再登校 「早く学校に行ってほしい」と願う保護者の方へ

再登校

「早く学校に行ってほしい」と願う保護者の方へ

柳

この記事を書いた人:柳

こんにちは、不登校訪問専門員の柳(りゅう)です。
不登校の子のご家庭に体験授業に行くと保護者の方からよく聞かれることがあります。

それは、
「学校に行けるようにするには、どうしたらいいの?」
という質問です。

「早く学校に行けるようになってほしい」
「どう伝えたら学校に行けるようになるのか」

というお母さんのはやる気持ちもわかります。

ですが、体験授業でも皆さんにお伝えしているのですが、このブログを見て頂いている方にもわかっていただきたいことがあります。

それは、不登校は決して甘えでもサボりでもない、ということです。

まず忘れてはいけないのが、ほとんどの不登校の子が「学校に行けていない」事に傷つき悩んでいる、ということです。
もちろん、「早く元気になってほしい」と子を想うお母さんの気持ちもわかりますが、自分の意志で「学校に行こう」という気持ちができるまで、焦らず見守ってあげることが重要なんです。

お子さん1人で考えても、どんどん悪い方向へ考えてしまい、解決しない事が多いです。

まずは、お子さんと楽しく会話をしながら、少しずつ悩みを聞いてあげてください。そうすることで、思い詰めていたお子さんの気持ちがスッキリし、次への行動へとつながります。

私たちあすなろは、お子さんの気持ちを理解しながら、学校の授業に遅れていることへの不安を取り除いたり、勉強に対する自信を作ることを得意としています。
そういった積み重ねが、学校に行こう!という気持ち作りにつながればと思っていますので、「早く学校に行ってほしい」とお悩みのお母さんはぜひ、私たちあすなろにご相談くださいね。

ピックアップ

© 2020 家庭教師のあすなろ