• 電話番号0120-562-955(無料)受付時間13:00~23:00土日祝OK

  • お考えの方へ
  • 会員の方へ
  • 登録

不登校の子の現状に合わせた家庭教師ならではの“最適なサポート”

「不登校」でお悩みの方に、“きめ細やかな指導”と
家庭教師独自の“安心サポート”をご提供します。

はじめに

現在、小中学生で「学校に登校できない」状態にある生徒は12万2902人(小学校 25,866人、中学生97,036人)。少子化が進む一方で不登校は増え続け、2014年度の新規不登校者は、過去最高の6万5807人にものぼるそうです。※文科省「児童生徒の問題行動等生徒指導上の諸問題に関する調査」より

以前のように「特別な子」だけの「特別な問題」ではなくなったとは言え、様々な不安を抱えたり、周囲にはわからないつらい思いをされているのではないかと思います。

そのようなお悩みを解決する方法として、今「家庭教師」が注目されていることをご存知でしたか?

特に、休学中に勉強がわからなくなってしまったり、学校の授業に遅れていることで不安になっていませんか?
家庭教師のあすなろでは、学校に登校できないことによって勉強の遅れに悩む生徒さんを200人以上解決し、喜びの声をいただいています。

お子さんや保護者の方の気持ちを第一に考え、家庭教師が一緒になって自主性を育てながら、勉強の遅れを取り戻し、「自分でもできる!」という“自信”と“やる気”を引き出します。

また、勉強の不安の他にも、社会適応できなくなるのではという不安もあると思います。そんな時、スタッフや家庭教師の「第三者の存在」が大きな役割を果たします。

家庭教師のあすなろでは、お子さんが安心して良い方向に考えられるように【不登校訪問専門員資格】の取得など、他の家庭教師センターにはない“将来の選択肢が広がるサポート”にも力を入れています。

(社)ひきこもり支援相談士認定協議会
不登校訪問専門員に認定!!

訪問専門員
訪問専門員とは?
応援日記

前向きな気持ち、育てるお手伝い★

  • 思春期のお子さんとの会話が盛り上がる3つの方法>> つづき
高校卒業の資格を取得

「不登校」について

学校に登校できないといっても、原因は「本人の問題」だけではなく、学校生活や家庭の事情など複雑です。また、その子の状態によって【4つの時期】に分けられます
※個人差があるので該当しない場合もあります。

1.逃避期(落ち込んでいく時期)
元気がなくなり、身体の不調を訴える子が多いようです。「朝になるとお腹が痛くなる」、「食欲がなくなる」などの症状が挙げられます。

2.苦悶期(動けなくなる)
生活のリズムが徐々に乱れてきます。「家族との会話を拒む」、「部屋に閉じこもりがちになる」など何事にも無気力になっていきます。

3.休息期(自分と向き合い、力をたくわえる)
生活習慣が改善され、家族との関係も良くなります。外出が億劫だった子はその抵抗がなくなるなど、生活全般について前向きな変化がみられます。

4.回復期(気持ちや心が積極的に外に向く)
表情が明るくなり、行動も積極的になります。今まではあまり口にしなかった、学校や友達の話を自分からするようになります。

一般的には「休息期を過ぎた頃が学習開始の目安」だとされています。それは、再登校や進学に対する心の準備ができてくるからです。

家庭教師のあすなろでは「この時期から教える」という明確なラインは定めていませんが、勉強の遅れが大きくなるほど心配も膨らんでくると思います。保護者の方から見て 「今、勉強が必要かも」と思われた時点で、遠慮なく家庭教師のあすなろまでご相談ください。

現在の様子や状況に合わせて、『目標設定』から『具体的な学習方法』まで、担当の家庭教師が保護者の方と相談しながら指導を進めて参りますので、どうぞご安心ください。

「不登校」のご家庭から寄せられた声

実際に、私たち家庭教師のあすなろで指導をスタートした方々の体験談をご紹介します。
※実際の報告書のため、多少見づらい部分があります。ご了承下さい。
この他にも、まだまだたくさんの嬉しい声をいただいてます。 >>もっと見たい方はコチラ

