小中高生対象学校補習苦手克服受験対策不登校発達障害

電話番号
ブランク
家庭教師のあすなろ 家庭教師の登録 Wスクールになったとき

Wスクールになったとき

司法試験・公認会計士等の資格を取るために、Wスクールを始める人もいると思います。
忙しくなると思いますが、それを理由に家庭教師をやめようとは思わないでください。

Wスクールのためにとられる時間は夕方から夜にかけての何日かだと思います。
実際、家庭教師の先生の中にもWスクールを経験している人は数多くいますが、その時間外で1週間の内、1時間程度の指導時間は作ることができるからです。

生徒もお母さんもしっかり話せば事情はわかってくれるはずです。
それまで築いて来た信頼関係があれば、相手のご家庭も多少の融通は利かせてくれると思います。

また基本的に家庭の方には、最後までしっかり責任を持って指導していくという事を伝えてあります。

理由としては、生徒本人にとって時間をかけて先生との『良い関係』が作れているのに(実際担当している先生自身が一番わかると思いますが)先生の都合で交代してしまうのは、時期によっては生徒さんの一生を左右する事にもなりかねないからです。

生徒さんのためにも、できる限り続けていく方向で考えてあげてください。
ただし、相談してもお互いの時間の折り合いがつかず続けていくのがどうしても困難な場合は、あすなろにご相談ください。

ページトップへ