• 電話番号0120-562-955(無料)受付時間13:00~23:00土日祝OK

  • お考えの方へ
  • 会員の方へ
  • 登録

中1のお子さん必見★中学生になって後悔しないために知っておきたい

小学校と中学校の違い

中学に入って成績が上がる子・下がる子、コレが分かれ道!

この春、中学生のお子さんをお持ちのご家庭へ

女性スタッフイラストこのたびは私たちのHPをご覧頂き、どうもありがとうございます。
お子さんもこの春からいよいよピカピカの中学生☆
中学生になるにあたり、「部活は何部に入るか?」「友達はちゃんとできるかな?」など、気になり始めてくる頃だと思いますが、中でも一番気になること言えば、やっぱり「勉強」のことですよね。

悩む母イラスト毎年、最初の中間テストが終わる6月くらいから
「小学校の時はできたのに、中学に入ったら成績が下がった…」
「小学校のテストだと、いつも80点は取れてたのに…」

など、“小学校と中学校の違い”で悩むご家庭からたくさんご相談をいただきます。ですが、こういったケースは決して特別なことではありません。

これは、中学校に上がる前に“ある違い”を知らなかったことが原因です。
その違いを知っておけば、今からでも準備できることはたくさんあります!

その前に9歳の壁

では、小学校と中学校ではどんな違いがあるの?

女性スタッフイラストこのページをご覧のみなさんは、小学校と中学校の勉強において、
実際にどのような違いがあるかをご存じですか?
「学年が上がって、勉強がちょっと難しくなるくらいじゃないの?」
と思われている方も多いハズです。 ※実際、私もそう思っていました(^^;
で・す・が!実は、大きくわけて“3つの違い”があるんです。

①小学校と中学校の“授業”の違い

進め方について

小学校教科書は薄く、生徒全員がきちんと理解できるよう復習も兼ねた内容で進められるため、授業さえしっかり聞いておけば悪い点を取ることはまずありません。

こう変わる!!

中学校授業ごとに毎回新しい内容に入っていくので、復習の時間はあまりありません。前日の内容が次の日のテストに出るということも…。「授業で触れた」=「すでに理解した」というスタンスで進められ、授業について行けない子も3割ほど出てきます。

授業時間について

小学校授業時間は一般的に40~45分。普段、家では勉強をしないお子さんでも授業中にしっかり先生の話を聞くことができれば、テストでも高得点が期待できます。

こう変わる!!

中学校授業時間は50~60分と小学校に比べて長くなります。この10分~15分の差というのは子どもにとっては大きいものです。いかに集中して授業を受けられるかが求められます。1日の時限数も多くなるので、気持ちを切り替えて授業に臨むことも重要です。

②小学校と中学校の“科目”の違い

科目数の増加

小学校新学習指導要領により英語の授業が小学校にも導入されましたが、小学校で習う英語は、勉強というより『体験型』の要素が強くなっています。

こう変わる!!

中学校英語は体験型のものから学問の英語としての位置づけになります。また、算数も数学になり、数学では文字式を使うようになり、ここで一気につまずいてしまう子も多いです。定期テストでは副教科のテストも実施されるため、勉強量は一気に増加します。

科目ごとに担当の先生ができる

小学校小学校では担任の先生が全授業を行います。生徒と一緒にいる時間が多く、慣れ親しんだ先生なので「わからないことも質問しやすい」というメリットがあります。

こう変わる!!

中学校各科目ごとに担当の先生が教えてくれます。ですが、その担当の先生によって好き嫌いがあったり、週に何度の授業でしか接する時間もないので、「わからないことがあっても質問しづらい」といった状況が頻繁に起こってきます。

③小学校と中学校の“テスト”の違い

テスト範囲が広くなる

小学校小学校では大体1ヵ月に1回テストが行われるのが一般的。小テストや漢字テストは優劣を決めるためではなく、授業の復習としての要素で行われることが多いです。

こう変わる!!

中学校二期制・三期制で異なりますが、一般的には年に5回、「中間テスト」・「期末テスト」・「学年末テスト」などがあります。(※課題テストや実力テストが行われる学校もあります。)単純計算しても、テストの範囲は小学校の1.5倍~2倍です。

確実に上がるテストのレベル

小学校小学校は基本重視の傾向にあるため、難しい思考力が必要とされる問題は出ません。単元の確認テストのようなものが多く、100点を取れる子も多いようです。

こう変わる!!

