家庭教師のあすなろ 子育てお助け情報サイト学習サポートブログ 子どもとの接し方 子どもの成績を上げる親はやっている!3つの働きかけ

子どもとの接し方

子どもの成績を上げる親はやっている!3つの働きかけ

この記事の著者

木村 美紀 / 家庭教師のあすなろ お悩み解決サポーター

「うちの子、勉強している割には成績が良くない」
「塾に行かせているけど、テストの点数が下がった・・・」とお悩みではないですか?

小・中学生のうちは、子ども一人だと苦手科目でつまずいたり、やる気を持って勉強に取り組むことが難しかったりしますよね。そのため、保護者の方が勉強面について関わりが持つ必要があるときもあります。

そこで!今回は、子どもの成績を上げるための“親の3つの働きかけ”をご紹介したいと思います。お子さんと過ごす日常のなかで実践しやすいものばかりですので、ぜひ参考にしてくださいね。

1.つまずきに気づき、寄り添う

勉強しているのに成績が伸びないと、つい悪いところを指摘したり、叱ったりしがちですよね。でもこれをやってしまうと、

  • 成績が下がるたびに「叱られる・・・」とビクビク
  • 勉強が嫌いになる
  • 自尊心が傷つく

こんな風に、マイナス面ばかりが目立つようになってしまいます。成績が伸びなくて悔しく、残念な気持ちに一番なっているのは子どもですから、マイナス面ばかり指摘しないようにしましょう。

成績が伸び悩んでいるときこそ、いま“出来ているところ”を見つけて褒めてあげてください。そして、出来なかったところは一緒にやり直しをするのも良いでしょう。

一人だとどこでつまずいているか分からないことも、親が気づいてあげることでつまずきから開放されるキッカケになります。つまずきを少しずつ克服し、自信が持てるようになると成績アップに繋がりますよ。

2.子どもから教えてもらう

ただ受け身で勉強を教わるよりも、自分が教える側に回ったほうが学習内容が頭に入ってくることがあります。いつもは親が教えているご家庭も、ときどき逆のパターンを試してみてください。

  • ここはどういうことだと思う?
  • もう昔のことでお父さん忘れちゃった。教えてよ

こんな風に声かけして、お子さん主導で教えてもらいましょう。子どもにとって“お父さんお母さんに勉強を教える”ことは新鮮ですし、自分は分かっている!という自信にも繋がります

もし、お子さんが教えてくれる内容で間違いがあったときには、「あれ、これはもしかして◯◯◯かな?」「ここは難しいね。いっしょに調べてみよう」などと正しい答えに誘導してください。

間違っているよ、出来ていないと強く指摘するとやる気を無くしてしまうことがあるので注意です!あくまでも「親が疑問に思った。だから一緒に考えよう」という姿勢を心がけてくださいね(^^)

3.集中力を高める環境を整える

成績を上げている子どもに共通しているのが、集中力の高さです。家にいるとダラダラしがちですが、メリハリをつけることは大切です。集中力を高める家での工夫としては・・・

  • テレビやスマホを見ながらの勉強は止めさせる
  • 時間を決めて勉強に集中させる
  • 部屋を片づけて集中できる空間にする
  • ときどき親子で勉強に取り組む機会を作る

上記のような働きかけが有効です。急激に環境を変えることは難しいので、少しずつ変化させていきましょう。家で集中する時間を持つ習慣ができれば、学校の授業時間やテストでも集中力を発揮しやすくなりますよ

まとめ

ここまで読んでくださりありがとうございます。最後に、子どもの成績を上げるための親の3つの働きかけをもう一度おさらいしますね↓

   1.つまずきに気づき、寄り添う
   2.子どもから教えてもらう
   3.集中力を高める環境を整える

「これなら出来そう」と思えることが1つでもありましたら、ぜひ取り入れてみてください。

ピックアップ

© 2020 家庭教師のあすなろ