• 電話番号0120-562-955(無料)受付時間13:00~23:00土日祝OK

  • お考えの方へ
  • 会員の方へ
  • 登録

夏休みの「勉強しなさ~い!!」が激減する!?その理由

夏休みシーズンも いよいよ本番!

夏休みもあっという間に一週間が過ぎようとしていますが、ご家庭ではどんな夏休みを過ごされていますか?
あすなろでは毎年この時期になると、お母さんから
「実は夏休みって憂うつなの…」
という声を耳にすることが少なくありません。

なぜなら、お子さんは遊びに行ったり、帰ってきたかと思えば ゲームや友達とのLINEに夢中…。
ダラダラしている姿ばかり目についてしまうからです。

「夏休みだし、多少は大目に見てあげよう…」と思ってはいても、やっぱり勉強のことが心配になってつい、 「宿題はやらなくていいの?」「少しは勉強しなさい!」と強く言ってしまう…。
せっかく楽しいはずの夏休みなのに、イライラが倍増したり、親子ゲンカになってしまったりすることもあるのです。

ですが、実は…!
“言葉のかけ方”をほんの少し変えるだけで、みるみる“やる気”になり、自分から机に向かうようになる方法があるんです!

とは言っても…お母さんは毎日家事やお仕事をされてお忙しいことと思いますし、 「“言葉のかけ方を変える”なんて、今はいちいち考えている暇がない!!」というのが現状だと思います。

そんなお母さんの代わり…といっては本当におこがましいのですが、私たちあすなろに お手伝いをさせてください!

あすなろは夏休みも「無料の体験授業」を行っています。
体験を受ける時間は ご家庭の都合に合わせて好きな時間が選べます。
もちろん、家庭教師をやるやらないは別でかまいません。

この夏休みを利用して、今、あまり勉強に興味が持てないお子さんが、どんな“言葉がけ”や“教え方”で変わるのかを実感してみませんか?


体験した方からはこんな嬉しい声が届いています。

夏休みを利用して、体験授業を受けたお子さんの声をご紹介します。

  • 「勉強がイヤでサボってばかりだったけど、やろうという気持ちになった」
  • 「勉強が楽しい!って思えて、やる気が出てきた!」
  • 「問題が解けた時、とっても嬉しかった~。初めて「もう一問解こう」という気になった」

これはほんの一部ですが、このように「やる気になった」、「勉強って楽しい」という声をたくさんいただいています。

その様子を見たお母さんからも…

  • 「教えてもらってどんどん自信がついた顔に変わってきて嬉しかったです」
  • 「勉強嫌いの息子も先生に受け入れていただけたことで前向きになったようでした」
  • 「娘の表情がみるみる変わっていくことに本当にオドロキ!!」

といったお子さんの変化を嬉しく感じてくださっています。

普段だと毎日の授業があるので、体験授業でせっかく“やる気”になっても、それを持続するにはエネルギーが必要…。
だからこそ、 授業の進まない夏休みこそ絶好のチャンス☆

実際の体験を受けていただければ、 これから先の夏休みが驚くほど変わるはず☆私たちの29年の実績とメンツにかけてお子さんのやる気を引き出して変身させてみせます!!



「本当にそんなことできるの?」とお思いの方へ

実は、家庭教師で初となる“やる気を引き出す魔法の言葉がけ”をお子さんとのコミュニケーションや指導の中に取り入れています。
そうすることで、お子さんのやる気を最大限に引き出すことができ、結果的に成績アップにつながった実例が数多くあります。

あすなろが実践する“言葉がけ”は『アドラー心理学』をもとに考えられています。心理学というと難しく感じるかもしれませんが、アドラー心理学は「勇気づけの心理学」とも言われ、普段の生活にとても身近な心理学です。

☆アドラー心理学って…?
オーストラリア生まれで、19世紀末~20世紀始めに活躍したアルフレッド・アドラーという人物が提唱した心理学。最近日本でもアドラー心理学の本がたくさん出ているので、すでにご存知の方もいらっしゃるかもしれません。そのアドラー心理学が大切にしているのが“勇気づけ”です。 ※“勇気づけ”は、「困難を乗り越える力を身につける」ことだと考えるとわかりやすいかもしれません。

その中では、やる気は新たに起きるものというより、 もともとお子さんの中にあるもの。
「それをどうやって引き出すか」ということが大事!的確な言葉がけをすることで、その場限りではないやる気を持続できます。


この夏休み、「勉強しなさい!!」と言ってしまう前に…

この夏休み、なかなか勉強しない姿を見て「少しは勉強しなさい!!」と言ってしまう前に、一つだけ実践して欲しい言葉がけがあります。

それは、「できていないこと」よりも 「できている」ことに目を向け、それを子どもに伝えることです。

なぜかというと、子どもの気持ちの中に少なからず「勉強をしていない自分」に罪悪感を感じていることがあるからです。大人である私達にも経験があるように、それを指摘されるとたちまちやる気はくじかれ、本能的に反発した行動をとってしまうのです。

そうではなく、お子さんの「できているところ」、「良いところ」を伝えることで注目された行動の頻度が増します。それとともに、子どもの中に自信が生まれ、「勉強もやってみようかな」という気持ちを引き出すことができるのです。

夏休みに効果的な言葉がけのヒント

  • 「夏休みに入って、部活、すごい頑張ってるよね~!」
  • 「○○ちゃんとのLINE、盛り上がってるね♪わからない宿題も二人で相談したらできそうじゃない!?」
  • 「お手伝いしてくれて、すっごい助かってるよ♪」 などなど…

この言葉がけは、家族や友達のように「普段、お子さんを近くで見ている」身近な人からの言葉であるほど効果的です☆お子さんにやる気を出してもらいたい時など、ちょっとだけ取り入れてもらえると嬉しいです。

お子さんが反抗期で、「会話は必要最低限」、「言っても聞いてくれない、無視される」というご家庭もあるかもしれません。
そんな場合も、「勉強しなさい!!」という言葉より 何倍も“やる気”を引き出す方法はありますので、ぜひあすなろにご相談ください。

これからも、私たちあすなろは勉強をただ教えるだけでなく、お兄さんお姉さんのようにお子さんの気持ちに寄り添いながら、お子さんを気持ちの面からサポートしていきます!

体験授業でお会いできることを
心より楽しみにしています☆



12/25(水)までの限定企画!
お急ぎください >>くわしく見る