神奈川県川崎市麻生区の中学3年生
(現在は高校生)りょうへいくんの指導報告書
【保護者の方の声】
学校にはあいかわらずほとんど行っていませんが、家庭教師の先生の授業のおかげで、勉強の時間は毎日少しだけでもあり、感謝しています。
指導時間も2Hにして頂き、「時間長い~」と言ったりしていますが、学校に行っていない分、とても助かっています。

【りょうへいくんのお母さんから頂いたお手紙】(一部抜粋)
学校に行けなくなった時、不安と「しっかりしなくては」というプレッシャーで毎日が辛かったです。でも、家庭教師の先生が勉強を見てくれたことが唯一の安心となり、前向きに先を考えられました。

東京都杉並区の中学3年生
たいくんの指導報告書
【保護者の方の声】
子供本人もたいへん先生との授業を楽しみにしていて家庭学習も定着しつつあります。とても相性の良い先生と出会えて感謝しています。有難うございました。

【たいくんのお母さんから頂いたお手紙】(一部抜粋)
Tは中学校1年生の3学期の間、不登校の時期もあり、とても心配をしていました。 先生との相性も最初は注意深く見ていましたが、今は心を開き、むしろ、M先生と出会った事で色んな事に少しは前向きになっている様に見えます

埼玉県蓮田市の高校1年生
かずくんの指導報告書
埼玉県蓮田市の高校1年生
かずくんの指導報告書>>

東京都世田谷区の中学3年生
もえぎちゃんの指導報告書
東京都世田谷区の中学3年生
もえぎちゃんの指導報告書>>
【保護者の方の声】
家庭教師の先生の存在がとても大きく、今までの不安や心配がなくなり、目標を持って頑張っている姿が大変嬉しく思います。子どもだけでなく、親の私自身も家庭教師の先生からたくさんのことを教えていただいて、元気をいただいております。これからもよろしくお願い致します。

埼玉県川口市の中学3年生
ともよりくんの指導報告書
埼玉県川口市の中学3年生
ともよりくんの指導報告書>>
【保護者の方の声】
勉強の学習離れが長い間続いていましたが家庭教師の先生がみえるようになり大きく変わっていきました。先生も指導してくださっているので、とくに漢字の練習、本人にがんばってもらいたいです。先生、カゼひかないように来年もよろしくお願いします!

神奈川県鎌倉市の中学2年生
こうくんの指導報告書
神奈川県鎌倉市の中学2年生
こうくんの指導報告書>>
【保護者の方の声】
登校していないので、担任の先生が家庭訪問に来ました。KがN先生とやっている内容を見せて説明すると、学習に対する意欲を感じたとよろこんでいました。登校はまだむずかしいかもしれないけれど、この調子で勉強をがんばれればいいと思います。寒くて暗い中、来てくださる先生、本当にありがたいです。来年もよろしくお願い致します。

神奈川県川崎市の中学3年生
【クラーク記念国際高校合格】あゆくんの指導報告書
神奈川県川崎市の中学3年生
【クラーク記念国際高校合格】あゆくんの指導報告書>>

>> もっと他にも声を見たい方はコチラ     

「不登校」のお子さんに対する接し方

学校の授業や勉強はいくつかある壁の中の一つです。勉強をしようと思っても躊躇してしまう理由として「勉強のやり方がわからない・忘れてしまった」、「長い間、字も書いていない」など、勉強以前の状態で止まっていることが挙げられます。

私たち家庭教師がそんな子に必要な「勉強面」を丁寧にサポートします。ただし、いきなり「学校の授業」に焦点を当てるのではなく、段階を踏んだ指導が大切「焦らず・ゆっくり・根気強く」教えられるのが家庭教師のメリットの一つです。

勉強以前のことにも少しずつ慣れてきたら、
次は、その子の状況(段階)に合わせて、勉強方法を変えていきます。小さな変化の積み重ねが大きな進歩につながるので、家庭教師が一緒になって自主性を育てながら「今からでも勉強は間に合う!」「自分でもできる!」という自信やる気を引き出します。

家庭教師のあすなろができること

いくら評判の良い相談所や家庭教師を選んだとしても、担当する家庭教師との相性だったり、お子さん自身が希望することでなければ、問題は解決されません。
「不登校」のお子さんは、どうしても視野が狭くなりがちなため、家庭教師のあすなろは独自の学習サポートをすることで、少しでも前向きになれるような“次への選択肢”が広がることを目指します。

