家庭教師のあすなろ 子育てお助け情報サイト学習サポートブログ 子どもとの接し方 子どもへの声かけの注意点。勉強のやる気をなくす声かけ例

子どもとの接し方

子どもへの声かけの注意点。勉強のやる気をなくす声かけ例

この記事の著者

木村 美紀 / 家庭教師のあすなろ お悩み解決サポーター

子どもの勉強が心配で、ついキツい言い方をしてしまうことがあると思います。小学校低学年くらいまでは、少し叱れば素直に言うことを聞いてくれるかもしれません。しかし成長とともに親に反発するようになる子どもも多いですし、そもそも怒ったり厳しいことを言ったりして勉強させるのはおすすめできません。

なぜなら、知らず知らずのうちに子どものやる気を無くしてしまうことがあるからです。今回は、そんな“子どものやる気を無くしてしまう危険のある声かけ例”を紹介したいと思います。大人は良かれと思って言っている言葉も、お子さんのやる気や可能性の芽を摘んでしまったら本末転倒です。ぜひお子さんへの声かけの参考にしてみてください。


勉強のやる気をなくす声かけ例

1.「勉強しなさい」

やる気を失わせる声かけとして代表的なものが、「勉強しなさい」です。「片付けしなさい」「お風呂に入りなさい」などもそうですが、命令されるような言い方にムカッとする子どもは多いようです。

子ども自身も、勉強をしないといけないと分かっているけれど、どうしても乗り気になれない・・・。そんな心境のときに「とにかくやりなさい」と言われても、逆に嫌になってしまいます

さらに、この言い方には「どの教科のなにを勉強をするのか」「どうやって勉強を進めるのか」という具体的な内容がありません。勉強が苦手で「なにをどう勉強すればいいのかが分からない・・・」という子どもにとっては、苦痛となってしまうでしょう。


2.「このままでいいと思っているの?」

勉強をするように何回声をかけてもやらない、宿題忘れも多くテストの成績も良くない。こんな状況のときには、「このままでいいと思っているの?」と言いたくなってしまうかもしれません。

ところが、多くの子どもは「このままでいい」とは思っていません。言葉では「別にいいよ」と反対のことを言うかもしれませんが、本心ではないはずです。

本当は宿題をちゃんと出さないと、点数を上げないといけないことは分かっている、でもそれが簡単にできない・・・。こうした葛藤を心の中に持っている場合が多いので、「このままでいいと思ってる?」という声かけはしないようにしましょう。


3.「何回教えたら分かるの?」

子どもに勉強を教えているご家庭の場合、この言葉には注意が必要です。「自分は何回やっても出来ない、落ちこぼれだ」「質問したらこうやって怒られるからもうしたくない」など、子どものネガティブな気持ちに繋がってしまいます。

同じ日に何度も、また別の日に同じ質問を受けることがあるかもしれませんが、根気強く向き合ってあげてください。勉強は、何度も繰り返すことによって短期記憶から長期記憶へと移り変わっていきます。子どもが本当に理解できるまで、何度も教えましょう。覚え方を少し変えて工夫してみるのもおすすめです。


4.「だから言ったでしょ」

テストや模試で思うような結果が出なかったとき、つい「だからもっと勉強しなさいと言ったでしょ」と言いたくなりますよね。それは事実かもしれませんが、落ち込んでいる子どもへの声かけとしてはふさわしくありません。

子どもの努力が足りなかったのだとしても、全く努力をしなかったわけではないはずです。まずは本人なりに努力したところや前回より良くなった点を認めてあげることが大切です。「ここが出来るようになったね」「次はきっと出来るよ」とポジティブな声かけを心がけましょう


いつもの声かけを、勉強をやる気になれるような声かけに工夫してあげましょう!

今回は、子どものやる気を無くしてしまう声かけについて紹介しました。いかがでしたか?
子どもの勉強を心配するあまり、つい言ってしまいたくなるワードばかりでしたが、逆効果にならないように気をつけたいですね。

また、今回は“やる気を無くす”言葉をテーマに紹介しましたが、別の記事では子どもの“やる気を引き出す”言葉がけの具体例を紹介しています。こちらもぜひご覧くださいね。

ピックアップ

© 2020 家庭教師のあすなろ