今すぐ電話をする
メニューを開く 閉じる

小学校の勉強は、中高6年間の勉強の大事な“土台”
「算数が苦手になってきた…」そんな小学生に今必要な3つのこととは?

お子さんの勉強に“少し不安”はあるものの、どうしたらいいかわからない【小学生の保護者様へ】

「最近、ちょっと算数がニガテになってきたのかな?」
「学校の小テストでも、なかなか満点が取れないのよねぇ…」

こんな風に、お子さんの勉強でちょっと気になることはあっても、
「別に、中学受験は考えてないし…」
「小学生のうちから、あんまり勉強・勉強って言いたくないし…」

など、なかなか行動をおこせない保護者様もいらっしゃると思います。

イラスト

もちろん「まだ小学生だし…」と思われるのも当然ですし、それぞれのご家庭で教育方針は異なるので「学習」についてはいろいろな捉え方があってよいと思います。

ですが…、小学校の学習指導要領の改訂以降、
「小学校で習う勉強が難しくなった!?」
と感じている保護者の方が急増しています。

ご存知のとおり平成23年の春から小学校の教科書が改訂され、「脱ゆとり教育」として大幅に学習量が増加しました。特に、算数はゆとり教育時代と比べ、教科書のページ数が約1.7倍になったとも言われています。

ちなみに『9歳の壁』という言葉をご存じですか?

まだご存じない方もいらっしゃると思いますが、学習要領の改訂されて以降、この『9歳の壁』が少しずつ問題になってきています。

イラスト

「9歳の壁」とは、小学3年生あたりから抽象的に思考する力を求められる学習が増えてくるため、勉強についていけなくなったり、やる気を落としたりする「つまずきやすい時期」のことを指します。 2年生までは算数が得意だったのに、中・高学年で急につまずいて苦手になってしまう…ということもよくある話です。

実際、私たち家庭教師のあすなろでも小学生の勉強についてのご相談が増えています!

私たちは、勉強がニガテな小・中・高校生のお子さん対象に成績アップのお手伝いをさせていただいておりますが、年々、小学生のお子さんがいらっしゃるご家庭からのご相談が増えてきています。

すべてのお子さんが「9歳の壁」に直面しているというわけではありませんが、その中の多くのお子さんが、“ある大事なこと”に気づけていないために「勉強でつまずいている」のではないかと考えます。

小学生のお子さんに“今”必要なこと

その1.「家庭学習」を軸として、勉強の“基礎”を身につけること

イラスト

小学生の学習は中学校、そして高校と進学していく中で、どの環境においても学習のすべての【土台】になります。つまり、これから先何年かを担う勉強の【基礎】になるのです。

“基礎”といっても、基本問題や基礎的な計算ができればいいのかということではありません。

勉強の【基礎】とは…

  • ノートの取り方
  • 字の読み書き
  • 正しい計算の仕方
  • 間違えた時の見直し方
  • 自分の考えを表現すること

など、勉強のやり方はもちろん、勉強に対する姿勢や心構えまで、すべてが“基礎”に入ります。

イラスト

そして、実は…これらすべての要素を含むのが“家庭学習”なのです。したがって、家庭学習さえ習慣になれば、特別な勉強をしなくても、毎日の勉強でしっかり基礎が身につく!というわけです。

そこで、私たち家庭教師のあすなろでは小学生のお子さんには「家庭学習をしっかり身につけさせること」を軸に指導を進めていきます。
※習慣づけについては『成績アップの理論』をご覧ください

その2.中学入学前に「勉強=楽しい」のイメージをつけること

イラスト

小学生は「勉強に対するイメージがつく時期」でもあるので、強制してやらせてはいけません。いかに自分から進んで勉強に取り組めるか、「勉強を嫌いにさせない」ということも大切なポイントです。

中学に入る前に「勉強=嫌い」というイメージがつくと、それを取り払うには「時間」と「相当な努力」が必要になります。ですから、勉強がそれほど難しくない小学生のうちに、「わかる・できる」のイメージをつけながら「勉強が楽しい!」と思えるやり方で進めていきます。

さらに!とっておきの秘訣がコレ★
相性ピッタリの家庭教師との学巣湯で『もっと楽しく』なる!

イラスト

歳が離れた先生だとお子さんが萎縮してしまうこともありますが、あすなろではお子さんの見本となれるような大学生を中心に、相性の良い先生を厳選してご紹介します!
※もしもの時は先生の交代も無料で安心。

実際に体験したお子さんの“声”をご紹介

生活にハリが出て、学校生活を前向きな気持ちで送れるように♪
娘にとっても親にとっても、家庭教師の先生の存在は大きい!!
先生であり、良きお姉さん!!我が家にも素敵な娘が増えました♪

その3.ご家庭の方と連携しながら、学習を進めていくこと

イラスト

新学習指導要領では家庭学習の重要性が盛り込まれ、より学校と家庭の連携が求められるようになりました。ですが、共働きのご家庭も多く、なかなか家庭学習に目が行き届かない場合もあります。

あすなろでは、家庭教師がお子さんの家庭学習のペースや問題点などを具体的に記述した『指導報告書』で毎月1回必ず保護者の方にご報告いたします。また、お時間がある時には指導終了の際に直接家庭教師と相談することもできます。

こういったきめ細やかな連携があることによって、いつでも学習の状況を把握でき、お子さんが安心して学習に打ち込める環境を作ることができます。

でも、本当にコレだけで解決するのかしら…?
そう思われた方に、とっておきのお知らせがあります!

お伝えしたいことが多すぎて長くなってしまいましたが、お忙しい中、ここまでお読みいただきどうもありがとうございます。

小学校の6年間は、学ぶことの多さに対して、思った以上に早く過ぎていきます。
本来は楽しいはずの「学び」でつまずいたり、やる気を落としたりしてしまっては、本当にもったいないことだと思います。

学校生活でも勉強でも、自信を持って中学に上がるためにも、ぜひ小学生のうちに勉強の“基礎”を身につけてほしいと思います。

そこで!

ちょっとした【つまずき】に気づいた『今』がチャンス!
今なら、小学生のお子さんを対象に
無料の体験授業をやっています!

体験授業では、勉強の“基礎”となる家庭学習のやり方がわかるのはもちろん、今の勉強の悩みを解決する方法も教えます!

私たち家庭教師あすなろの29年の実績と信用にかけて“やり方”必ず教えます!!
体験授業でお会いできることをスタッフ一同楽しみにしています☆