• 家庭教師のあすなろ わいわいスタッフブログ いつも笑顔が絶えないあすなろスタッフ。そんなスタッフの素顔をブログを通して、紹介していきます。随時更新していきますのでお楽しみに!
わいわいスタッフブログ
May 20, 2019 12:56 PM | りゅう 不登校

不登校訪問員の柳(りゅう)です。

 

前回、日光浴することでセロトニンが増え「うつ」を防げるというお話をしましたが、今日はその日光浴の効能についてお話したいと思います。

 

 

不登校のお悩みでよく聞くのが、お子さんの生活リズムが昼夜逆転してしまっている、ということ。

 

 

そんなお悩みを解決する1番効果的な方法は...

 

 

なんと 日光浴!!

 

 

 

夜になると眠くなるのは、睡眠ホルモン「メラトニン」が分泌されるから。

 

夜、パソコンやテレビなどの強い光を浴びてしまうと、メラトニンの分泌量が減ってしまい、「眠ろうと思っても、眠れない」症状が出てしまいます。

 

 

通常、私たちは朝起きて行動することで、太陽の光を浴び体内時計をリセットし、1日を24時間という一定のリズムに調整しています。

 

 

朝、強い光を浴びると、メラトニンの分泌が抑制されます。

 

メラトニンは抑制されてから、14~16時間後に再び分泌され始めるので、夜になると眠くなるというサイクルが保たれているのです。

 

 

ですから、昼夜逆転生活をなんとか改善していくには、

まず日光浴をして、体内時計をリセットすることが必要!

 

 

 

日光浴することで得られるメリットは、まだまだたくさん。

 

 

代表的なことが、太陽ビタミンとも呼ばれるビタミンDの生産

 

 

ビタミンDは、日光浴すると体内で作られます。

 

 

良く知られていることではありますが、ビタミンDは骨の形成に必要な大切なもの。

 

 

お子さんはまだ中学生で育ち盛りですから、丈夫な骨を作っていくためにも太陽の光を浴びることがいかに重要か,

おわかりいただけるのではないでしょうか?

 

 

 

日光浴することで得られるメリットをまとめてみると、

 

●セロトニンを分泌し、うつ気分を解消

 

●体内時計をリセットし、昼夜逆転生活を解消

 

●ビタミンDを生産し、丈夫な骨を作る

 

 

 

他にも、ビタミンDが低下すると記憶力や思考力も落ちてしまう、という研究発表もあります。

 

 

 

不登校のお子さんに限らず、強力なUV対策をしがちな女性、朝からオフィスで働くサラリーマンなど、現代人はほとんどの人がビタミンD不足になりがちと言われています。

 

 

天気のいい休日には、家族全員でお日様の光をたっぷり浴びられるような休日を過ごすことをおすすめします。

 

 

write: りゅう 不登校 コメント(0)
May 13, 2019 1:42 PM | りゅう 不登校

不登校訪問員の柳(りゅう)です。


今日は、うつと食事についてお話しようと思います。


お子さんは、お母さんが用意した食事をちゃんと摂っていますか?

 

もしかしたら、自分の好きなものばっかり食べて、食事をちゃんと取らないでいる、なんてこともあるのではないでしょうか。

 

 

実は、「うつ」は食べるもので、気分を軽くすることができるんです。




ストレス解消物質である「セロトニン」がカギ!


ある実験では、不登校に悩むお子さんは、他の子に比べて脳内のストレス解消物質である「セロトニン」の分泌量が少ないという結果が出ています。

 


この「セロトニン」ですが、

なんと食べるもので増やすことができるんです!




「セロトニン」を分泌させる万能な食べ物とは?


