• 電話番号0120-562-955(無料)受付時間13:00~23:00土日祝OK

  • お考えの方へ
  • 会員の方へ
  • 登録

中1ギャップとチャンス

中一ギャップを中一チャンスに変えよう
「中1ギャップ」を知っていますか?

ご存知の方もいらっしゃると思いますが、小学6年生から中学1年生になったときに、学校生活や授業のやり方が小学校のころと全く違うため、新しい環境(学習・生活・人間関係)になじめないことから、学校生活にいろいろな問題が起きています。
このような現象は『中1ギャップ』と呼ばれていて、お子さんのことを心配する方も年々増えているんです。勉強面では…

  • ・英語が主要科目になる
  • ・算数が数学になって難しくなる
  • ・授業時間が45分から50分に増える
  • ・教科によって担当の先生が変わる

などの大きな違いと同時に定期テストや高校受験に向けての勉強など、小学校の時にはなかったプレッシャーを感じるようになります。

「中1ギャップ」があるとどうなる…?

勉強面の「中1ギャップ」では、変化についていけず、成績が下がってやる気をなくしたり、家での勉強の習慣がついていないため、授業についていけなくなるお子さんが増えてきます。
特に、中学1年生の2学期あたりから急激に成績が落ち始め、「どうして?」と感じるご家庭も少なくありません。

成績の変化

小学校のテストは、基本・基礎がしっかり理解できているかを確認するためのものでしたが、中学校のテストは、点数によって成績をつけることになるので、難しい問題が出題され始めます。
それが中学1年生の2学期あたりから始まるんです。

「中1ギャップ」を「チャンス」に変えよう!

せっかく希望を膨らませて中学に進学するのに、お子さんが『中1ギャップ』で悩んでいる姿は見たくないですよね。でも、この『ギャップ』をうまく乗り越えることができれば、自分を成長させる『チャンス』に変えることができます!

そこで!この『中1ギャップ』をチャンスに変えるためのポイントをカンタンにまとめてご紹介したいと思います。

中学校では、小学校のように、先生が生徒一人ひとりに対して手を差し延べてくれるということはほとんどありません。
基本的には自主的に勉強する姿勢(=自主性)が求められますので、多くのお子さんがここに小学校とのギャップを感じます。

つまり、中学生になる前の今から、 お子さん
自身が「これならできる!」と思える自分に合ったやり方を見つけることができていれば、中学生になった時に『教科によって担当の先生が変わっても、授業の進め方やテストの出し方などが違う』といったギャップも、自信を持って乗り越えることができるんです!

自分に合ったポイントを見つける

小学校では、授業の中で『おさらい(復習)』や『次の準備(予習)』を繰り返しやってくれますが、中学の授業では予習・復習がなくなり、授業ごとに勉強の内容は新しくなります。
その分、授業のスピードも当然速くなります。多くのお子さんがここに大きなギャップを感じます。

そこで!中学生になる前に、普段から予習・復習の習慣がついていれば、中学生になって、小学校と授業の進め方にギャップがあっても、悩むことはありません。

予習復習が習慣づけば、教科書の要点も押さえられ
るようになるので、授業の理解度も高まります。
だから、定期テストでもしっかり点数が取れるようになるんです。

楽しい中学生活を送るために!

一人の時でも勉強する習慣がついていれば、中学に入って『授業の中での予習復習』がなくなっても、勉強方法を変えることなく授業についていけます。テスト前もあわてることがなくなって、勉強だけではなく思いっきり部活にも打ち込むことができます!

もし、このまま中学生になることに不安を感じているのであれば、ぜひ一度私たちの勉強法を試してみませんか?

『お子さんにピッタリの勉強法』をアドバイスしています!
「中1ギャップ」を「中1チャンス」に変え、楽しい中学校活を送るためにも、ぜひ私たち家庭教師のあすなろにお任せください!

あすなろの指導を支える5本柱
ラクラク定着法
一人でもできる続けられる勉強法
やる気を引き出す魔法の言葉がけ
3つの強み
たった15分で勉強の効果を3倍に変える方法


12/25(火)までの限定企画!
お急ぎください >>くわしく見る



12/25(火)までの限定企画!
お急ぎください >>くわしく見る


ページトップへ