家庭教師のあすなろ 子育てお助け情報サイト不登校サポートブログ 子どもへの対応 不登校から学校復帰に向けた、家での過ごし方

子どもへの対応

不登校から学校復帰に向けた、家での過ごし方

この記事の著者

田中 繁 / 発達障害コミュニケーション指導者

お子さんが不登校になってしまうと、ご家族の方は「学校に復帰して欲しい」「早めに回復するにはどうしたらいいの?」とお悩みになると思います。

不登校の子はほとんどの時間を家で過ごすので、家での過ごし方がとても大切。

今日は不登校から学校復帰に向けた、家での過ごし方をご紹介します。



不登校から学校復帰に向けた、家での過ごし方

学校復帰に向けた過ごし方①:コミュニケーションをとる

一人暮らしの人の笑い話でよく聞くのが、「コンビニ行ったら声が出なかった」ということ。
自分一人だけで暮らしていると誰とも対話できないので、いきなりしゃべろうとしても上手に発声できず、また一瞬ですが言葉が出てこない場合もあります。

不登校の子も、不登校になってからは対話が激減してしてしまうので、コミュニケーションが苦手になってしまう子がほとんど。

親御さんが声を掛け、ご家族の方としゃべらなければ、コミュニケーションは減る一方。普段の生活からおしゃべりする能力を失わないように気を付けることが重要なんです。
どんな話題でもかまわないので、親御さんからどんどんコ三ュニケーションをとってあげるようにしましょう。

学校に復帰しても、社会に出ても、コミュニケーションは生きていく上で必要なスキルです。
「もう、しゃべりすぎ」「うるさいんだから」と感じるくらい、お子さんをしゃべらせてあげてください。



学校復帰に向けた過ごし方②:自己肯定感を高める

 
お母さんにも経験があると思いますが、誰とも対話せず自分一人でいると、気持ちが追い込まれてしまうもの。
大人だってそうなのですから、不登校の子は、想像以上に焦燥感でいっぱいになっています。人と接しないことで孤独になり、外に出られず周りの人にも追いていかれてしまうような強い焦りを感じているんです。

このような心理から、不登校の子の自尊心はどんどん下がってしまい、自分のことを認めてあげることができません。
この自己肯定感がないと、学校へ復帰するのは難しいと言っても過言ではないのです。

ですので、お子さんの長所を見付け、どんな些細なことでもお子さんを褒めてあげましょう。
褒められて小さな成功体験をたくさん積んでいくことで、お子さんは少しずつ失ってしまった自信を取り戻し、自己肯定感を持つことができるようになります。



学校復帰に向けた過ごし方③:役割を与える

 
不登校の子はせっかく家にいるのですから、洗濯物をする、食器を洗う等の家事を、お子さんの役割として分担させましょう。

家事をお子さんにやらせればお母さんとの会話も増えるし、昼夜逆転も防げます。

さらに役割を与えられることで、お子さん自身も誰かに必要とされている実感が持てます。
人は必要とされることで初めて、生きる意味を見つけることができます。これ以上落ち込ませないためにも、家でのお子さんの役割を、たくさん与えてあげてください。



家での過ごし方は、学校復帰に大きく影響します!

昼夜逆転など生活リズムを崩してしまうのは、家での生活時間をどう過ごすかに大きく左右されますよね。

また家での過ごし方次第で、コミュニケーションスキルも変わってきます。

さらに、せっかくお子さんが学校に復帰しても、自己肯定感が低いままだと楽しい学校生活が送れるはずもなく、不登校に逆戻りしてしまう場合もあります。

まずはご家族の方が手助けしてあげながら、お子さんが生活の基盤を自分でつかめるよう支援してあげてくださいね。

この記事の著者

田中 繁 / 発達障害コミュニケーション指導者

中学・高校とハンドボールに熱中し、高校では全国ベスト16、インターハイ春夏出場を達成しました。その分、勉強はホント苦手で…。高校受験もギリギリまで部活をしていて、いざ受験勉強を始めても、どこから勉強していいのかわからず、時間ばかり無駄にしていました。そこからお願いした家庭教師の先生に、一から勉強のやり方を教わってからは成績もメキメキ上がり、無事志望校に合格することができました。誰でも悩みや不安は必ずあると思います。自分の経験も踏まえて、一番親身にお応えしますので、いつでもご相談くださいね。

ピックアップ

© 2020 家庭教師のあすなろ