まず、「セロトニン」を作るためには、多くのタンパク質に含まれている「トリプトファン」という成分とビタミンB6が必要です。

 

また、「セロトニン」を分泌させるセロトニン神経がうまく活動するためには、ご飯やパンといった炭水化物も不可欠。


トリプトファンと聞くと難しく感じてしまうかもしれませんが、

身近な食品で摂取することができます。

 

 

■チーズやヨーグルトなどの乳製品

■豆腐や納豆などの大豆製品

■ピーナッツやアーモンドなどのナッツ類

 

 

そして、ビタミンB6を多く含む食品は、

 

■さばやアジなどの、青魚

 

 

この四種類には、トリプトファンが多く含まれますので、なるべく食卓に出す頻度を高くすることをおすすめします。

 

 

 

 

 

さらに、おやつには積極的にバナナを食べることがおすすめ!

 

なんとバナナは、「トリプトファン」もビタミンB6も両方含まれている万能食なんです!

 

 

バナナ入ヨーグルトの上に、砕いたアーモンドを散らしたものなんて、最強のおやつなんですよ。

 

 


「セロトニン」「トリプトファン」など成分名でいうと難しく感じてしまいますが、手軽に摂れる食品が多いので、意識して取り入れさせてあげると、うつ気分を軽くしていくことができます。

 

 

そしてさらに!

 

セロトニンを増やすのに効果的な方法があります。

 

 

それはなんと、日光浴!

 

朝日を15分浴びると、セロトニンが分泌されます。

 

 

晴れていない日や、外に出ないなんていう場合でも、朝、カーテンを開けるだけでも違います。

 

 

ぜひ試してみてください。

 

 

 

日光浴には他にもいろいろな効能がありますので、それはまた次の機会にお話しますね。



その他にも不登校に関するお悩みや、もちろん勉強に関してのお悩みなどあれば、お気軽に柳(りゅう)までご相談ください。

 

write: りゅう 不登校 コメント(0)
May 6, 2019 11:49 AM | りゅう 不登校

不登校訪問専門員の柳(りゅう)です。

今回はこどもの「うつ」に関してお話ししたいと思います。
現在悩まれている方はもちろんのこと、それ以外の方にも知っていただきたいことですので、最後までお読みいただけたら嬉しいです。


うつ病(気分障害)は、きちんと治療すれば快方に向かいますが、放っておいたり不適切な関わりをすると悪化する怖い病気

特に中学生くらいの年齢では、大人とは違った症状が出ることもあるので、保護者の方が正しく理解しておくことが非常に重要なのです。


そこで、今回は、子どもの「うつ」を見分けるポイントをご紹介します。
特に、現在不登校のお子さんをお持ちの保護者の方には、ぜひチェックしていただけたら、と思います。

***************

元気のなさ
・不登校になりかけの頃、平日だけでなく週末になっても元気がない

・朝、すごく調子が悪そう

睡眠にまつわる症状
・朝ものすごく早く起きる

・寝ている途中で目が覚めてしまう

・夜、眠れない

食欲のなさ
・食欲がなく、体重が減少してしまう

・年齢にみあった、体重の増加がない


好きだったことが楽しめている様子がない
・何事にも無気力になっている


イライラ感
・不安感や焦り感がみられる

・イライラが目立つ(これは、子ども特有の症状)

***************


これらの症状が2週間以上続いたらうつ病を疑い、小児科や心療内科、精神科の受診を早期に行なってください。

子どものうつは、まず周りが《うつ》と発見してあげることが、とても大切です。

「もしかしたら、うちの子、うつかも?」と気づき、病院に行って《うつ》と診断されたら、

「うつだったら、焦っても仕方ない。ゆっくりやっていこうね」

など、まずはいたわりの言葉をかけてあげてください。

焦って治そうと思うと、お子さんはその気持を敏感に感じとってしまうので、注意してくださいね。

あとは、お子さんにあった治療法を見つけてあげればいいのです。

・カウンセリング ・服薬 ・食事療法 

など、最近では様々な方法があります。

最近では、考え方を変えていく療法を行う病院もあります。

1つの治療法に固執せず、

お子さんに合った療法が見つかるまで、なんでも試してみよう!

