家庭教師のあすなろ 子育てお助け情報サイト学習サポートブログ 子どもとの接し方 勉強しない中学生を机に向かわせる方法

子どもとの接し方

勉強しない中学生を机に向かわせる方法

この記事の著者

曽根 大樹 / 事務責任者

「うちの子は勉強が嫌いで…」
「テストの点数が最低なのに、ぜんぜん勉強しない」
「机に向かってると思ったらゲームしてる…」

こんなことでお悩みではありませんか?

困ったことに、点数が悪い子ほど勉強するのが大っ嫌い。
点数が悪いのは勉強しない結果なので当然と言えば当然ですが、ではなぜ、お子さんは勉強したくないのでしょうか?

今日はお子さんはなぜ勉強したくないのか、その原因を探りながら、勉強しない中学生を机に向かわせる方法をご紹介します。



勉強したくない原因と、中学生が勉強しない理由 

原因と理由その①:勉強がわからない

 
中学生になると、小学生の頃に比べて授業のスピードも速くなり、1日の学習量も増えます。つまり、1度つまずいてしまうと、それを取り戻すためには相当なパワーで勉強しないと追いつきません。
そのため一度つまずいてしまうと、わからないがどんどん膨らんでしまいます。

せっかく机に向かっても勉強がわからなければ、やることもなく退屈。その結果、勉強しなくなってしまいます。



原因と理由その②:成功体験がない

どんな子でも、中学入学したての頃は「よーし、頑張るぞ!」と気持ちを新たに張り切って勉強するものです。
なのに、勉強しても点数がアップしない、今度こそ!と思って長時間やっても点数が下がる一方…。
こんな空しい体験ばかり繰り替えしていると、子どもは「どうせやってもムダだし」と初めから諦めてしまうようになります。

また、わからないなりに頑張ったとしても、間違っていたり点数が悪かったりすれば、学校でも家でも怒られてしまうこともあります。

このような報われない経験が、お子さんを勉強に向かわせない原因になります。



原因と理由その③:楽しいことが増えた

 
中学生になると、とたんに世界が広がります。
小学生の時とは違い、行ける場所も増え、部活で仲間ができたり、思春期で恋愛に興味を持ったりと、どんどん大人の階段を上ります。

そうなると、勉強よりも楽しいこと、やりたいことが増えますよね。時間を自分の思い通りに使うようになるため、勉強には気持ちが向かなくなります。



勉強しない中学生を机に向かわせる方法

方法その①:スモールステップで成功体験を積ませる

  
さっき覚えたばかりの漢字を親御さんの目の前で書いてもらう。カンタンな計算を暗算で答えてもらう。

このような小さな成功体験を、家でたくさん経験させてあげてください。
やり方はカンタン。ちょっと宿題をのぞき込んで、正解している問題をリビングで出題してあげればいいのです。
間違ったとしても、途中までの過程をうんと褒めてあげてください。

このような成功体験を日々積んでいけば、子どもはやる気になれます。そしてプラスの声掛けで、どんどん伸びていきます。
さらに小さな成功体験を積んでいくと自信もつき、次のチャレンジも自分で探すようになります。



方法その②:友達と一緒に勉強させる

  
中学生になると部活が本格的に始まり、仲間意識が芽生えます。そして家族よりも自分の仲間との時間を大切にするようになります。

これを利用して、勉強も友だちや仲間たちと一緒にやるよう勧めてあげましょう。
友だちと一緒に勉強すれば、分からないところを教えてもらうこともできます。またお子さんも、誰かに教えてあげることもあるでしょう。人に教えてあげるのは、自分が理解しているかの確認になりますし、これ以上の復習はありません。

遊んでしまう時間もあると思いますが、仲間との勉強の習慣が身につけば、勉強する時間を確保する習慣や、教科書をひらく習慣もつきます。
なにはともあれ、まずは勉強する習慣を身につけてしまうことが先決です。



方法その③:塾や家庭教師に頼る

どんな子でも、勉強ができるようになりたいと思っています。授業が分からないより、分かるほうが断然おもしろいことも知っています。
でも自分ひとりでは、勉強しようにも何を勉強したらいいのか、どのように勉強したらいいのか分からないのです。

このような状態になっている子はとても多いので、勉強のやり方を覚え、机に向かう習慣が身につくまで、塾や家庭教師に頼ってしまいましょう。

気の合う講師や家庭教師と出会うことで、「初めて勉強をおもしろいと思った!」と目を輝かせて勉強に取り組み出す子も多くいます。



勉強しない中学生を机に向かわせるには、環境を整え、毎日褒めてあげること!

誰だって褒められて悪い気はしないですよね。子どもは褒められ、認められることでグングン成長していきます。
ですから小さな成功体験を積み重ねならが、お子さんをうんと褒めてあげてください。そうすることで、お子さんは少しずつ自信を持ち、自分から勉強しようと思うようになります。

さらに、新しい習慣を作る場合、初めのとっかかりに誰でも苦労するものですが、友だちや塾などのチカラを借りることで、乗り越えさせてあげましょう。勉強に向かえる環境があるだけで、お子さんの気持ちも変わってきます。

「勉強しなさい!」と怒っても、お子さんも親御さんもイヤな気持ちになるだけです。それよりも、お子さんにぴったり合った勉強できる方法を、お子さんと一緒に試行錯誤しながら探してくださいね。

この記事の著者

曽根 大樹 / 事務責任者

私自身、不登校になった期間があります。でも、あるキッカケのおかげで立ち直ることができ、学校に通うことができました。勉強にも苦労しました。とても厳しい部活で成績が悪いと練習に参加できないため、家に帰ってから必死に勉強しました。でも、疲れていて集中できない。勉強のやり方もわからない。気持ちばかりが空回り…。そんな状態を救ってくれたのが友達のお父さんでした。時間や勉強の仕方を少し工夫するだけで成績は伸ばせることを教えてくれました。ちょっとしたキッカケや工夫で状況は大きく変えられることを、自分の経験を活かして、一人でも多くのお子さんに伝えていきたいと思います。

ピックアップ

© 2020 家庭教師のあすなろ