今すぐ電話をする
メニューを開く
塾でつまずきやすい3つのパターン

見出し:「塾」でつまずきやすい子、3つのパターンと「解決法」

せっかく選んで入った塾で後悔しないために

いざ塾を探そうと思っても、たくさんありすぎてどの塾にすればいいのか悩んだり、インターネットの口コミを見て余計に迷ったり…、というように、お子さんにピッタリ合う塾を探すのも、なかなか一苦労ですよね。

実際、「大手の塾で、家から近いから」,「評判がいいって聞いたから」など、塾のことをよく知らないまま、“とりあえず”で通わせてしまうご家庭もいらっしゃることでしょう。その結果、あとになって後悔する方も少なくありません。

せっかくの大切な時間を使って選んだのに、通い始めてから後悔して欲しくありません。そこで!塾を決める前に知っておくとためになる『つまずきやすい3つのパターン』をご紹介します。

塾でつまずきやすい3つのパターンとは?

理解できないまま、授業が進んでしまう

集団塾でよくあるのが、このお悩み。塾にはカリキュラムがあるので、お子さんのペースや理解度に合わせることができません。積極的に質問できないタイプのお子さんだと、わからないところがそのままになってしまい、塾での授業についていけなくなることも…。

先生の好き嫌いで、成績も左右されてしまう

勉強が苦手なお子さんにとっては、先生の好き嫌いで成績が変わることはよくあることです。ですが、ほとんどの場合、面倒見の良い個別指導塾であっても、お子さんと相性ピッタリの先生を選ぶことができないのが現状です。

勉強するのは塾でだけ。家ではゴロゴロ…

塾に行くだけで勉強した気になり、家庭学習がおろそかになってしまうお子さんは多いようです。さらに、塾では家庭学習のやり方までは教えてくれないので、お子さんがどれだけ自主性をもって机に向かえるかが重要になります。

「うちの子も、こうなりそう…」と思われた方へ

カンタンではありますが、塾でつまずくパターンを3つほど挙げてみました。これを読んだだけでも、「うちの子、こうなりそう…」と少し不安に思った親御さんもいらっしゃるのではないかと思います。

ちなみに、塾でつまずきやすいお子さんのタイプには…

  • 学校の授業が理解できていない
  • 自分から進んで勉強しない
  • 家庭学習の習慣がついていない
  • テストでは平均点以下が多い
  • 学校の宿題を毎回提出できない
  • 勉強が面倒くさいと思っている

などのような特徴が挙げられます。

ですが!!塾や家庭教師を選ぶ前に、
私たち家庭教師のあすなろなら、
この『3つのつまずきポイント』は
解消できるんです!

塾選びは、この方法を知ってからでも遅くありません!

実際、塾をご検討中の親御さんにも「塾選びのヒントになった」「半信半疑だったけど、予想以上にタメになった」という声もたくさんいただいています。

あすなろの『つまずきパターン解決法』

理解度バッチリお子さん中心に進められる授業は置いていかれる心配もなく、理解度に差が出ます!

お子さんのペースや理解度に合わせて、丁寧に教えます。お子さんの表情や返答の様子を見ながら指導ができるので、消化不良になることもありません。以前に習った分野でもさかのぼることで理解が定着し、「できる!」という自信を生み出します。

相性バッチリ指導力・人柄に優れた14万人から
厳選した相性ピッタリの先生で、やる気・成績UP!

成績UPの秘訣は、ズバリ先生との相性。家庭教師のあすなろでは、指導力はもちろん、人柄ともに優れた14万人の家庭教師の中からお子さんの性格や学力、ご家庭のご希望に合わせたピッタリの先生を厳選してご紹介しています。

習慣づけバッチリ「一人でできる」から続けられる!お子さん一人の時でも勉強が楽しく続けられる工夫

塾と家庭教師が決定的に違うのは、家庭学習の習慣づけからとことん指導できること。どんなに忙しい子でも予習・復習が1日15分でできる『あすなろ式ラクラク定着法』をはじめ、お子さん一人でも楽しく、そして無理なく続けられる工夫があります。

今なら、無料の体験授業でお試しできます!

少し長くなってしまいましたが、ここまでお読みいただいた方の中にも、「結局、どうすればいいのかわからなくなった」、「ますます混乱した」、「家庭教師はもともと考えてないし…」という方もいらっしゃるかもしれません。

そ・こ・で!
私たち家庭教師のあすなろは、塾選びの判断材料の一つとして、お子さんに一番ピッタリの勉強法とはどういうものか、ハッキリわかる!『無料の体験授業』をやっています。

私たち家庭教師のあすなろの29年目の実績にかけて、
『お子さんが成績を上げられるやり方』を必ずご提案します!

私たちの教え方に本当に共感してもらった時だけ、一緒にがんばっていきたいと思いますので、少しでも「違う」と思われましたら遠慮なく断ってくださいね。家庭教師をする・しないは別として、まずは“やり方”を体験してみてください。