...と、多少は気軽な気持ちでいてあげると、お子さんも《うつ》に向かい合うことができます。

うつの治療の第一歩は、お子さんが信頼できる人に自分の苦しい状態を話すこと。

お子さんとって、信頼できる人を探す、または話し相手になってあげるなど、自宅でもできることはあります。

ゆっくりと温かく、お子さんを見守ってあげてくださいね。

 

write: りゅう 不登校 コメント(0)
April 22, 2019 12:31 PM | 不登校

こんにちは

家庭教師のあすなろの柳です。

 

もうすぐGW。今年は10連休ということもあって、お子さんもご家族の方たちも連休を楽しみにしているのではないでしょうか?

 

ですがGW明けは不登校が一気に増える時期でもあります。

 

今日は連休中はもちろんなのですが、日常生活の中でもお子さんのために心がけていただきたいことをお伝えします。

 

 

 

 

最近、不登校のお子さんと接していると、感じることがあります。

 

それは、不登校になっている原因が、学校でのトラブル、友だちとの関係などではなく、

 

「自分に自信が持てない」

「他の子と比べて、自分には優れたところがない」

 

など、《自分に対して自信喪失してしまった》という理由であること。

 

つまり、自分を肯定できなくなっている子が増えているんです。

 

このようなことで悩んでいる子たちほど、すごく「真面目」な子たち。

 

ひとつの物事を真剣に悩んで考え、答えをだそうと必死になるあまりに、身動きができなくなってしまっているんだな、と感じます。

 

ですが、その力をプラスに変えていけたら、どうでしょう?

 

本来、真面目で、一生懸命考えるチカラをもっている子です。

 

自信をもつことができるようになれば、人生を誰よりも有意義にしていくことができるんです。

 

 

お子さんに自信をつけてあげるため、この連休中にお母さんやご家族の方にやっていただきたいのが、なんでもないことでもたくさん褒めてあげる!ということ。

 

中学生になると勉強や部活で、

 

・やってもなかなかできないこと

・「できない、どうしよう」と思うこと

 

がとても増えます。

 

そのためにだんだん自信喪失してしまうことが多いので、「自分には他にいいところがたくさんある!」と、気づかせてあげることがとても大切なんです。

 

お子さんがゲームが好きなら、「どうやるの?」とちょっと見せてもらう。

中学生のコントローラーの操作は、見ているとびっくりするくらい上手ですよね。

 

そういったとき、「えー、すごい!!達人なんだね!凄すぎる!!」と言ってあげて欲しいのです。

 

他にも、お子さんがずーっとLINEしているようなとき、「もう、スマホばっかり」と言うのではなく、「友達と仲いいんだね。うらやましいなぁ」など、お子さんがやっていることを認めてあげてください。

 

こんなふうに、連休中だけに限らず日頃からどんどん褒めてあげることで、お子さんの自信を少しずつ取り戻してあげることができるんです。

 

 

 

私たちあすなろでも、自分に自信をもてないすべてのお子さんに対して、

 

・小さくても「できること」を増やしていけば、その小さな積み重ねがやがて大きな「自信」に変わっていくこと

 

をアドバイスしています。


実際、勉強を進めるときには、《自分にカンタンにできること》から、勉強を始めます。

 

そうすることによって初めて、「自分でも、やればできる!」という気持ちを持つことができるからです。

 

前向きな気持ちがないと、人生がつらくなるばかり。

 

「自分なんか、どうせやってもできない」と思っていたら、どんな小さなことにも気持ちが萎縮してしまい、何をやっても失敗するという、負の連鎖におちいってしまうのは、当然のことです。

 

そんな気持ちを、なんとかしてあげたい!

その思いこそが、私たちあすなろの原動力になっていますし、もちろんお母さんこそ、もっともっと、その気持ちが強いと思うのです。

 

お子さんの気持ちを盛り上げてあげつつ、楽しい連休を過ごしてくださいね。

 

 

 

 

 

 

write: 不登校 コメント(0)
April 15, 2019 12:28 PM | りゅう 不登校

不登校訪問専門員の柳です。


桜も散り始め、新学年になって2週間が過ぎましたね。

不登校のお子さんは、学年の変わり目は再登校のキッカケになることが多いです。

ですが、注意も必要 だということをご存知でしたか?


