子どもへの対応

不登校の子が罪悪感を持ってしまう原因と、罪悪感を解消する方法

この記事の著者

柳 聡明 / 不登校訪問専門員

不登校の子は、大抵の場合、最悪感を抱いています。

「自分は怠けものだ…」「みんな学校に行ってるのに…」と、様々な気持ちが襲ってくるからです。

不登校の子は辛いことが続いてきて、それにギリギリまで耐えていたから不登校になってしまったのに、これ以上、最悪感を抱かせるのは可哀そうですよね。

そこで今日は、不登校の子が罪悪感を持ってしまう原因と、罪悪感を解消する方法を解説していきます。

不登校サポート資料

無料で受けとる

不登校の子が罪悪感を持ってしまう原因

不登校の子は、以下のような理由から、常に罪悪感を抱えてしまいます。

学業への負担

不登校の子供は、「授業についていけない」「友だちより遅れている」と、自分が他のよりも劣っていると思い、勉強ができないことに罪悪感を抱いています。

社会的な圧力

不登校の子供は、周囲からの期待や評価に対するプレッシャーを感じることがあります。学校に通えないと、一般的には社会的な期待を裏切ることになるので、罪悪感を持ちやすくなります。

孤独感

学校を休むことで友人との交流が制限され、友達から取り残されたような孤独感を感じることがあります。これが罪悪感の原因となることがあります。

親への負担

不登校の子どもがいる家庭では、親が子どもの教育やケアに追われることが多いです。そのため、「こんなに、親に迷惑をかけてる…」と負担を感じ、それが罪悪感になります。

自己評価が低い

不登校の子どもは、自分を他の生徒と比較し、自己評価が低いと思う傾向にあります。この自己評価の低下によって、罪悪感を持つことがあります。

成績の低下

不登校が長期化すると、成績は下がってしまいます。成績に対しても罪悪感を持ちます。

不登校の子どもが罪悪感を持つことは一般的な傾向です。ですが、罪悪感を持ったままだと、いつまでたっても不登校が解決しないので、解消していく必要があります。

不登校の子が罪悪感を解消する方法

不登校の子どもにいつまでも罪悪感を持たせておくのは可哀そうです。罪悪感によって今以上、苦しませる訳にはいきませんし、罪悪感など持つ必要もありません。罪悪感を持ったままだと精神的にも追い詰められ、うつ病等の原因にもなってしまいます。不登校の子が罪悪感を解消する方法を解説します。

コミュニケーションを重視する

子どもとオープンな対話をし、積極的なコミュニケーションをとることが大切です。子どもが何を感じ、どんな困難に直面しているのかを理解しましょう。感情や不安を共有することで、罪悪感を軽減できることがあります。

子どもを褒める

不登校の子どもの成功体験やポジティブな側面に焦点を当てましょう。過去の実績や趣味、特技、関心事など、子どもの自分尊心を高める要素を積極的に評価しましょう。

学業へのサポート

子どもが遅れている勉強を取り戻せるよう、サポートを提供しましょう。 適切な学習環境を整え、必要に応じて家庭教師や塾などの学習支援を検討しましょう。勉強に自信がつけば、学校へ行きたくない要素がひとつ減ります。

子どもの自尊心を守る

子どもの自尊心や勇気を守りましょう。 過度な非難や批判は逆効果ですし、子どもが罪悪感を持つ原因になります。

プロのサポートを受ける

必要であれば、専門家のサポートを受けましょう。カウンセリングや心理療法は、子どもの罪悪感や不安に対処するのに役立ちます。

学校以外の成功体験を奨励する

学校以外での成功体験を奨励しましょう。 趣味やスポーツ、アートなど、子どもが得意とする分野での活動は、自己評価を高め、罪悪感を軽減するために役立ちますます。

進路を柔軟に考える

子どもの進路に関しては柔軟に考え、選択するようにしましょう。すべての子どもが同じ進路をたどる必要などありません。子どもの興味や能力に合わせた進路選択をサポートしてあげましょう。

