家庭教師のあすなろ 子育てお助け情報サイト不登校サポートブログ 子どもへの対応 不登校の理由は「めんどくさい」。 無気力型の特徴と対処法

子どもへの対応

不登校の理由は「めんどくさい」。 無気力型の特徴と対処法

この記事の著者

田中 繁 / 発達障害コミュニケーション指導者

不登校の子に学校に行かない理由を聞いたら、「めんどくさい」と言われ、お悩みではありませんか?
親御さんや学校の先生の立場で聞くと、「何言ってるの!?」と思う一言かもしれません。でもこの「めんどくさい」に、実は多くの意味が隠されているのです。

お子さんの「めんどくさい」に隠された本当の意味をお伝えします。


不登校の「めんどくさい」に隠された意味とは?

◆「めんどくさい」の意味①:悩むのに疲れた

 
お子さんは、つい最近「学校に行きたくない」と感じて不登校になってしまったのではありません。何ヶ月も何年も悩んで苦しんで、考え抜いた結果、『学校に行けなくなった』のです。
その苦しみを誰かに話しても、解決しなかったのかもしれません。さらに誰にも話せず、ずっと苦しんでいた可能性だってあります。
そんな、悩み苦しむ日々にもう疲れちゃった…。その結果、「めんどくさい」という言葉が出てくる場合があります。


◆「めんどくさい」の意味②:伝え方がわからない、伝えたくない

・「学校に行きたくない」には理由がある。
でも、その理由の伝え方がわからない。だから→「めんどくさい」

・行きたくない理由はたくさんあるけど、
「イヤな理由がたくさんありすぎて、答えられない」
だから→「めんどくさい」

・親御さんや先生に、「理由を言う訳にはいかない」
だから→「めんどくさい」

本人なりのプライドが傷つくので「言いたくない」
だから→「めんどくさい」

「絶対、誰にも話したくない」
だから→「めんどくさい」

本音を言って、「大人を心配させたくない」という、
お子さんなりの思いやりの気持ち。
だから→「めんどくさい」


お子さんの「めんどくさい」の一言には、こんなに沢山の理由があります。
気をつけて欲しいのは、大人はつい、心配する気持ちから「なぜ言いたくないの?なにがあったの?」と問いただしてしまいがちです。
でも大人だって、自分の感情をうまく人に説明できないことがありますし、どうしてこんな気持になるのか、理由がわかってない場合もあります。
うまく本人が言葉にできるまで、焦らず待ってあげてください。


◆「めんどくさい」の意味③:心の病気が隠れている

不登校は多かれ少なかれ、心が傷ついてしまった結果と言えます。
そして中には、心の病気になってしまう場合も…。

もし、心に病気を抱えてしまった場合は、気力がなくなります。
一日中眠っている場合だってあるかもしれません。そんな思いをしている子に学校に行かない理由を聞いても「めんどくさい」という言葉を発するだけで精一杯なのです。

もし何日もお風呂にも入らず、食事も満足に食べず…と日常生活に支障をきたしている場合は、一刻も早く専門家の力を借りるようにしてください。


◆「めんどくさい」の意味④:自己防衛

学校に行けない本当の理由を伝えたら、
「また傷つくかも…」「言っても、きっとわかってもらえない…」

こんな不安な気持ちから「めんどくさい」の一言で済ませ、これ以上、自分が傷つくのを回避している可能性があります。
お子さんは、もう傷つくことに疲れて「めんどくさい」という言葉で自分を守っているのかもしれません。


◆「めんどくさい」の意味④:怠惰の「めんどくさい」

 
学校や勉強など、自分の責任を何もかも放棄し、ただひたすら「めんどくさい」という言葉で逃げている可能性もあります。
そういう場合は、学校を休んでいながら、平日に友達と遊び回ったり非行に走る傾向も…。
こういった子はしょんぼりしておらず、かなり元気なケースが多いです。
非行傾向と判断できる場合も、必ず専門家の手を借りるようにしてください。


不登校の「めんどくさい」は、見守る時期のサイン

不登校の子はたくさんの質問をされます。

「どうして学校に行かないの?」
「なにか悩んでいるの?」
「お母さんになんでも言って」

もちろん大人は心配する気持ちから声をかけるのですが、お子さんは「ほっといて欲しい」と思っているかもしれません。

お子さんが「めんどくさい」と言った場合には、心の病気や非行傾向など一刻を争うケースではなければ、少しそっとしておいてあげてください。
一時的に心が傷ついても、時間がたてば必ず回復していきます。お子さんが「めんどくさい」と言った時には、あまり過干渉にならず、そっとお子さんを見守るようにしてあげてくださいね。

この記事の著者

田中 繁 / 発達障害コミュニケーション指導者

中学・高校とハンドボールに熱中し、高校では全国ベスト16、インターハイ春夏出場を達成しました。その分、勉強はホント苦手で…。高校受験もギリギリまで部活をしていて、いざ受験勉強を始めても、どこから勉強していいのかわからず、時間ばかり無駄にしていました。そこからお願いした家庭教師の先生に、一から勉強のやり方を教わってからは成績もメキメキ上がり、無事志望校に合格することができました。誰でも悩みや不安は必ずあると思います。自分の経験も踏まえて、一番親身にお応えしますので、いつでもご相談くださいね。

ピックアップ

© 2020 家庭教師のあすなろ