現在不登校のお子さんだけでなく、多くのお子さんにもあてはまることなので、ぜひ読んでいただきたいと思います。


*************************************************


1.「新しい環境だから頑張ろう!」
気負いし過ぎていませんか?


「今まで不登校だったことを知らない人ばかり。新しい友だちを作って頑張ろう!」
そんな気持ちになっていると思います。


環境が変わるというのは、不登校の子にとって大きなキッカケにもなりますが、反面、新しい環境になじめるかどうかという不安もあると思います。

特に、この春から中学・高校に入学するお子さんは、卒業したばかりの頃は新しい生活に期待を胸に膨らませていたと思いますが、入学式が近づくにつれて不安な気持ちが大きくなる子が多いのです。

イライラしたり、そわそわしたり。落ち着きがなくなってきたら注意が必要です。

入学直前になって不安な気持ちになっているかもしれません。
お子さんが、この春から楽しい新生活を送るためにも、お子さんと今一度話して、今の気持ちを聞いてあげてください。



2.一人ぼっちになっていませんか?

これから中学・高校に入学するお子さんは、期待半分、誰でも友だちができるか、新しい環境に馴染めるか不安に感じているものです。
その中で一緒に生活をしながら友達関係を築いていくものですが、学年が変わりクラス替えがあるお子さんは特に注意が必要です。

「既に前の学年で仲の良いグループがあって輪に馴染めない」
「仲の良かった子とクラスが変わってしまい話す人がいない」

こんなことから、せっかく再登校したのに再び不登校になってしまったり、今まで不登校の心配のなかった子も不登校になってしまうこともあります。


新学期が始まってすぐのお子さんの様子や発言を聞き逃さないでくださいね。そこにお子さんからのSOSがあるかもしれません。

*************************************************


新学期は、再登校の大きなキッカケにはなると思います。

ですが、
・なぜお子さんが不登校になってしまったのか
・再登校できない理由は友だちや環境のせいなのか
をお子さんと話してみてください。

「勉強の遅れ」も再登校を引きとめている要因の一つと言われています。
私たちはそのお手伝いを得意としています。

不登校のお子さんの不安な気持ちを理解しながら、無理なく勉強の遅れを取り戻して、楽しい学校生活が送れるようサポートしますので、お困りのことがあれば、いつでもお気軽にご相談くださいね。

write: りゅう 不登校 コメント(0)
April 11, 2019 1:00 PM | 不登校

こんにちは!

お日様はポカポカと暖かいのですが、まだまだ油断できない寒さの日もありますね。

季節の変わり目には体調を崩しがちですので、風邪などひかないよう十分気をつけてくださいね!

不登校のお子さんでかなりの割合を占めるのが【朝気分が悪い】という症状...
ひどいときには朝吐いてしまうお子さんも。


学校で気分が悪くなり吐いてしまった経験があるお子さんは、それがきっかけで「学校に行ってまた吐いてしまったらどうしよう...」と、嘔吐することに不安を感じて学校に行けなくなることが多々あります。


⇒こういった症状が続く場合
念の為に小児科や心療内科などで一般的に体の調子が悪くないかみてもらうことが重要です。
具合が悪いことが負担となり、ストレスが余計にかかり嘔吐することもあるので、まず体のチェックをすることをオススメします。


体の調子が悪くない場合には、
心の問題が大きいです。
子どもはまだ嘔吐中枢が未熟なので、吐きやすかったり、特に思春期には急激に身長が伸びたり、ホルモンバランスもうまくいかず貧血にもなりがちですので、気分が悪くなることはよくあります。しかし、無理強いすると余計嘔吐に対する恐怖が大きくなるので無理をさせないことが大切です。

特に、【においに敏感】になるので、朝食は軽めにする・再登校する際も給食は一番最後にチャレンジする、といいと思います。
せっかく再登校できても、学校の給食のにおいで気分が悪くなり、または再び吐いてしまったりすると、さらに長い不登校につながることもありますから。


