~パラリンピックW杯メダリストが語った「逆境を跳びこえて世界へ!」~

第2回:佐藤真海さん

2010夏開講特別授業第2弾

第2回 あすなろ特別授業☆

今回の特別授業の講師は、あのパラリンピックで日本中に感動を与えてくれた、佐藤真海さん!
骨肉腫という病気を乗り越え、アスリートを目指してガムシャラに努力した日々のお話。
勇気を分けてもらえること間違いなし!これは必読です…

1982年3月12日生まれ。宮城県気仙沼市出身。
パラリンピック走り幅跳び選手。サントリービジネスエキスパート(株)勤務。

2004年9月 アテネパラリンピック9位
2005年5月 パラリンピックワールドカップ(英国)4位
2006年5月 パラリンピックワールドカップ(英国)銅メダル
2007年5月 パラリンピックワールドカップ(英国)4位
2008年3月 九州チャレンジ陸上競技大会(熊本)にて
走り幅跳びの日本記録更新(4m46)
年9月 北京パラリンピック6位

『夢を跳ぶ~パラリンピック・アスリートの挑戦~』(岩波ジュニア新書刊)
『ラッキーガール』(集英社刊)
『パラリンピックがくれた贈り物』(佐々木華子著/メディアファクトリー刊)

早稲田大学の応援部チアリーダーズに在籍中(当時19歳)、
骨肉腫という病気により、右足が義足の生活になった佐藤真海さん。

何度も挫折を繰り返し、辛い闘病生活に耐えながらパラリンピック・アス
リートとしてスポーツを続けることを決意!つねに目標にチャレンジする
心を忘れることなく、努力を続けた真海さんは、みごとパラリンピック
日本代表として選出されました!

そんな真海さんから、
「困難にぶつかってもあきらめない心」「目標に挑戦し、達成する喜び」
などを生徒さんに直接伝えてほしくて、今回の特別授業を企画しました☆

佐藤真海さんが教えてくれた4つのこと

中学から始めた陸上で『県大会出場』を目標に努力した真海さん。
中学2年生の時にみごと、1500mで県大会の決勝に進出し、8位入賞。

そのときに身を持って感じたことは『自分で立てた目標を達成することって
こんなに嬉しいことなんだ!』
ということ。

19歳で骨肉腫になり、右足と楽しい大学生活を失って落ちこんでいた
真海さんを、ドン底から救ってくれたのも「目標」だったそうです。

「また目標を持てばつらい状況から抜け出せるかも!」と
大好きなスポーツを再開することを決意。たくさんの障害や挫折を
経験しつつも、パラリンピック日本代表に選ばれるまでになったんです。

真海さんは目標に向かって努力する自分を大好きになり、
今では目標に向かうことが毎日の幸せになっているそうです。

みんなにも、どんなささいなことでもいいから、自分で立てた「目標」に向かってガムシャラに取り組んでほしいな☆

中学時代から『文武両道』を目標にしていた真海さん。

陸上と勉強を通して
『がんばった分だけ自分に返ってくること』
『つらい時期を乗り越えた先に成長が待っていること』
を知ることができたそうです。

スポーツと勉強を両立して早稲田大学に合格した真海さんは
『勉強ってスポーツ以上に“やった分だけ返ってくる”もの
だから、文武両道って本当は難しくないんですよ』

と教えてくれました。

「勉強も部活の両立はとってもたいへん!」と思っている君にも、きっとできる!すごく勇気をもらいました。

右足を失っても、パラリンピックアスリートの夢を
追い続けられたのは、小学校~大学までの“目標に向かって努力し、
達成する”経験があったからだといいます。

小学生3~6年生のとき、通っていたスイミングスクールの
選手コースでコーチから言われた一言。
「目標をクリアすることってカンタンなことじゃないんだ!気持ちで
負けない強い選手になれ!」

この一言で、スポーツの厳しさを知り、目標へ向かって
努力することを意識するようになったそうです。

≪目標を達成する≫という経験を1回でもすれば、
また次も必ず頑張れる!

自分の目の前に目標を作って、1つひとつガムシャラにステップ
アップしていくことが、将来かならず活きてくると教えてくれました。

小学生・中学生・高校生くらいのときの経験ってとっても大事なんです。ガムシャラに努力したことは自分に返ってきます。

「神様はその人に、乗り越えられない試練は与えないんだよ」

手術後、真海さんの一番の支えになった言葉で、お母さんから
教えてもらったそうです。

「この苦しい試練を乗り越えれば、出会ったことのない
自分に会える!」

辛くて押しつぶされそうなときも、この言葉を信じて
がんばることができたそうです。

言葉のチカラってすごい。みんなも、チカラの原動力のような言葉に出逢える機会は必ずあるはず!!
動画で見る!直撃インタビュー

特別授業を受けた生徒さん・お母さんから

生徒さん編★印象に残ったエピソードは?

・佐藤さんが落ちこんでいた時に母がかけてくれたといっていた『神様は乗りこえられない試練は人にはあたえない』という一言。感動しました!!

・前向きに生きていこうという心。

・びょうきになった後、立ちなおって、陸上をやり始めたこと。ぼくも陸上をやっているので印象に残った。

生徒さん編★今日から活かしたいと思ったことは?

・自分自身を見つめ直すこと

・もうすぐある第二回定期テストへ向けて、目標を立ててがんばっていきたいです!

・自分一人で何でもできるようになること

お母さん編★特別授業の感想をお聞かせください

・辛い時の精神力をUPする時、どうしたらよいかとか、自分はどんな感じでのり越えてきたかお話を聞けた

・困難に陥った時に子供の頃の経験が大切とのお話があり、まったく同感です。今後の家族での教育を考えさせられます。

・無料でこのようなセミナーに参加できたこと、とてもラッキーでした。ありがとうございました。本当に感動し、子どもだけでなく自分の勇気にもなりました。

・今回のように、自分をふりかえり、がんばるキッカケとなるお話を今後もぜひ聞かせて下さい。

アンケート

一人ひとりが夢を跳べ!!ーみんなの挑戦ー

たくさんのご意見・ご感想ありがとうございました。あすなろは今後も、勉強と心の成長をサポートする家庭教師として、今回のような機会をどんどん増やしていきたいと思います!

どんどん届いています!感動の声TOPへ

10/31(火)までの限定企画!
お急ぎください >>くわしく見る