家族みんなでサポートする

家族全員が協力し、子どもをサポートする雰囲気を家庭内に作りましょう。罪悪感を持ってしまった子どもは、家族の理解と支援で回復に向うことができます。

成長を認める

子どもの成長や前進を認め、賞賛しましょう。 小さな成功や努力に対する肯定的な評価は、罪悪感を軽減するのに役立ちます。

忍耐強く見守る

不登校からの回復は時間がかかります。忍耐強く子どもを支え、サポートし続けましょう。

不登校の子どもが罪悪感を解消するためには、家庭内の雰囲気や親御さんのアプローチが大きな役割を果たします。

不登校の子が罪悪感を持たなくなる考え方

不登校の子どもが罪悪感を持たなくなるためには、物事のとらえ方を変えれば
よいのです。見方が変わる考え方を、親御さんが日常生活の中で話してあげましょう。

過去は変えられない

過去を変えることはできません。ですが、どんな失敗をしてしまったとしても、これから回復していけばいいだけです。今を意識しましょう。

失敗は成長の機会

不登校や学業の困難など、失敗は成長の機会であると捉えましょう。失敗や困難を経験することで、新しいスキルや洞察力を得ることができます。

自己評価を高める

子どもの自己評価を高める機会を提供しましょう。成功体験の振り返り、自分の強みや特技を認識できるようになると、罪悪感を軽減するのに役立ちます。

自分を責めない

過去の行動や選択に対して自己責任を感じることは大切ですが、自分自身を責めすぎないようにしましょう。

新たな目標を設定

子どもと一緒に新たな目標や夢を設定してみましょう。将来の展望や夢があれば、先へ進みやすくなります。

自分のペースで進めばいい

不登校の子どもは、自分自身のペースで進むことが重要です。無理にスピードを求めず、少しずつ、自分のペースで前進すればいいことを教えてあげましょう。

感謝の気持ちを育む

日常の中で感謝の気持ちを育むことが大切です。ポジティブな視点を持ち、幸せな瞬間に感謝することができると、罪悪感が軽くなくなります。

他人との比較をやめる

子どもに他人と比較しないよう伝えましょう。テストの点数が高い低いも個性であり、よい悪いではありません。不登校になってしまったことも、周りを傷つけてしまうより自分を傷つけてしまうことを選べる、素晴らしい個性です。

感情を受け入れる

子どもの感情を受け入れましょう。感情の吐き出しも必要なことです。

これらの考え方で不登校の子どもが罪悪感を軽減できるよう、サポートしていきましょう。今不登校だとしても、前向きに成長すればよいだけの話だと教えてあげてください。

不登校の子どもの罪悪感を解消するために親ができること

不登校の子どもが罪悪感から解放されるには、親御さんのサポートが重要です。親御さんができるサポート方法を紹介していきます。

子どもの話を聞き対話する

まず、子どもの気持ちや考えを尊重し、子どもの話を真剣に聞いてみましょう。 彼らが感じている罪悪感や不安について、話す場を提供することが大切です。

無条件の愛とサポート

子どもに対して無条件で愛とサポートを提供しましょう。 彼らが不安や罪悪感を持っているときでも、親の支えを感じられることは大きな助けになります。

ポジティブな環境を作る

家庭内を明るくポジティブな雰囲気にしましょう。親御さんが笑っていないと、お子さんも笑えなくなってしまいます。

小さな目標の設定

子どもと共に、小さな目標を設定しましょう。小さな目標を一つずつ達成できると、自己肯定感を高め、罪悪感を軽減します

学校とコミュニケーションを取る

学校とのコミュニケーションを大切にしましょう。教師や学校のスタッフと協力し、子どもが学業に復帰するための適切なサポートを受けられるようにしましょう。

ストレスの管理法を教える

ストレスを正しく管理する方法と、リラックスできるテクニックを親子で身につけましょう。一緒にやると、親子の信頼関係も深まります。

これらの方法で子どもの罪悪感を解消し、彼らが自信を持って前進できるよう、親御さんがサポートしてあげることができます。このプロセスでは、親が子どもの感情を理解し、受け入れてあげることが非常に重要です。
あまり難しく考えず、「親子で一緒にいつも笑っていよう」を心がけていけば大丈夫です。

不登校の子どもが罪悪感から解放されるには、親御さんのサポートが必要。忍耐強く支えていこう!

不登校の子どもが罪悪感を持ってしまう原因は様々ですが、それを解消することは可能です。

過去の選択や行動に囚われず、未来に向かって前向きに進むことが大切だと教えてあげましょう。困難や失敗は成長の機会ですし、自己評価を高める手助けとなります。

自分自身を受け入れ、新たな目標や夢を設定することも罪悪感の軽減に役立ちます。感謝の気持ちを持ち、他人と比較せず、感情を受け入れることが、罪悪感を持ってしまった不登校の子どもを、できるだけ早く救出する手段です。

このような考え方やサポートがあれば、不登校の子どもは罪悪感から解放され、前向きに成長することができます。親御さんは忍耐強く、子どもの心の成長を支えていきましょう。

不登校サポート資料

この資料でわかること

  • 不登校の心の4つの状態
  • 勉強をスタートできるのはいつ?
  • 不登校の子におすすめの勉強法 など

不登校でも、勉強の遅れを一気に取り戻せる方法をご紹介!

お子さんが勉強を再スタートするとき手元にあると安心できる!

無料で受けとる
  • 家庭教師のあすなろ初めての方へ
  • 家庭教師のあすなろバナー

【公式】instagram

instagramでも『特性をグーンと伸ばす接し方』や『不登校の子のための勉強法』など、役立つ情報をどんどん配信しています。ぜひ遊びに来てくださいね!

この記事の著者

柳 聡明 / 不登校訪問専門員

とにかくサッカー漬けの毎日。8歳からサッカーを始め大学でもサッカー部に所属していました。高校は県でも有数の進学校にスポーツ推薦で入学。なので、授業についていくのにも必死。最初の定期テストでは赤点も3つ…。この成績が続くと部活もクビに…。なんとかしなければと、登下校の時間やスキマ時間を使って、勉強と部活の両立の方法を考え乗り越えてきました。こうした自分の経験も活かして、勉強で困っているお子さんを一人でも多くサポートしていきたいと思います。

家庭教師のあすなろ不登校ページバナー

アクセスランキング

ピックアップ