◎小児科や心療内科、精神科では嘔吐の恐怖に対するお薬が出ることあります。
お薬を服薬して、吐き気に対する不安がなくなり実際に気分が悪くならなければ再登校できることも多いので、お医者さんの指示に従ってしばらく服薬してみるのも効果的です。

write: 不登校 コメント(0)
April 1, 2019 11:49 AM | りゅう 不登校

こんにちは。

不登校訪問専門員の柳(りゅう)です。

 

今日は不登校のお子さんだけでなく、遅刻がすごく多い、朝なかなか起きられない、などのことでお悩みの方にも読んでいただきたい、睡眠の質についてのお話をします。

 

 

お子さんは毎日、充分に眠れていますか?

 

たとえ毎日同じ時間だけ眠っていても、「よく寝た」「あんまりよく眠れなかった」など、睡眠の質がその都度違うことは、お母さんも実体験としてよくご存知だと思います。

 

では、「あんまりよく眠れない」と感じていると、身体にどんな害があるのでしょうか?

 

これも、睡眠不足だった時、自分はどんな状態になったか?を考えてもらうとわかります。

 

・イライラする

・疲れやすくなる

・根気が続かなくなる

 

この3つの症状は、誰しも経験のあることです。

 

つまり、毎日8時間眠っているとしても、「よく眠れなかった」と感じる日が1週間も続けば、睡眠不足による弊害が身体に出るということなのです。

 

 

この状態が毎日ずーっと続いてしまったらどうなるでしょう?

 

中学生の生活で考えると、

 

イライラするから、学校や先生に対して必要以上に反抗的になる

・疲れやすいから、授業や部活動が辛いだけの時間になってしまう

・根気がなくなるから、何事に対してもがんばれない

 

こういった状態になっていくのです。

 

 

一時的にこんな風になってしまうことは、誰でも経験があると思います。

でもこんな状態が1ヶ月以上も続いてしまうと、「もう学校へは行きたくない」と、不登校になってしまう場合がとても多いのです。

 

 

今、学校に通っていても、睡眠不足が原因で不登校になってしまう可能性は誰にでもあります。

お子さんはもちろん、お母さんやご家族の方全員が、「よく寝た」と思える毎日を送れるよう、睡眠に対して意識を高めてみて下さい。

 

 

もちろん、不登校のお子さんにこそ「よく寝た」と思える毎日を送っていただきたいのですが...。

 

そのためには、

 

・睡眠の質

・睡眠の時間

・睡眠のリズム

 

この3つを整える必要があります。

 

 

なかでも不登校のお子さんは不規則な生活や昼夜逆転生活によって、睡眠のリズムがめちゃくちゃになってしまう場合がとても多いです。

 

まずは、不規則な生活をなんとかリズムのあるものにしていく。

 

これが一番初めに手っ取り早く考えられる対処法です。

 

具体的な方法としては、30分づつ寝る時間、起きる時間をずらして、最終的には朝7時に起きるような普通のリズムに戻していく。

 

こんな風に学校に行ける時間までリズムを戻したら、そのまま学校に行けるようになる子もいます。

なによりも、《学校に行くことが苦にならない生活リズム》に戻せたことで、お子さんの気持ちも変わっていきます。

 

 

長期休みの場合は、不登校でなくても生活リズムがくずれます。

 

長期休み中の気をつけ方としては、学校が始める2週間前になったら、学校に通っているときと同じ時間に寝て起きる、というリズムに戻す。

すぐに戻らない場合は、30分ずつ戻していく。

こうすることで、長期休み明けの不登校を防ぐことにもなります。

 

