勉強・受験 不登校の受験生を持つ保護者の方へ

勉強・受験

不登校の受験生を持つ保護者の方へ

柳

この記事を書いた人:柳

そろそろ「受験シーズン」の到来ということで、受験生も大詰めを迎えていますね。
そうした中、不登校の子の保護者の方から、進路についてのご相談が増えています。

お子さんが、現在、不登校であるという状況と受験へのプレッシャーで、焦りを感じている方がほとんどです。

ですが、文部科学省の調べでは、『中学時代に不登校を経験した子どものうち約8割がきちんと就学、または就労をしている』と言われています。
全員とは言わないまでも、ほとんどのお子さんが、最終的には自分の歩む道を見つけられています。
思春期の多感な時期に、人一倍悩みぬいた子ほど、しっかり自分と向き合うことができるんです。
ですからまずは、保護者の方が、受験に対して大らかな気持ちで対応していくことが大事です。

焦る気持ちはわかりますが、お子さんも保護者の方以上に焦りを感じているはずです。
そんな不安な気持ちを受け止めてあげられるように、保護者の方は温かくサポートしてあげてください。

もちろん高校受験も大切ですが、いただくご相談の中には、その後の進路・就職についてのお話も多くあります。

就職では、多くの企業がまだまだ最終学歴を重視しています。
「不登校だから、高校も通えるかどうかわからないし、大学なんてとても…」と考えられている保護者の方が多いですが、大学に進学する方法はたくさんあります。

単位制高等学校では、学年がありませんから、決められた単位を修得すれば卒業が認められます。例えば、3年間も高校の勉強に費やさなくても、単位をとることができれば、1年で卒業することも可能なのです。
万が一、高校に入学しなかったとしても、高卒認定試験を受ければ、高等学校卒業者と同等以上の学力があると認定されます。
他にも、セカンドスクールやフリースクールなど、高校や大学以外の教育機関を利用する形もあります。
このように現在は、不登校の子でも、高卒や大卒など、同等の学位が取得できます。
ですから、焦る必要はありません。

まずは最低限、中学校までの学力をしっかり固めて土台作りをしていくことが大切です。
遅れはいつでも取り戻せます。
学校に通っていないことを気にするよりも、一つひとつ、勉強の基礎を固めておくための一歩を踏み出してみてはどうでしょうか?
私たちは全力でそのサポートをしていきます。

あすなろでも、大学受験資格が得られる「あすなろ式高等学園」というサポート校をやっています。詳しく知りたい方は柳(りゅう)までご連絡ください。

ピックアップ

© 2020 家庭教師のあすなろ