• 『 ベルリンの悲しい歴史 』

November 3, 2014 1:36 AM なべさん

皆さんこんばんはきらきら笑顔きらきら

ナベさんですピース(日曜日にお会いできましたっ汗)

 

日曜日も終わりですね~まったり

しかしっ笑顔

明日は文化の日祝日ですね!連休の2日目どんな日でしたか??

 

そうそう、11月9日は何の日か知っていますか本

 

 

正解は、『ベルリンの壁崩壊の日』

今年25周年だそうです。

 

当時、ナベさんは10歳まったり。ニュースで男の人がハンマーで壁を壊すシーンを見ました。

今も覚えています。

 

さて、何のために『ベルリンの壁』はできたのでしょうか??

 と、いうわけで、

今週は『 ベルリンの悲しい歴史 』でっす!

 

第二次世界大戦の後、敗戦したドイツは、連合軍(アメリカ、イギリス、フランス、ソ連)によって西ドイツと東ドイツの2つの国に分断されます。

東ドイツはソ連が統治することになりますが、ベルリンだけは東ドイツにありながら、東ベルリンと西ベルリンに分けられ西ベルリンだけは西ドイツに属するというややこし~いやられたー状態。

 

資本主義の西ドイツと、社会主義の東ドイツ

 

 

東ドイツの経済が悪化していく中、西ドイツと西ベルリンの経済はどんどん成長を続け、生活も豊かになっていきます。

 

まだ行き来が自由だった東ベルリンと西ベルリン。

自由で豊かな暮らしを求めて西ベルリンにたくさんの人が亡命していきます。

 

国の存続の危機を感じた東ドイツは、東の人々が西に逃げられないように西を封鎖しようと考え、

 

― 1961年8月13日

一日の時間も掛けずに西ベルリンと東ベルリンの境界線は封鎖され最初の壁が西ベルリンをぐるりととり囲む壁ができます。

 いきなり"あの"壁が出来たわけではなく有刺鉄線で最初の壁を作ったんだってさ。

 

 

この壁ができて自由に行き来は出来なくなり家族、友人、恋人ともう会えなくなってしまった人たちがたくさんいたんだって。

 

 

朝起きたら、もう家族と会えない。

想像できる??

 

運命の日から28年間

この越えられない高い冷たい壁は存在し続けます。

 

では、今回はココまで!

 

 

来週は、『ベルリンの悲しい歴史②~ベルリンの壁の中の生活は...???~』でっす困った

 

この三連休。

 お父さまやお母さまの貴重なお休みのなか、体験によんでいただいて本当にありがとうございますっあげあげ!!

感謝ハート!!!!

この三連休だけで訪問させていただくご家庭が明日の予定を合わせると50件を超えておりましたっ!!

お問い合わせいただいたご家庭の皆さま本当にありがとうございますっ!!

 

そして、渡邊も『全力で感動をプロデュース!』させて頂きますっピース!

 

やる気のきっかけは以外に簡単で、『出逢い』かもしれませんまったり

 

いろいろ失敗してきてしまったお子さんこそ、是非あすなろを試してみてくださいっ(>u<)!

お会いできることを楽しみに、それでは、また来週です~ピース

 

自転車

write: なべさん コメント(0)

コメント

【コメントの投稿】

【家庭教師のあすなろ】体験授業

120分無料体験授業

2018年10月

  1 2 3 4 5 6
7 8 9 10 11 12 13
14 15 16 17 18 19 20
21 22 23 24 25 26 27
28 29 30 31      

勉強お役立ちブログ更新中!

ナベ先生のおもしろ勉強道場

スタッフ紹介

猫ブログやってます

あすなろ公式猫ブログ「あすにゃろ日記」

Facebook

最新記事

ブログのテーマ

そのほかリンク

あすなろの強み

ページトップ