家庭教師のあすなろ あすなろの教え方 不登校 子どもへの対応 不登校でもイヤな事ばかりじゃない!? 不登校の3つのメリット

子どもへの対応

不登校でもイヤな事ばかりじゃない!? 不登校の3つのメリット

この記事を書いた人:大樹

お子さんが不登校になってしまうと、親御さんは一瞬、目の前が真っ暗になってしまったように感じると思います。

「この先どうしたらいいの…?」
と落ち込んでしまう気持ちは痛い程よくわかります。

ですが!少し時間がたって落ち着いたら、よーく世界を見渡してみてください。
決して不登校になってしまうと悪いことばかり起こるのではありません。

そこで今日は、不登校になってしまった子の3つのメリットをご紹介します。



不登校の3つのメリット

3つのメリット①:親子の時間が持てる

現代社会は多くの家庭が共働きで、親御さんはお忙しいですよね。
お子さんが帰ってきても、親御さんは家でも仕事しなければならない場合もありますし、明日の準備、家事とバタバタしっぱなしです。
子どもだって、部活や宿題、ゲームに友人とのLINEを思いっきり楽しみたい年頃で時間がありません。

そんな生活をしていると、すれ違いの日々でコミュニケーションが十分に取れていなかったのではないでしょうか?

でもお子さんが不登校なって家にいるようになると、時間の余裕ができるので、家事の役割を与えることができます。すると、お子さんが家事に協力してくれたことによって、親御さんの時間にも余裕が出てくるのです。

親子の時間が取れればコミュニケーションも増えますし、今まで知らなかったお子さんの気持ちに気づくことができます。



3つのメリット②:心を元気にする時間も取れる!

先ほども書きましたが、現代人には時間がありません。休日は土日だけで、そのお休みにも部活がある子も多いです。

不登校の子は例外なく心が傷ついているのに、その心を癒す時間は不登校になるまでありません。

もしかしたら親御さんも、お子さんが不登校になってしまったことで、少しだけ長い休暇を取らざるを得ず、ゆっくりと時間を過ごすことができるかもしれません。

お子さんの不登校は、時間がない現代人に時間を与えてくれます。
これを機に、親御さんもお子さんと一緒に心を休めてみる必要があるかも知れません。
不登校がくれた時間を親子でゆっくり過ごし、心の癒しに使ってください。



3つのメリット③:自分の内面と向き合える

現代人は誰でもそうですが、日々のバタバタに振り回され、自分の本当の気持ちや心の奥底に気がつく時間がありません。それは、子どもだって同じこと。

進路はどうするの?これからの人生はどうするの?このままで良いの?
本当は自分て、どんなことが好き?何が一番したい?自分を元気にしてくれるものって何?

このような一番重要で肝心で、生きていくのに絶対必要なことに向き合う時間がないのです。

でも不登校になれば、時間はたっぷりあります。先ほども書きましたが、親御さんも不登校ラッキーで時間が取れるかも知れません。

本当に自分がやりたいことは何か、自分の魂が求めているものは何か、自分の内面とじっくり向かい合ってみてください。



不登校のメリットを利用して、親子で今まで出来なかったことをやろう!

人生で酷いと感じることが起こっても、それは物事の一面を見ているだけに過ぎません。
どんな出来事にも必ず色々な側面があり、酷いと感じているのは、違う側面を見つけられていないだけです。

ですからゆっくり深呼吸をして、今の起こっている出来事を俯瞰して、他人事のように観察してください。
このブログにたどり着いた聡明な親御さんなら、必ず不登校の違う側面を見つけることが出来ます。それは親御さんの心もきっと癒してくれる発見のはず。

ゆっくり自分のペースで良いのです。他人と比べず、お子さんや家族の本当の幸せを見つけてみてくださいね。それは今も手の中にあるのに、気がついていないだけなのですよ。

ピックアップ

© 2020 家庭教師のあすなろ