発達性ディスレクシアの子が数学の公式を簡単に覚えられたワケとは?

最近指導した中1のアスカくんの指導で嬉しいことがありました。

アスカくんは学習障害(発達性ディスレクシア)を持っていて、なかなか数学の問題が出来ませんでした。
Xの概念を教えようとしてもなかなか理解出来ず…。何度教えても、公式が覚えられず悪戦苦闘の日々でした。そんな中、なんと!夏休み中に公式をがんばって覚えてくれたんです♪

後日アスカくんのお母さんから、
「先生が書いてくれた公式の紙を濡れないようにビニールに入れて、お風呂で何度も復唱してたんですよ!」と聞いて、本当に嬉しくなりました。

工夫したところは、アスカくんは文字からの認識が人よりも弱いということが教えていく中で分かったので、覚えやすいように数字や文字ではなく、図形にして公式をイメージさせるやり方に切り替えてみました。
このやり方が発達性ディスレクシアのアスカくんにピッタリだったのと、繰り返し声に出すことで、公式を暗記できるまでになりました。

学習障害のことを勉強していく中で、目や耳からの情報収集の中で、どれかはその子に合ったものがある!ということを学びました。改めて、教える側の工夫が大切だな!と痛感しました。
そして、ひたむきに何ごとにも取り組もうとしてくれているアスカくんにパワーをもらえました(^^)

次の目標は繰り上がり・下がりの計算です。ここまで出来れば方程式が解けるようになるので、アスカくんがんばっていこうね!!

学習障害のお子さんに限らずですが、お子さんそれぞれの特性に合った学び方があります。25年以上の指導経験を活かして、それを引き出せるのが私たちの強みです。学習の仕方でお悩みのことや、行き詰っていることがありましたら、ぜひ私たちにご相談くださいね。

学習障害(LD)の最新記事