今すぐ電話をする
メニューを開く

高校生

あすなろだからこそ、志望校合格に必要な学習が短期間で一気にこなせます!

あすなろには、塾の半分以下の勉強量でも、短期間でより結果につなげられるオリジナルの勉強法があります。『授業』『定期テスト』『長期休み』『受験対策』の基本となる『学校の授業を最大限に活かす勉強法』で、第一志望の大学に最短距離で合格するための必要な学習を、短期間で一気にこなすことができます。

「まだ大学に進学するかどうか考えてない」

「大学なんて、まだまだ先のことだし…」

「高卒でもちゃんと就職してくれればいい」

と思っている方にこそ、どうしてもお伝えしたいことがあります。

今や、高校卒業生の2人に1人以上が、大学に進学しています

約30年前、4人に1人だった大学進学率も、今や2人に1人以上。これから、大学無償化法やグローバル化、そしてAI技術の革新によって、この数年でさらに進学率が高まっていくと予想されています。高校卒か大学卒か、それぞれメリット・デメリットはありますが、これまでとは違い、この選択・判断・行動によって「お子さんの将来が大きく変わる」そんな世の中にお子さんはいるんです。お子さんにとって今までで一番大切な選択です。 もし、大学卒を選択するのであれば、早めの行動が志望校合格への大きなチャンスとなります!

大学入試が大きく変わるのをご存じですか?

【センター試験】から【大学入試共通テスト】という名称になり、これまでの『知識を問う問題』が主だったのが『応用力』を試されるようになります。具体的には【知識・解答力】に加え【思考力・判断力・表現力】が求められます。つまり、これまでの『暗記型、詰込み方式』の勉強ではなく、学んだ知識をどう使うか【考える力】を身につけることが重要になります。

大学入試制度の変革は、この【大学入試共通テスト】だけではありません。推薦・AO入試枠が拡大し名称も変わります。推薦入試が【学校推薦型選抜】AO入試が【総合型選抜】となります。既に私立大学では入学者の半数以上を、これから国立大学でも入学者の3割以上を【学校推薦型選抜】【総合型選抜】とする方針にあります。このサイドを利用することが、志望校合格の近道と言えます。
ここで重要なのが【調査書】。 大学入試制度が変わり【学校推薦型選抜】【総合型選抜】だけでなく、一般入試においても、この調査書の内容で合否が左右されます。調査書とは、高校での成績や学校生活などの記録。
つまり、特に定期テストの成績が志望校合格の大きなカギとなるわけです。

高校1年生から『受験生』という意識を持つことが重要

これまでの大学受験は、文系・理系に分かれ、それぞれの分野の成績が問われていましたよね。でも、これからは違います。【調査書】が導入されたことで、全ての教科の成績が、受験の合否に関係してくるわけです。【調査書】の評価を上げるために、定期テストの点や学校の成績を上げるための努力もしなければならない、ということです。難解な問題を解くような特別な勉強よりも、授業の理解を深めるための『普段の家庭学習』が最も大切になります。

つまり、受験対策は高校入学と同時にスタートしている、というわけです。

『授業の理解を深めること』こそが、定期テストの得点UPにつながり、調査書の評価UP、そして大学入試対策につながるんです。大学入試のすべて選抜方法に必要な学習を一気に対策できれば、断然有利です。
そして、まさにこれこそ、私たちが最も得意としている指導です。あすなろの『学校の授業を最大限に活かす勉強法』を、ぜひ一度、あなたの厳しい目で確かめてください。既に受験対策は始まっています。

高卒と大卒の違いや大学入試制度の変革などについて『もっと詳しく知りたい』という方にお役立ち情報を配信しています。ぜひ、お子さんの将来のためにも、読んでみてくださいね。