・注意欠陥/多動性障害(ADHD)といった特性があります。その発達障害の特性やお子さんの個性によって適切な接し方が変わってきます。家庭教師の接し方を間違えれば、まったく逆の答えとなってしまいます。

そこで、家庭教師あすなろでは1人ひとりの発達障害の特性に合った勉強法をご提案できるように、数年前から発達障害のお子さんに向けた取り組みを強化しています。
「もっと自分たちの指導経験を活かして今を変えることで明るい未来を作りたい」「他にはできないやり方で、発達障害特有のお悩みに親身に応えたい」そんな想いから、家庭教師あすなろでは発達障害のお子さんをサポートするための資格(発達障害コミュニケーション指導者)も取得しました。ご家庭の期待を超えたサービスを提供できるように、発達障害専任スタッフを中心に定期的に勉強会を開き 他スタッフの発達障害に関する知識向上や家庭教師の研修、ご家庭へのサポートの強化を図っていきたいと考えています。

保護者向け発達障害の勉強会が大好評!

発達障害のお子さんのサポート担当田中の写真

家庭教師あすなろの発達障害サポーター田中です。
ほんの少しだけ私の経験を聞いてください。

私も、発達障害のお子さんのサポートを始めたばかりの頃は、どうサポートすべきかわからず『発達障害を知る』ことから始めました。でも、発達障害に関する本やネットで得られる情報だけでは限りがあります。お子さんによって特性や個性が違いますから、それぞれのベストな解決策や正しい接し方がわからずにいたんです。そこで出会ったのが発達障害支援のスペシャリスト、車先生です。
発達障害の専門家から直接話を伺うことで、今まで知り得なかったことを学べたり、発達障害の子への正しい接し方がわかったりと、まさに目からウロコ…。先生との出会いをキッカケに、多くの発達障害のお子さんやお母さんの悩みを解決できるようになりました。

発達障害コミュニケーション指導者認定証

接し方を工夫するだけでもお子さんの能力をもっと伸ばせることをご家庭の方にも知っていただきたくて、車先生にお願いし保護者向けの勉強会を開催。発達障害に対する『正しい理解』と『正しい接し方』を車先生自ら3時間かけて伝授。「これまでの悩みがスッと消えました!」「誤って認識していたのがわかった」など、たくさんの喜びの声をいただいています。

発達障害サポートブログでは、勉強に関することだけでなく発達障害の特性ごとの接し方や正しい対応法など発達障害の専門家などから知り得た知識や情報をまとめて配信しています。ぜひコチラもご覧くださいね。

新着記事

お申し込みはとってもカンタン!無料の体験授業
0120-562-955(無料) 受付時間 9時~23時(土日祝OK) フォームから申込 カンタン入力・24時間OK
ページトップへ