たかが睡眠不足と言ってもあなどれません。

睡眠の時間、質、リズムについて、ご家族みなさんで一度話してみてくださいね。

 

write: りゅう 不登校 コメント(0)
March 28, 2019 1:39 PM | りゅう 不登校

こんにちは、不登校訪問専門員の柳(りゅう)です。

不登校の子のご家庭に体験授業に行くと保護者の方からよく聞かれることがあります。


それは、

「学校に行けるようにするには、どうしたらいいの?」

という質問です。


「早く学校に行けるようになってほしい」
「どう伝えたら学校に行けるようになるのか」

というお母さんのはやる気持ちもわかります。


ですが、体験授業でも皆さんにお伝えしているのですが、このブログを見て頂いている方にもわかっていただきたいことがあります。


それは、不登校は決して甘えでもサボりでもない、ということです。


まず忘れてはいけないのが、ほとんどの不登校の子が「学校に行けていない」事に傷つき悩んでいる、ということです。

もちろん、「早く元気になってほしい」と子を想うお母さんの気持ちもわかりますが、自分の意志で「学校に行こう」という気持ちができるまで、焦らず見守ってあげることが重要なんです。


お子さん1人で考えても、どんどん悪い方向へ考えてしまい、解決しない事が多いです。


このブログ内の「不登校のお子さんと、楽しく会話ができるコツ!」という記事でもご紹介していますが、まずは、お子さんと楽しく会話をしながら、少しずつ悩みを聞いてあげてください。そうすることで、思い詰めていたお子さんの気持ちがスッキリし、次への行動へとつながります。


私たちあすなろは、お子さんの気持ちを理解しながら、学校の授業に遅れていることへの不安を取り除いたり、勉強に対する自信を作ることを得意としています。

そういった積み重ねが、学校に行こう!という気持ち作りにつながればと思っていますので、「早く学校に行ってほしい」とお悩みのお母さんはぜひ、私たちあすなろにご相談くださいね。

write: りゅう 不登校 コメント(0)
March 18, 2019 11:46 AM | りゅう 不登校

不登校訪問専門員の柳です。


3月も中旬になりまして受験もひと段落ついてきました。
今年もたくさんの「合格したよ!」という喜びの声をいただき、私たちスタッフも心から嬉しく、励みになります。
きらきらきらきら皆さん本当におめでとうございますきらきらきらきら

そして、来年度の受験生・家庭教師ともに一丸となって、ご期待と信頼を裏切らないよう、気を引き締めてまいります!


さて、春休みを挟んでしまえばすぐに新年度・新学年のスタートです。
よく言われることですが、春休みなどの長期休みといえば大きく2つの特徴があります。それは...

①    不登校になりやすい時期
②    再登校しやすい時期

の2つです。
内容は真逆の2つではありますが、共通して言えることは
【環境や心情の変化が起きやすい時期】ということです。

そこで!
今回は長期休みをチャンスに変える!簡単な心がけをみなさんにお話ししたいと思います。



■長期休みを「チャンス」に変える簡単な心がけとは?


新年度というとクラス替えをはじめ環境の変化が多いことから、よく

・学校に慣れるのにストレスがかかる
・新学期の疲れが出やすい

と言われます。

新年度に否定的な意見も多いのですが、裏を返して考えるとどうでしょう。

不登校の子に限らず、毎日登校している子どもたちでさえ、新しい環境に慣れるのに必死な時期なんです。



そう考えると、新年度はみんなが同じスタートラインにそろうタイミング。
つまり、普段不安に感じている《みんなより遅れてる感》も気にしなくて良い、再登校には絶好のタイミングと言えるのです。

そこで!お母さんにこの春休み中にぜひ実践していただきたいことがあります!
それは...


【心の充電をしてあげること】です。

いきなり分かりづらい表現ですいません・・・ただ、長期休み明けに復学できる子が多いのは、これが大きな要因となっているのです。


■心の充電って?

