今すぐ電話をする
メニューを開く 閉じる


WISC(知能検査)の結果でわかる、お子さんの具体的な支援の方法とは?

WISC(知能検査)の結果でわかる、お子さんの具体的な支援の方法とは?

WISC(知能検査)の結果でわかる、お子さんの具体的な支援の方法とは?

 

「WISCの結果ってどう見たらいいの?」
「数字だけ見ても、なにがなんだか…」

このようなことでお悩みではありませんか?

WISC検査をしたけど、その結果を受けてどうフォローしたらいいのかがよくわからない…。

このようなことを考えているのは、お母さんだけではありません。

 

WISCって、どういうもの?

 

※WISC…Wechsler Intelligence Scale for Children-Fourth Edition
略称 WISC-Ⅳ(ウィスク・フォー)

WISC-Ⅳは、世界で広く利用されている代表的な児童用知能検査で、5歳0ヶ月~16歳11ヶ月の子どもを対象としています。

15の検査で構成されていて、検査を実施することで、4つの指標得点(言語理解 知覚総合 作動記憶 処理速度)とIQが出されます。

■基本検査10と補助検査5
・言語理解指標(類似 単語 理解 *知識 *語の推理)
・知覚推理指標(積木模様 絵の概念 行列推理 *絵の推理)
・処理速度(符号 記号探し *絵の抹消)
・ワーキングメモリー指標(数唱 語音整理 *算数)
*がついているものは補助検査

この結果から、子どもの知的発達を多方面から把握することができます。

 

 

何が目的で、WISCするの?

 

WISCは、周囲の大人や指導者に『どういう教え方が、この子にとってベストなのか?』の方向性を示す役割をします。

発達障害のお子さんに共通しているのは、

  • 理解すべきことが、理解できない
  • さっきしたことを、すぐ忘れてしまう
  • ルールを守れない

こういったことです。

つまり、

「みんなと同じようにしたいけど、どうしたらいいかわからなくて困っている」

のです。

なぜ「困ってしまう」のでしょうか?

それは、お子さんの知能が高い、低いという問題ではありません。

発達障害の子は、持っている特性のために「見たらわかること」や、「聞いたらわかること」が分かりづらくなっているのです。

では、どうしたら「わかるようになる」のでしょう?

その指針を、学校の教員や周りの大人に教えてくれるものがWISCなどの知能テストです。


 

WISCでわかる、「困っていること」の原因とは?

WISCなどの知能検査では、「強い経路」「弱い経路」がわかります。

これは誰でもそうですが、ものごとを理解するときには「見ること」か「聞くこと」を使います。

両方をバランスよく使う子もいるし、得意な方をたくさん使い、苦手な方を補助的に使って理解する子もいます。

それは個性で、一人ひとりみんな違います。

ですがあまりにもそのバランスが悪いと、日常生活の中で「みんなと同じようにできない」という形で現れてしまいます。

ですので、お子さんが「聞くことで理解する」「見ることで理解する」そのどちらが強くて、弱いのかを知る必要が出てくるのです。

例えば、
「ちゃんと聞いているんだけど間違える」子に対して、「ちがう言い方をしたらわかる」のか、「見ることでわかる」教え方を増やしていけばいいのか、検査によって指導の方向性を、よりハッキリ知ることができるのです。

 

 

〈弱い力〉
・言葉を理解し推論する
・目で見た情報を処理する

〈強い力〉
・聞いた情報を一時的においておく
・単純なことをすばやくこなす

※WISCでは、他にワーキングメモリーの指標がわかります。


 

家庭教師は、お子さんの特性に合わせてピッタリの指導をすることができます!

家庭教師の一番の強みは、お子さん一人ひとりの個性に寄り添って指導ができることです。

集団生活をしていると「みんなと同じことができない」ことは、とても苦痛になります。
苦痛なことは、誰だってイヤになります。

ですが、こうしたことで自信を失っているお子さんはたくさんいます。
これは非常にもったいないことです。

だからこそ「今、勉強のどんなことで困っているか?」を見つけて解決し、お子さんの自信を取り戻すことは、何より重要になります。

そして家庭教師は、お子さんの興味のあることや好きなこと、得意なことを積極的に認め、可能性を伸ばしてあげられるサポートをすることができます。

勉強のことでお悩みであれば、まずは私たちにご相談ください!