• 電話番号0120-562-955(無料)受付時間13:00~23:00土日祝OK

  • お考えの方へ
  • 会員の方へ
  • 登録

【科目別】成績アップのヒント集

今すぐ使える数学の裏ワザ

数学の計算スピードを上げるマル秘テクニック

突然ですが、問題です。【2648×5】を計算してください。

「いやだな・・・」って思いました?
ぱっと見て、暗算ができないようなかけ算を解くには、紙に一桁ごとにかけ算をして・・・。 「いやだな・・・」って思いますよね。ただ、式を分解し、並べ替えて、整理することで計算がスゴ~く楽になります。

今回はそんなテクニックを3つご紹介!

①(偶数)×5のときは、偶数を2分割して式を整理
たとえば「2648×5」このままでも計算できるが「2648=1324×2」と分割して計算すると楽になります。 つまり、
2648×5=1324×2×5=1324×10=13240

②(偶数)×(5の倍数)の場合
16×35=8×2×35=8×70=560

③(4の倍数)×25の場合
444×25=111×4×25=111×100=11100

このように「5の倍数」が入った計算は工夫できることが多いので要チェックです。「へぇ~」って思ったら、お友達にも教えてあげてくださいね!

数学のニガテな文章題を解く3つのポイント

文章題を解く時、長い文章だと「難しそう」という印象をうけませんか?
でも文章の長さは、問題の難しさには関係ないんです。
むしろ長い文章の方が、問題を解くためのヒントがいっぱいあるんですよ!今回は例題を交えて、ご説明したいと思います。

【例題】長いすが21脚ある。この長いすに生徒が□人ずつ座っていくと、最後の21脚目だけは△人になった。生徒の人数を表す式をつくりなさい。
文章は長いですが、一つずつ整理していきましょう。

【ポイント】
①長い文章は「、」とか「。」で区切って読む!
・長いすが21脚ある
・この長いすに、生徒が□人ずつ座っていく
・最後の21脚目だけは△人になった
・生徒の人数を表す式をつくりなさい

②□や△などの分からない部分を適当な数字を入れて式を作ってみる!
(例えば:□→5人 △→3人)
最後の一脚を除いたほかの長いすに、生徒が5人ずつ座っているので、20脚には5人(□人)ずつ座っていることになります。
20脚×5人
最後の21脚目には3人(△人)座っている。
1脚×3人
生徒の人数は上の2つの式を足したものなので
20脚×5人+1脚×3人
もうこれでほとんど出来たようなものですね^^

③置き換えた部分を元に戻す!(5人→□ 3人→△)
20脚×□人+1脚×△人。脚や人などの単位をとり、数字と文字の掛け算は「×」を消すので20□+△。ハイ、できました^^
実際の数字を入れることで、イメージしやすくなりましたよね♪※他にも図や絵に描いてみるのも良いでしょう!

文章題の配点は高いので取りこぼすのはもったいないです。
まずは数字をあてはめたり、図にしてイメージしてみてくださいネ☆

数学の確かめ算を短時間でできる方法

「今回のテストはできた!」と思っていても、答案が返ってくると、簡単な計算ミスで減点されて、結果が悪かったという経験はありませんか?

計算ミスを防ぐ・答えが合っているかどうか見直すためには、確かめ算をするのが一番だとわかっているのに、実際のテストでは時間が限られているので、一から計算をするには、むずかしいですよね。

そこで…
答案を見直す時に、大きな効果を発揮する秘訣を2つご紹介します。

①「一の位だけ足し算をする」
たとえば「43+352+31+3294+438+123+193=3903」
これをはじめから計算しなおしたら、時間が掛かるし、不正確です。
そこで、まず一の位だけ足してみてください。
つまり、3+2+1+4+8+3+3=24
この一の位と3903の一の位が揃わないので、 「3903は間違い」であるとすぐにわかりますよ。

②「概算する」
「43は40」「352は350」「3294は3300」というように概算して、確かめてみると40+350+3300+440+120+200=4450
数字が大きく上回っているので、「3903は間違い」だと気づくはず☆

こんな工夫をすれば時間に余裕ができ、 問題を解く正確さも増します。せっかく勉強しても、ちょっとしたミスで点数を落とすのはもったいないです。次のテストではぜひやってみてくださいね。

どこでもできる計算ゲーム

電車に乗る時、切符を買いますよね。その切符をよ~く見ると書いてある4ケタの数字!コレを利用した計算ゲームをご紹介します!

【4ケタの数字を+-×÷を使って【10】にするゲーム】
例えば【1528】だと…、2×8=16、16-1-5=10みたいな感じです。切符以外でも、車のナンバーや電話番号の下4ケタなどでもできます。必ずしも【10】という答えを導き出せなくても、計算スピードや暗算力をつける上で有効でかつ、学校の行き帰りにもできるのでオススメです☆

あすなろのスタッフで、このゲームを実際やっていったのは10人中6人。なんとその6人は数学が得意なんですよ!知らない間に暗算が得意になるハズ☆

数学の長い文章問題にはヒントがいっぱい!

数学の文章問題では、問題文が短くて一見簡単そうに見えても、
解いてみると難しいことがよくあります。

ですが、長い文書問題は文章の中にヒントがたくさん含まれています。問題が長ければ長いほど、いろいろな条件が与えられているので、自分で考える量が少なくてすみます。

実は試験問題の出題者は、生徒がしっかり問題のパターンを理解していれば解けえるように問題を作っているので、長い文章題では、つい親切に説明してしまうことが多いようです。

問題文が長いからといって、あきらめるのではなく、まずは簡単だと思って、ゆっくり解いてみましょう!
長い文書問題は、配点が高いので、解かなきゃ損ですよね(^_^)v

成績アップのヒントはまだまだたくさん!無料の体験授業やってます!


5/31(木)までの限定企画!
お急ぎください >>くわしく見る



5/31(木)までの限定企画!
お急ぎください >>くわしく見る



ページトップへ