不登校の子は、普段は「学校に行かなくちゃ...でも...」というストレスをずっと抱えながら過ごしています。長期休みは当然みんな休みなので、そのようなストレスはありません。

この、いつも抱えているストレスを軽減して、ゆとりを持たせてあげることが【心の充電】です。

お子さんが抱えているストレスは、不登校のことだけではありません。中学生には中学生なりのストレスが、大人と同じ、もしくは大人以上にたくさんあるのです。

でも!工夫次第でどんどんストレスから解放されるように促すことが出来るんです。


お母さんからの具体的な働きがけとしては、

1日に褒める回数を
2回増やしてあげること

です。

1回はお子さんへ、もう1回はお母さんご自身に対してです。

しかし、長期休みの家での過ごし方というと、あまり褒められたものでない場合が多いと思います。時には小言を言いたくなることもあるかもしれません。

ですが、その気持ちを我慢して、どんな些細なことでも構いませんので、お子さんのちょっとした成長を褒めてあげてください。
出来れば本人が何か達成したり、成し遂げたことに対して褒めてあげると、自信につながるので効果が高いです。

そして!ここが重要。

その日のお子さんを一生懸命観察して褒めてあげることが出来たお母さん、そんな頑張ってるお母さんご自身も褒めてあげてください。

なんでもないことのようですが、これが毎日出来るようになってくると、お母さんも自分に対してとても自信が持てるようになるんです。

そしてそのお母さんの自信が、お子さんにも伝染します。

この自信こそが【心の充電】につながり、「自分はできる!やれる!」と自信に満ちていくことが、復学の大きな後押しになるのです。

・早起きしたこと
・お手伝いしたこと
・食べ物を残さなかったこと

どんな些細なことでも構いませんので、ぜひ声かけしてあげて、現状を変える良いキッカケ作りをしてみてはいかがでしょうか?


私たちの体験授業も、お子さんの自信をつけてやる気を引き出すキッカケとして多くの方に喜ばれています。
いつでも、柳(りゅう)までご相談くださいね。

write: りゅう 不登校 コメント(0)
March 11, 2019 1:38 PM | 不登校

こんにちは!あすなろの柳(りゅう)です

 

今回は、実際に不登校でお悩みのお子さんのご相談を受けてきた内容をお話ししたいと思います。

 

 

今回伺ったのは、埼玉県川口市のヒロ君。4月から中学2年生になった男の子です。

 

ヒロ君は、中1の5月くらいから体調を崩してしまい、それからなかなか学校に戻るタイミングを失ってしまったようで、現在は不登校状態にあるとのこと。

 

ヒロ君のお母さんにも色々と様子を伺わせていただきました。

中でも、毎日不安でいっぱいのお母さんが特に心配されていたのが、本人の"勉強の遅れ"でした。

 

というのも、元々ヒロ君は平均以上の成績だったので、このまま授業に遅れていってしまうのはお母さん的にも「すごくもったいない」という気持ちでいっぱいだったのです。

 

 

お話を伺って、ヒロ君やお母さんには"不安を取り除いて安心させてあげること"がなによりも重要だと感じました。

 

 

お母さんも本人も、やはり今後の将来に関しての不安でいっぱいでした。

 

そこで、

・実際にヒロ君と同じ状況から打開できているお子さんがたくさんいるということ

・ヒロ君が遅れている分を取り戻すための具体的な「勉強のやり方」

・まだまだ十分に将来の可能性があるということ

 

この3つを伝えてあげると「大丈夫なんだ!」とヒロ君もお母さんも安心してくれた様子でした。

 

 

ただ、実際に勉強の遅れを取り戻すには、今まで以上に「頑張り」が必要なことも伝えました。

それを聞いたヒロ君は「絶対頑張る!」と言ってくれました。

 

そんなヒロ君の様子をご覧になってお母さんも安心していただけたようで、僕もすごく嬉しかったです。

 

 

これからもヒロ君が着実にいい方向にいけるように、

僕たちあすなろスタッフも一緒に精一杯頑張りますのでよろしくお願いします!

 

write: 不登校 コメント(0)

【家庭教師のあすなろ】体験授業

120分無料体験授業

2019年5月

      1 2 3 4
5 6 7 8 9 10 11
12 13 14 15 16 17 18
19 20 21 22 23 24 25
26 27 28 29 30 31  

勉強お役立ちブログ更新中!

ナベ先生のおもしろ勉強道場

スタッフ紹介

猫ブログやってます

あすなろ公式猫ブログ「あすにゃろ日記」

Facebook

最新記事

ブログのテーマ

そのほかリンク

あすなろの強み

ページトップ