家庭教師のあすなろ あすなろの教え方 発達障害 支援のコツ 発達障害の子が習い事をするメリットとデメリットとは?

支援のコツ

発達障害の子が習い事をするメリットとデメリットとは?

この記事を書いた人:田中

発達障害のお子さんの習い事について「うちの子、みんなについていける?」「習い事させて大丈夫?」とお悩みではありませんか?

発達障害のお子さんに習い事をさせるかどうかは、ご家族の中でも意見がいろいろ分かれると思います。できればお子さんに合った習い事を選んで、楽しく続けさせてあげたいですよね。

ここでは、発達障害のお子さんに習い事をさせる時のメリット・デメリットについてお伝えしたいと思います。

 

発達障害の子に習い事をさせるメリットとは?

 

◆隠された才能を伸ばせる

発達障害の子はこだわりが強い分、本人の得意とするものが見つかれば、得意なことをグンと伸ばしていくことができます。

発達障害のピアニストと言われている野田あすかさんは、大好きなピアノを習い、素晴らしい才能を開花させることができました。歴史上の偉人たち、例えばモーツァルトやアインシュタインも、1つのことに没頭したからこそ偉大な功績を残し歴史に名を刻んでいます。

習い事で本人の隠された才能が開花し、伸ばしてあげられたらとてもうれしいですよね。習い事は隠された才能を見つけるチャンスでもあります。

 

◆学校や自宅以外の居場所を作ることができる

学校に居場所を作ることができない子であっても、習い事では新しい居場所を作れるかもしれません。お子さんにとっては、本人が安心して過ごせる居場所がひとつでも多くあった方が良いのです。
 
「学校でイヤなことがあった」「お母さんにも言えない悩みがある」こんな時も、もしかしたら習い事の先生や友達には悩みを打ち明けられるかもしれません。自分の悩みを打ち明けられるチャンスは多い方がいいです。

 

発達障害の子に習い事をさせるデメリットとは?

 

◆うまく馴染めないとストレスが増える

新しい場所を苦手とする子が、習い事に慣れるのは時間も労力もかかります。そのため習い事の内容よりも「新しい場所には行きたくない」と強いストレスを感じてしまう場合があります。

習い事がストレスとなってしまうと、隠れた才能を引き出すどころか、その習い事に関するものには抵抗感が強くなり、関わることができなくなる可能性が高いです。お子さんの様子を注意深く観察しながら、決して無理強いしないようにしましょう。

 

発達障害の子の習い事は、お子さんの気持ちを優先させてあげましょう

 
発達障害の子に習い事をさせることは、メリット・デメリットがあります。

メリットとしては、隠された才能を伸ばしてあげられる、新しい居場所を作れることなどがありますが、その反面、ストレスを感じる可能性もあります。
 
気をつけなければいけないのは、お子さんに無理強いをしてしまうこと。小さなことでもお子さん本人の気持ちを聞いて、それを優先してあげてください。

お子さん自身は習い事をしたいのか、また始めた習い事はこのまま続けたいのか、慎重に様子を見てあげてくださいね。
 

この記事の編集者
田中 繁 / 発達障害コミュニケーション指導者
中学・高校とハンドボールに熱中し、高校では全国ベスト16、インターハイ春夏出場を達成しました。その分、勉強はホント苦手で…。高校受験もギリギリまで部活をしていて、いざ受験勉強を始めても、どこから勉強していいのかわからず、時間ばかり無駄にしていました。そこからお願いした家庭教師の先生に、一から勉強のやり方を教わってからは成績もメキメキ上がり、無事志望校に合格することができました。誰でも悩みや不安は必ずあると思います。自分の経験も踏まえて、一番親身にお応えしますので、いつでもご相談くださいね。

ピックアップ

© 2020 家庭教師のあすなろ