中学校成績が5段階評価になるため、テストでは基本と応用力が問われます。暗記や公式をあてはめるだけの勉強では平均点も狙えません。いろんな解法の中からどれを使うかを自分で考え、そして解くスピードも気にしながら解かなければなりません。

 さらに…、こんな違いもあります!

部活動の有無

中学では多くのお子さんが部活動に参加するようになります。部活動を通して学べることはたくさんあり、とても価値のある活動ですが、力を入れるあまり、成績が下がる子が多く見られます。「中学に入って部活を頑張りたい!」と今からお考えのご家庭は、勉強との両立が何よりの課題になります。


両立させる秘訣は、疲れていても効率良く、毎日続けられる方法を見つけるべし!

お子さん自身の変化

中学生は人生の中で最も多感な時期でもあるため、勉強以外のことに目が向きがちです。小学生の頃とは考え方も変わり、親の言うことを素直に聞けなくなり、自分のこと(友達関係など)を最優先させてしまいがちです。そんな時期だからこそ、親子間のコミュニケーションをうまく取ることも大切です。


思春期という難しい時期。
親子で勉強や進路について語り合う環境を作るのも大事!

ここまでお読みいただいて、、、いかがでしょうか?まだピンと来ない部分もあったかもしれませんが、ざっと挙げただけでもこんなに違いがあるんです。

スタッフイラスト中でも、一番の違いは③のテストの違いです。
中学校では「小学生で習った範囲をすべて理解できている」という前提で授業が進められるため、小学校の勉強で「ヌケ」がたくさんある子は、中学校の授業で初めて、「自分が理解できていないこと」に気づくのです。そうなってからでは、周りの子との差も開いてしまいます。

下矢印下矢印下矢印下矢印下矢印下矢印下矢印下矢印下矢印

事実小学校と同じやり方・考え方では、中学の勉強では通用しません!
しかも、小学生気分を正してくれるような“面倒見の良さ”もないのです。

スタッフイラスト「うちの子は大丈夫だろう…」「その時になれば、きっとできるわ!」 お子さんのことなので、こういう風に思いたい気持ちはよくわかりますが、こんな考えが中学校での勉強のつまずきを生んでしまうこともあります。
「こんなハズじゃなかった!」と後悔しないためにも、
この4月が、勉強法を見直す絶好のチャンスです!

だったら、今、何をしたらいいの?

家庭学習の習慣づけまずは、中学校の授業を理解するためにも、
「家庭学習(予習・復習)の習慣づけ」は必須です!

お子さんは今、家庭学習を自主的に取り組めていますか?
小学校の時はなんとなく、いや、ほとんどテスト勉強をしなくても、80点くらいは取れたお子さんも多いかと思いますが、
中学校では予習・復習が毎日ちゃんとできるかどうかで、
本当にテストの点や成績が変わってきます。

だからと言って、1日何時間も勉強するのはとっても大変ですよね。

あすなろの家庭学習の習慣づけ私たち家庭教師のあすなろがオススメするのは、
どんなお子さんでも集中力の続く
「1日15分でできる予習・復習のやり方」です。
ポイントは、お子さん一人でも【毎日楽しみながら続けられること】です。今のうちにこのやり方を身につけておけば、これからも勉強法を変えることなくスムーズに中学校の勉強や授業に対応できるんです!

下矢印下矢印下矢印下矢印下矢印下矢印下矢印下矢印下矢印
今まで、予習・復習なんてしたことないし…

スタッフイラストそんな「中学1年生」のご家庭に、とっておきのお知らせ!

今なら、必ず役立つ!どんなお子さんでも集中力の続く
「1日15分の予習・復習のやり方」無料の体験授業で教えます!

4月の今がチャンス!やり方つかんで、
中学で“伸びる子”に大変身しましょう!

家庭教師イラスト≪最後になりましたが・・・≫
「中学校」という新しい環境に入って間もない時に、勉強のやり方で悩むことは、本当にもったいないことです。そんな時、相性ピッタリの先生が家庭学習の習慣づけから教えてくれることは、お子さんにとっても心強いことではないでしょうか。

少しでも「あすなろの勉強法を試してみたい!」と思われた方は、ぜひご連絡ください。お子さんのお役に立つことができると思います☆

8/31(木)までの限定企画!
お急ぎください >>くわしく見る