不登校のご家庭と一緒に歩む☆応援日記

不登校のお子さんのことでお悩みではありませんか?

不登校のお子さんは、心が傷ついてしまってる場合が多くあります。
ですから不登校のお子さんには《心の状態をケアする》ことがとても大切なのですが、「どうしたらいいか、わからない」という方はたくさんいます。

「力になってあげたい」と思っても、思春期ということもあり、親とは口をきいてくれなかったり、話をしてもなかなか心を開いてくれなかったり、お子さんの扱い方にとまどう場合もあります。

ここでは、不登校のお子さんのことで不安に思うこと、お母さんやお子さんが困っていることの解決法などを、ポイントをおさえて解説してあります。

お子さんのことでお悩みのお母さんに役立つ情報を集めましたので、ぜひ読んでみてくださいね。

不登校訪問専門員の柳です。

お子さんが不登校でいると、【学習面の遅れ】について、お母さんはとても心配になってくると思います。

 

 

現在不登校ではないお子さんでも、特に、まじめなお子さんほど学習が遅れていることが気になり、不登校になってしまう場合も多くあります。

 

ですから、学習の遅れを取り戻すことは、とても重要。

 


「学習面の遅れが不安」だけど、「現在まったく学習の習慣がない」といった場合には、まずは無理のない範囲で学習をさせていきましょう。


ですがそうは言っても、どうやって家で学習れせればいいのでしょうか?

ご家庭で学習させる時のコツをお伝えします。

 


 何から勉強を始めていいのかわからない...

そんな場合は、自分の好きな、手に取りやすい科目から行うのが効果的です。

好きな科目がない場合は、わかる範囲の簡単な計算問題や漢字練習などから始めるのも良いと思います。

学校の教科書やプリントを基本とし、教科書に準じた問題集を併用する形をお勧めします。



 わからない問題が出てきた時、どうすればいいの?

わからないところがあるとやる気を失ってしまうことって、多々ありますよね。
なので、わからない所は印をつけておいて、【わからないものは飛ばす】という潔さも重要です。

 

そしてその時は飛ばしてしまっても、あとできちんと理解できるよう、手を打っておくことが大切。

 

もし、学校と密に連絡が取れているなら、わからない所をノートにまとめておくと、先生からアドバイスをもらえます。

 

また学校で配布しているプリントをもらって提出し、コメントを入れてもらうこともできます。


また、個別塾や家庭教師などのように、自分のペースで行える学習のサポーターを使うこともいいかもしれません。

飛ばす潔さは必要ですが、ここで重要なことは、【わからないものを絶対にそのままにしない】ことだということを、忘れないでください。


 1人でできるようになるまで、しっかり付き合ってあげる


学習の遅れを取り戻すためには、実はこれが一番、重要。

 

お子さん一人では、何を勉強すればよいか、どんな時間配分で勉強すればいいかなど、考えて行動することは非常に難しいことです。

 

ですから、大人がある程度、道しるべを示してあげることは、とても大切なことなんです。


ですが、これは非常に根気のいること。

 

どのように道しるべを示してあげればいいの?
質問されても、答えたり教えたりするは難しくて...。
遅れている分は、どうやって勉強すればいいの?

このようなお悩みは、ご家庭からよく伺います。


そんな時はぜひ、柳(りゅう)までご相談ください。
お子さんにとって今一番最良な方法をアドバイス出来ればと思います。


まずは、少しでも良いので勉強する環境を作ることから始めましょう。

学習していることにより、休んでいる罪悪感、学習の遅れに対する焦りが緩和され、自信にもつながっていきます。



ただ、お子さんがうつっぽい時や、お医者さんからの指示がある場合は、それに従ってとにかく休養することが最優先。

くれぐれも、無理をさせないようにしてくださいね。

write: りゅう コメント(0)

宿題もぜんぜんやってないし、 うちの子、2学期ちゃんと学校いくかしら...汗

と心配されているお母さんへ、緊急案内ですきらきら



不登校予備軍のページのご紹介ですクローバー



/oshiekata/sonota/hutoukou/yobigun.html


yobigun.gif



生活リズムを崩しやすい夏休み明けに

"不登校"になってしまうお子さんは少なくないようです。



あすなろにも、不登校のご相談は最近特に増えてきているので、

少しでも早い段階でのサポートができたらと思っています。



新学期、点数アップはもちろん、気持ちも充実して過ごせたら良いですね笑顔

write: | コメント(0)

こんにちは、柳です。

 

もうすぐ夏休みも終わりますね。

夏休みは他のお子さんたちも学校が無いので、本人もそこまで気にすることもなく、心も体も元気が出てきているのではないでしょうか

お子さんが学校をさほど拒否しなくなったら再登校にチャレンジしてみてもいいかもしれません!

 新学期は、今までの生活を変えてみる良いきっかけになります。

とその前に。

大前提!今、生活習慣が乱れていたら、残された休みの期間は正すことを意識して過ごしましょう。

※生活習慣をカンタンに整える方法については、こちらをお読みください。

そして、学校の先生や保健室の先生に連絡をとっておくとより安心です。

なぜなら、学校に行くと具合が悪くなるパターンのお子さんにとって、保健室は心のよりどころになるからです。

学校によって保健室の利用基準が異なることもあるので、例外はありますが、保健室登校から再復帰していく事例が多いのは確かです。

 

例えば新学期のように、新たな人間関係から出発する場合は初日からクラスに戻れることもよくありますが、途中から行く場合は段階を経ていくと安心です。

まずは保健室に登校する⇒そこから一時間だけ気持ちが安心できる授業から参加してみる午前中は授業を受けに教室に行ってみる給食を保健室で食べる午後の授業まで受けてみる教室で給食を食べ午後の授業も出る

のように段階を踏んでいくと効果的。

無理せず、スモールステップで少しずつ段階を踏んでいくとうまく復帰できることが多いですよ。

 

夏休み明けは、再登校・復学する大きなチャンスです。

気負いしすぎず、お子さんのペースでまた学校に行けるようになることを応援しています。

write: りゅう コメント(0)

不登校のための家庭教師トップページへ戻る>>

不登校の家庭教師サポート

【家庭教師のあすなろ】体験授業

120分無料体験授業

記事一覧

2019年9月

1 2 3 4 5 6 7
8 9 10 11 12 13 14
15 16 17 18 19 20 21
22 23 24 25 26 27 28
29 30          

勉強お役立ちブログ更新中!

ナベ先生のおもしろ勉強道場

スタッフ紹介

猫ブログやってます

あすなろ公式猫ブログ「あすにゃろ日記」

Facebook

ブログのテーマ

そのほかリンク

あすなろの強み

不登校のための家庭教師トップページへ戻る>>

ページトップ