神奈川の高校情報
家庭教師のあすなろTOP神奈川高校情報横浜サイエンスフロンティア高等学校

受験生の皆さん、もう志望校は決まりましたか?
志望校選びの参考にと思い、神奈川県の人気校を調べて、オススメポイントや学校の情報をまとめてみましたので、ぜひご覧ください。

【こちらも注目!】
神奈川の方に家庭教師のあすなろが選ばれている理由を大公開!その理由はコチラ▼▼▼

≫神奈川の家庭教師ページへ

  • 横浜サイエンスフロンティア高等学校

こんにちは。

家庭教師のあすなろの受験合格サポーター、曽根です。

 

 

今回は、横浜市鶴見区にある「市立 横浜サイエンスフロンティア高等学校」をご紹介します。

 

 

横浜サイエンスフロンティア高等学校は、科学に特化した学校で、まだできて10年も経っていない新しい学校ですが、社会で活躍する科学者を講師陣として招き、多くの企業の支援を受け、豊かな学習環境に恵まれたスーパーハイスクールです。

 

通う生徒たちは、日本においてンリーワンの高校で学ぶという自負をもっていて「品性を高潔にして、博学篤志であれ」との校訓のもと日々学習と研究に取り組み、高校生活を楽しんでいます。

 

理数科高校としての特色のあるカリキュラムがあり、先端科学技術の本物に触れる学習が実践されています。

 

「先端科学技術の知識を活用して、世界で幅広く活躍する人間」を育てるため、SSH(スーパーサイエンスハイスクール)としての指定を受け、国からも高い評価を得ています。さらに新たにSGH(スーパーグローバルハイスクール)としての指定も受けています。SGHの指定により、より幅広い学びが可能となり、これまでにない人文科学、社会科学の課題研究も行うことができます。

 

授業のカリキュラムは、生徒たちがより深く科学を探求することができるよう、革新的に組まれています。そのうち4つのプログラムをご紹介します。

・SLは、サイエンスリテラシーの略で、総合的な学習の時間を使って行う課題探求型授業。

・OCPDは、プレゼンテーションやディベートを行い、実践的な英語力を培う授業。

・RSは、リーディングスキルの略で科学の題材を扱った英文読解です。

・PEは、プラクティカルイングリッシュの略で実用英語を学ぶというプログラムです。

 

 

■入試情報

 

内申、試験ともに理数系の得点が通常の2倍の基準となっています。またコミュニケーション、プレゼンテーションスキルも求められるため、自己表現の試験項目についても注意すべきです。

内容は自己表現というよりも資料をふまえた小論文といった内容が出題されています。資料が4つほどあり、その内容も高度ですので読解力も必要になります。

十分な時間をかけて試験の準備をしておきましょう。

 

 

横浜サイエンスフロンティア高等学校

〒230-0046 横浜市鶴見区小野町6

電話045-511-3654

 

 

どうでしたか?

もっと詳しく知りたい!違う高校の情報も知りたい!そんな方は、お気軽に曽根までお問い合わせください。

 

家庭教師のあすなろは、受験サポートも充実!

神奈川県の最新の受験情報や入試日程、内申点UPの秘訣もHPでご紹介!

詳しくはコチラ≫

 

神奈川トップページへ戻る>>

ページトップ