【家庭教師の指導編】
勉強しやすい環境づくり

 その子の性格やペースに合わせたピッタリの家庭教師のご紹介
(※万が一、相性が合わない場合は家庭教師を無料で交代できます)
 わからないところを「わからない」と言える関係づくり
 勉強以外の話も相談できる時間や環境を作る
 家庭教師が毎週来ることで生活リズムを徐々に整えられる …など

家庭教師のあすなろでは、“指導カルテ”で事前にご家族とお子さんの状況を把握した上で接する際の心くばり教え方など、家庭教師の研修も徹底しています。また、困った時はいつでも相談もできます。

【参考】 『不登校を克服した親の会』の林礼子さんは、ご自身や多くのご家庭の相談を受けてこられた経験から、「不登校の子どもには、大学生に訪問してもらうのが良い」と、著書の中で書かれています。

【学習編】
一人でも楽しく続けられるやり方から指導

 わからないところまで戻って、「できる!」まで根気良く教える
 家庭教師が一緒に計画を立てながら自主性を養う
 宿題の量を調整しながら、毎日のペース作りを行う
 少しでも進歩した部分を褒めながら、やる気と自信を引き出す
 指導時間は午後だけに限らず、フレキシブルに対応できる

トリ担当の家庭教師が、毎月の『指導報告書』成長を確認しながら、保護者の方からの要望も随時取り入れて、サポートをしていきます。

【環境編】
“家庭教師”という枠を超えたサポート

 ご要望があれば、スタッフがご自宅まで訪問することができます
 模試を利用して、家にいながら学力の習熟度がわかります
 家庭教師と一緒に課外授業として出かけることもできます
 志望する高校やフリースクールなどの情報を提供します

ここに書かれていない内容でも、ご家族のご要望に合わせて、担当の家庭教師はもちろん、家庭教師のあすなろスタッフも一丸となってサポートしていきます。

オリジナル小冊子この他にも、まだまだ家庭教師ならではのサポートをご用意しています。
詳しくは、オリジナル小冊子
『不登校のお子さんのために
私たちができること』

(A5判15P)の中でご案内しております。>大きな画像で見る
※別ウインドウで開きます。

この小冊子は体験授業の際にお渡ししておりますが、事前にご覧になりたい方は、家庭教師のあすなろまでお気軽にご連絡ください。

【不登校のお子さんの進学を応援する“サポート校”】
『あすなろ式高等学園』がついに開校!

現在学校に行けていない子でも高校の卒業資格が取れる『あすなろ式高等学園』は家庭教師のあすなろから生まれた通信制のサポート高校!

メリットがたくさん

※くわしくは『あすなろ式高等学園』のホームページをご覧ください。

今なら“無料の体験授業”やっています

無料体験授業私たち家庭教師のあすなろは、ただ「勉強を教える」ことだけではなく『不登校訪問専門員』の資格を持つスタッフもおりますので、不登校ならではのお悩みや不安を解消するためのお力に必ずなれると思っています。

訪問専門員とは?

また、過去27年間で不登校の生徒への指導経験も多く、一人ひとりのお子さんに合わせて無理なく続けられる勉強を教えることは、どの家庭教師センターよりも“自信”があります!

もし「この先、どうしたらいいのかわからない…」
お悩みでしたら、一度、私たち家庭教師のあすなろにお手伝いさせていただけませんか?
お子さんの「自信」と「やる気」を引き出すキッカケを作ります!
今なら無料の体験授業やっています。  >>詳しくはコチラ

※2つの方法(電話不登校生専用フォーム)
より、カンタンにお申し込みできます。

2 3 4 5 6 7 8 9
お電話からのお申し込み
お問い合わせ・お申し込み

代表の井上(いのうえ)
木村(きむら)まで
「無料の体験授業を受けたい」
と伝えていただくだけ!

今なら!30分無料の電話相談が受けられます!

他と迷われたらいちばんにお電話ください。
相談や質問だけでも大丈夫です。指導や料金など、どんなことにもわかりやすくお答えします

パソコンからのお申し込み


8/31(木)までの限定企画!
お急ぎください >>くわしく見る

季節のおすすめコンテンツ ●《学年末》授業の遅れに追いつく勉強法



ページトップへ