不登校のご家庭と一緒に歩む☆応援日記

不登校のお子さんのことでお悩みではありませんか?

不登校のお子さんは、心が傷ついてしまってる場合が多くあります。
ですから不登校のお子さんには《心の状態をケアする》ことがとても大切なのですが、「どうしたらいいか、わからない」という方はたくさんいます。

「力になってあげたい」と思っても、思春期ということもあり、親とは口をきいてくれなかったり、話をしてもなかなか心を開いてくれなかったり、お子さんの扱い方にとまどう場合もあります。

ここでは、不登校のお子さんのことで不安に思うこと、お母さんやお子さんが困っていることの解決法などを、ポイントをおさえて解説してあります。

お子さんのことでお悩みのお母さんに役立つ情報を集めましたので、ぜひ読んでみてくださいね。

不登校訪問員の柳(りゅう)です。

 

前回、日光浴することでセロトニンが増え「うつ」を防げるというお話をしましたが、今日はその日光浴の効能についてお話したいと思います。

 

 

不登校のお悩みでよく聞くのが、お子さんの生活リズムが昼夜逆転してしまっている、ということ。

 

 

そんなお悩みを解決する1番効果的な方法は...

 

 

なんと 日光浴!!

 

 

 

夜になると眠くなるのは、睡眠ホルモン「メラトニン」が分泌されるから。

 

夜、パソコンやテレビなどの強い光を浴びてしまうと、メラトニンの分泌量が減ってしまい、「眠ろうと思っても、眠れない」症状が出てしまいます。

 

 

通常、私たちは朝起きて行動することで、太陽の光を浴び体内時計をリセットし、1日を24時間という一定のリズムに調整しています。

 

 

朝、強い光を浴びると、メラトニンの分泌が抑制されます。

 

メラトニンは抑制されてから、14~16時間後に再び分泌され始めるので、夜になると眠くなるというサイクルが保たれているのです。

 

 

ですから、昼夜逆転生活をなんとか改善していくには、

まず日光浴をして、体内時計をリセットすることが必要!

 

 

 

日光浴することで得られるメリットは、まだまだたくさん。

 

 

代表的なことが、太陽ビタミンとも呼ばれるビタミンDの生産

 

 

ビタミンDは、日光浴すると体内で作られます。

 

 

良く知られていることではありますが、ビタミンDは骨の形成に必要な大切なもの。

 

 

お子さんはまだ中学生で育ち盛りですから、丈夫な骨を作っていくためにも太陽の光を浴びることがいかに重要か,

おわかりいただけるのではないでしょうか?

 

 

 

日光浴することで得られるメリットをまとめてみると、

 

●セロトニンを分泌し、うつ気分を解消

 

●体内時計をリセットし、昼夜逆転生活を解消

 

●ビタミンDを生産し、丈夫な骨を作る

 

 

 

他にも、ビタミンDが低下すると記憶力や思考力も落ちてしまう、という研究発表もあります。

 

 

 

不登校のお子さんに限らず、強力なUV対策をしがちな女性、朝からオフィスで働くサラリーマンなど、現代人はほとんどの人がビタミンD不足になりがちと言われています。

 

 

天気のいい休日には、家族全員でお日様の光をたっぷり浴びられるような休日を過ごすことをおすすめします。

 

 

write: りゅう コメント(0)

こんにちは。

家庭教師のあすなろの柳です。

 

学校は休校中ですが、お子さんの様子はいかがですか?

 

突然のことで『学力の低下』や『勉強の遅れ』を心配されているお母さんは多いと思います。

 

勉強のことが心配になるのは当然なのですが、実はもうひとつ、気にかけてあげて欲しいことがあります。

 

それは、休み明けは不登校が一気に増える時期でもある、ということ。

 

 

そこで今日は、休み中はもちろんなのですが、日常生活の中でもお子さんのために心がけていただきたいことをお伝えします。

 

 

 

 

最近、不登校のお子さんと接していると、感じることがあります。

 

それは、不登校になっている原因が、学校でのトラブル、友だちとの関係などではなく、

 

「自分に自信が持てない」

「他の子と比べて、自分には優れたところがない」

 

など、《自分に対して自信喪失してしまった》という理由であること。

 

つまり、自分を肯定できなくなっている子が増えているんです。

 

このようなことで悩んでいる子たちほど、すごく「真面目」な子たち。

 

ひとつの物事を真剣に悩んで考え、答えをだそうと必死になるあまりに、身動きができなくなってしまっているんだな、と感じます。

 

ですが、その力をプラスに変えていけたら、どうでしょう?

 

本来、真面目で、一生懸命考えるチカラをもっている子です。

 

自信をもつことができるようになれば、人生を誰よりも有意義にしていくことができるんです。

 

 

お子さんに自信をつけてあげるため、このお休み中にお母さんやご家族の方にやっていただきたいのが、なんでもないことでもたくさん褒めてあげる!ということ。

 

中学生になると勉強や部活で、

 

・やってもなかなかできないこと

・「できない、どうしよう」と思うこと

 

がとても増えます。

 

そのためにだんだん自信喪失してしまうことが多いので、「自分には他にいいところがたくさんある!」と、気づかせてあげることがとても大切なんです。

 

お子さんがゲームが好きなら、「どうやるの?」とちょっと見せてもらう。

中学生のコントローラーの操作は、見ているとびっくりするくらい上手ですよね。

 

