中学生の勉強法トラブル、おまかせください!

勉強トラブル

「成績が下がる一方…。うちの子、このままで大丈夫?」
こんな風に、中学生の勉強のことでお悩みのお母さんも多いはず。
実はそれ、勉強の“やり方”が原因かもしれません。
そこで、こんな勉強のトラブルを乗り切るために、
お子さんにピッタリの“やり方”、見つけてみませんか?
今すぐ見つけたいお母さんはコチラ>>
あすなろグループ代表?井上 智嗣
家庭教師のあすなろは30年目を迎えます。
その中で培ったノウハウをもとに、できるだけ
短時間で自主的に勉強できる“やり方”を
提案します。今こそ“やり方”をつかんで
勉強トラブルを一気に解決しましょう!

中学の授業では『昨日のおさらい(復習)』と『明日の準備(予習)』を先生がやってくれます。テストも教科書の基本的な内容の問題が多め。ただし、5年生からは中学での数学の基礎となる文字式や図形に関する内容が入ってくるので授業が「わからない」と感じるお子さんが増えてきます。

予習・復習で自主的に勉強して授業に臨むことが必要とされます。定期的にテストが行われ、内容も小学校に比べて応用問題の比率がアップします。その結果が成績にも反映されるため、早めに自分で効率的な勉強の“やり方”をつかんでおかないと、一人ひとりの成績の差は大きく開いてきます。

中学の授業の進め方は中学校と同じで、予習・復習が必須。必修科目も増え、難易度も上がるため、授業のペースを速く感じるお子さんも多いはず。2年からは文系・理系にコースが分かれる学校が多く、卒業後の進路を設定した上での勉強の“やり方”が人生の分かれ道となってきます。

中学に入ると、塾などで勉強時間を増やしているお子さんも多いことと思います。でも実は…、中学生の「10人中8人のお子さんが自分に合った勉強の“やり方”をつかめてない」とも言われているんです。“やり方”をつかめないまま学年が上がることで、さまざまな勉強トラブルを引き起こしてしまいます。一番のトラブルは学習の基礎

となる「家庭学習」の習慣が身につかないこと。
自主的に勉強ができないと、予習・復習はもちろん、テスト勉強も一人では困難です。そうなると
成績アップも望めません。さらに、成績不振がしばらくの間続くと、やる気が落ちる原因にもなってきます。少しでも早く、お子さんにピッタリ合った“やり方”を見つけましょう!

どうすれば解決できるの?
15分でできる予習・復習のやり方で習慣づけ! ふだん何気なくやっている家庭学習の習慣を、ほんの少し変えるだけで勉強のトラブルは解決できる!まずは家庭学習を見なおす!くわしく見る
2.わかる問題までさかのぼることで苦手克服!得意科目の勉強のやり方を苦手科目にも応用!「こうすればできる」という気づきを増やしていくことで、苦手が得意に変わる!? くわしく見る
3.テスト前は“苦手”と“出る”に絞って総復習!いかに効率の良いテスト勉強をするかも、テストで良い点数を取る手段の一つ。苦手と出るポイントに絞れれば、想像以上の効果も! くわしく見る
4.相性ピッタリの先生がやる気をサポートお子さんが“やる気”になる環境とはいったい…?家庭教師業界で初となる『やる気の芽を育てる言葉がけ』を指導の中で実践中!くわしく見る

中学生のピッタリのやり方がわかる無料のお試し授業

▲ このページのTOPへもどる