子どもへの対応 朝のだるさは、起立性調節障害かも!?

子どもへの対応

朝のだるさは、起立性調節障害かも!?

柳

この記事を書いた人:柳

こんにちは。

今日は、不登校のお子さんによくみられる「起立性調節障害」について、お伝えしたいと思います。

「朝はものすごくだるい…」
「目が覚めても、具合が悪くて布団の中でぐずぐずしてしまう」
「午前中は起き上がるのも大変」
ということはありませんか?

こんな症状が続くなら、それはもしかしたら自律神経系の異常で循環器系の調節がうまくいかない、『起立性調節障害』なのかもしれません。

『起立性調節障害』とは、朝起き上がったときに血圧が低下してしまったり、心拍数が上がり過ぎてしまったりしてしまう疾患です。
症状としては、「めまい」「立ちくらみ」「耳鳴り」「気分の悪さ」「疲れやすさ」「長い時間立っていられない」などです。

********************************************

原因は人それぞれですが、ちょっとしたストレスなどで突然、起こることもあります。

また午後はケロッとしているので、ついつい「朝になるとグズグズして…。怠けてるんじゃないの!?」と思って、無理に学校に行かせようとしてしまうこともあります。

お母さんは誰でも毎朝忙しく、バタバタとやることが山積みになっているので、その辛さをわかってあげられない場合が多くあるんです。

ですがこれは、立派な病気です。

そのため無理強いした場合、朝礼の時や体育の時間に立ったまま説明を聞くなど、立っている状態が長い場合には、気分が悪くなって倒れることもよくあります。

また、本当に具合が悪いのに仮病と思われたり、叱咤激励されてしまい辛さを共有してもらえないことで、精神的にも落ち込んでしまったり…。

それがきっかけで、周囲の目が気になり学校に行きづらくなってしまうこともあるんです。

ですから、毎朝ベットでぐずぐずしているような場合には、お子さんの症状をよく聞いて、一度、医療機関へ相談に行きましょう。

では『起立性調節障害』の場合、学校へ行けないのかというと、そんなことはありません。いくつかの対処方法はあります。

まずは、具合の悪さに熱心に耳を傾けてあげ、精神的に落ち着かせてあげてください。
そして次は、生活習慣の改善です。

********************************************

①血流が下がってしまいがちな起床直後はすぐに立ち上がらず、横になった状態から枕やクッションなどで少しずつ頭を高くしていき、座った状態でしばらく休んでいることが重要。

朝、少し早めに起こして、ベッドでゆっくりできる時間があると効果的です。

②十分に時間をとったら、適度な塩分と、水分補給することも大切です。

黒砂糖やはちみつで甘くした生姜紅茶の中に、少しだけ塩をまぜたものを飲ませてあげると、身体の調子が整います。

朝の時間をゆっくり過ごすことが改善のコツ。

また登校再開時には、病院でもらうお薬を服薬するのも効果的ですよ。

********************************************

朝、具合が悪くならないなら、学校に行けるのに…というお子さんも少なくありません。

もし『起立性調節障害』であれば、時間をかけて学校に行けるよう、朝の時間の過ごし方を工夫してみてください。

ピックアップ

© 2020 家庭教師のあすなろ