そういったとき、「えー、すごい!!達人なんだね!凄すぎる!!」と言ってあげて欲しいのです。

 

他にも、お子さんがずーっとLINEしているようなとき、「もう、スマホばっかり」と言うのではなく、「友達と仲いいんだね。うらやましいなぁ」など、お子さんがやっていることを認めてあげてください。

 

こんなふうに、お休み中だけに限らず日頃からどんどん褒めてあげることで、お子さんの自信を少しずつ取り戻してあげることができるんです。

 

 

 

私たちあすなろでも、自分に自信をもてないすべてのお子さんに対して、

 

・小さくても「できること」を増やしていけば、その小さな積み重ねがやがて大きな「自信」に変わっていくこと

 

をアドバイスしています。


実際、勉強を進めるときには、《自分にカンタンにできること》から、勉強を始めます。

 

そうすることによって初めて、「自分でも、やればできる!」という気持ちを持つことができるからです。

 

前向きな気持ちがないと、人生がつらくなるばかり。

 

「自分なんか、どうせやってもできない」と思っていたら、どんな小さなことにも気持ちが萎縮してしまい、何をやっても失敗するという、負の連鎖におちいってしまうのは、当然のことです。

 

そんな気持ちを、なんとかしてあげたい!

その思いこそが、私たちあすなろの原動力になっていますし、もちろんお母さんこそ、もっともっと、その気持ちが強いと思うのです。

 

お子さんの気持ちを盛り上げてあげつつ、楽しいお休みを過ごしてくださいね。

 

 

 

write: りゅう コメント(0)

不登校訪問専門員の柳です。

「ネット依存」という言葉をご存じでしょうか?

スマホが普及し、今やインターネットは電車の中でも覗くことができます。そんなネットに夢中になるあまり、自分の意志ではやめられず、日常生活にまで支障をきたしてしまう場合があれば、それは「ネット依存」です。

最近では、中高生でも平日に5時間以上インターネットを使用している割合(学業の時間は除く)が、9~15%と高い割合を占めており、なんと全体の8%は「ネット依存である」と言われています。


あすなろに寄せられるご相談でも
「うちの子、最近LINEにハマってしまって・・・」
という内容が増えており、「ネット依存」が、学力低下の原因にもなっているのです。

ですが!

それだけではありません。


実はこの「ネット依存」が、不登校の原因になるとも言われているんです。


 学校が休みの期間は要注意!!


お休みになると『学校に行かなくていい』という開放感から、パソコンやスマホなどにハマりっぱなしのお子さんは、少なくありません。

しかも学校が休みになれば、自由な時間が圧倒的に増えます。

パソコンやスマホの使用時間が増えたり、昼夜が逆転したりと、生活のリズムが大幅に崩れ、そのまま不登校になってしまう場合もあるのです。


実際、今年の1月にご相談いただいたご家庭でも、冬休みにオンラインゲームにハマったことがきっかけで、3学期から不登校になった子がいました。



ネット依存かどうか、見極める基準としては

・ネットが自分の意思でやめられない

・ネットを始めると、「ちょっと」のつもりが、いつまでもやっている

・睡眠時間をけずってまで、ネットをしている

・ネットしているのを隠そうとする

・ネットの邪魔をされると怒る

・なにか心配事があると、すぐネットに向かってしまう

 

 

上記3点が当てはまるということであれば、「ネット依存」の疑いがあります。

あまりにも「ネット依存」が強くなってしまうと、通院して治療が必要になる場合もあるので、要注意です。


 ネット依存を未然に防ぐには?!


これらの事態を未然に防ぐために、このお休み中、お母さんにしていただきたい対策があります。

それは、

●お子さんがスマホばっかり見てるな、と感じたら、その場で声をかけ、家の用事を言いつける

これだけでもネット依存を、かなり防ぐことができます。

スマホは便利なものです。

中学生がありとあらゆることに使いたがるのは、当然です。

ですが「ちょっとやりすぎ」と感じたら、家事を手伝ってもらうことによって、お子さんをスマホから遠ざけてください。

もちろん、家族そろって食事をしているときに『スマホを覗き込みっぱなし』なんてことがあれば注意してください。

今どきは家族全員がファミレスのテーブルについているときに、『それぞれ自分のスマホを見ている』なんていうシーンも見かけますが、そもそもマナー違反ですよね。

スマホの有効な使い方ができるように、ご家族全員で、

「ほら、お母さんだって今スマホ覗いてるじゃん!」

「あ、お父さん、スマホ見すぎじゃない?」

などと声を掛けあっていけたら、とても理想的ですよね。

お休みをネットにじゃまされないよう、ご家庭で工夫してみてくださいね。

write: りゅう コメント(0)

不登校のための家庭教師トップページへ戻る>>

不登校の家庭教師サポート

【家庭教師のあすなろ】体験授業

120分無料体験授業

記事一覧

2020年3月

1 2 3 4 5 6 7
8 9 10 11 12 13 14
15 16 17 18 19 20 21
22 23 24 25 26 27 28
29 30 31        

勉強お役立ちブログ更新中!

ナベ先生のおもしろ勉強道場

スタッフ紹介

猫ブログやってます

あすなろ公式猫ブログ「あすにゃろ日記」

Facebook

ブログのテーマ

そのほかリンク

あすなろの強み

不登校のための家庭教師トップページへ戻る>>

ページトップ