子どもへの対応 夏休みが終わる前に実践していただきたいこと

子どもへの対応

夏休みが終わる前に実践していただきたいこと

柳

この記事を書いた人:柳

不登校訪問専門員の柳です。
長かった夏休みも、そろそろ終わろうとしていますね。
宿題にあわてて取りかかったり、「夏休みも終わりだな…」と少し憂鬱ぎみになってしまったりしているお子さんが多いのではないでしょうか?
お子さんに「なんだか最近、元気がない」と感じていたら、注意が必要です。

新学期が始まると体調不良で学校を休む、というお子さんが少なくないことをご存知ですか?
大人でも休みが長いと、その後、普段の生活に戻るのが億劫だったりしますよね。
思春期のお子さんは、感情の起伏が大きく、感性や内面の変化が起こりやすい時期でもあるので、特にその傾向が強くなります。

あたりまえの感情ではあるのですが、この状態が長く続くと、不登校になってしまいます。
せっかく仲良くなった学校の友達とも、疎遠になり、孤立してしまう…ということになりかねません。

これは、夏休みに生活リズムが乱れてしまったことが大きな原因なんです。

夏休みは長いので気持ちがゆるみやすく、さらに帰省や旅行などのイベントがあると生活スタイルが大きく変化してしまいます。

「休みだから、もう少し寝てよう…」と朝早く起きられない
→ 暑くて外に出るのが億劫なので、ダラダラと部屋に閉じこもってしまう
→ 夏休みスペシャルなどの深夜番組を見てしまう
→ 朝早く起きられない…
→ 昼過ぎに起きて、ダラダラしてしまう

このような習慣が夏休みの間についてしまったら、普段の生活リズムにいきなり戻すのは、お子さんにとって新学期の辛さを倍増させてしまいます。

そこで!
夏休みが終わる一週間前ぐらいから、ご家庭の方に必ず実践していただきたいのは、「生活のリズムを作り、守らせること」です。

なるべく、学校生活に合わせたリズムに合わせて

  • 起床の時間
  • 食事の時間
  • 入浴の時間
  • 就寝の時間

この時間を、多少ずれるとしても、そう極端には変えないよう、家族ぐるみで守ることが大切です。

中学生と言っても、自分で計画を立てて実行できる子は稀。
ご家庭の方の協力なしに習慣づけることは、なかなか難しいのではないでしょうか?

もし、これを読んで「うちの子は、あぶないかも…」と不安になった場合には、今から生活リズムをもとに戻せるよう、ご家族そろって実行してみてください。
不登校の原因は多々ありますが、お子さんに不安要素があるなら、その一因となる芽は、早めに摘んであげることも非常に重要です。
気持ちを新たに新学期を迎え、そして楽しい中学校生活を送るためにも、生活リズムを家族みんなで守る!
と、覚えておいてくださいね。

ピックアップ

© 2020 家庭教師のあすなろ