発達障害別の教え方

ADHD特有の様子は見られませんか?

  • 不注意なミスが多い
  • 忘れ物やなくし物が多い
  • 計画的に行動するのが苦手
  • 相手が話し終わるのが待てず、
    話し始めてしまう
  • 授業中に席を立ってしまう
  • 落ち着きがなくじっとしていられない

ADHD(注意欠陥・多動性障害)のお子さんは、注意力や集中力がない、待つことが苦手、落ち着きがなくじっとしていられないといった特性があり、「不注意」「多動性」「衝動性」の3つのタイプに分かれます。こういったお子さんの特性のことでお悩みや不安、ストレスを抱えている方の中には、なかなか人には打ち明けられない方もいらっしゃるかと思います。せめて、勉強のことだけでも私たちにお手伝いさせてください。28年の指導実績にかけて、お母さんのお悩みを解決してみせます!

わかっているのに、できない。もどかしい思いも

集中したいのにできない、カッと感情的になりたくないのに止められない、など自分をコントロールできなくて悩んでいるお子さんは少なくありません。さらに、ADHDのお子さんは傷つきやすく、周りから否定的な態度を取られてしまうと、さらに落ち込んでしまうことも。このような状況が続くと「自分はできないんだ」と自信だけでなく、感情が不安定になってしまいます。

また学習面においても、集中力が持たない、ケアレスミスが多い、計画的に勉強することができないことから、学年が上げるごとに成績が下がってしまい、勉強に苦労するお子さんも多いのです。

お子さんに必要なのは、特性に合った指導です

集団で行動する学校や塾では、お子さん一人ひとりにかける時間がないだけでなく、それぞれに合わせて勉強を進めていくことは困難です。そのため、お子さんが本来持っている能力を発揮させることができないことが多いのです。
こんな時こそ、お子さんに気持ちに寄り添って、お子さんに合った指導ができる私たちがもっともお役に立てます。

あすなろで教えているADHDの特性を持つ生徒さんも、はじめは集中が続かなかったり、勉強に自信が持てず、思うように成績を伸ばすことができない…という子が多くいらっしゃいました。
ですが、その子の特性にあった教え方をしてあげるだけで、驚くほど理解が深まり、やる気や成績を上げることができることを28年間の指導を通して実感しています。

もし、ADHD(注意欠陥・多動性障がい)の特性に当てはまる、もしくは勉強のことで不安な気持ちがありましたら、まずは私たちにご相談ください。お母さんの不安を解消し、お子さんが「これならできる!」と思えるお子さんにピッタリの勉強法を見つけてみせます!

ADHD(注意欠陥・多動性障がい)の特性にあった指導とは

あすなろでは、特性に合わせて、教え方を変えています。
がんばっているお子さんの努力を形にし、少しでも自信が持てるように丁寧にサポートします。ただ、いきなり「学校の授業」に焦点を当てるのではなく、段階を踏んだ指導が大切。「焦らず・ゆっくり・根気強く」教えられるのが、私たちあすなろのメリットの一つです。

ADHDのお子さんは、忘れやすかったり集中力がすぐに切れてしまうといった特性があるため、一度に指示をたくさん出したり、流れがつかめていない場合、何をすればいいのかわからず混乱してしまいます。
そのような特性は、一人ひとりの状況が異なるため、これまでに実際に行った指導の事例をいくつがご紹介させていただきます。

■集中力を高め、集中力を途切れさせない環境づくり

テレビやゲームなどを机の周りや目の届くところに置かないようにします。お子さんに集中してもらいたいときには、周囲からの刺激をできるだけ少なくするようにします。ご家庭の方にもテレビの音量を下げてもらうなどのご協力をお願いしています。)机の場所に関しても本当は部屋の隅を利用した三角コーナーがいいのですが、それが無理な場合には、視覚的な刺激が入りにくい場所に設置してもらい、集中力が続くようにします。

■具体的な指示を出す

指示を出すときに、できるだけ具体化するようにします。(絵に描く、順番に必要なものを並べる、チェックリストを作成するなど)ADHDのお子さんには、言葉だけの指示はなかなか伝わりにくいことがあります。視覚からの情報は受け入れやすいため、指示を具体化することがとても大事だと思います。

■気づいたらできるだけ早くほめる

問題が解けたとき、がんばって集中できたときには、すかさずその場でほめるようにします。(時間がたつと効果はかなり落ちてしまいます。)そのときには、お子さんと目線をあわせて、例えばハイタッチや握手のように喜びを大げさなくらい表現するようにします。

■小声でゆっくりわかるまで何度も話す

わからないところを理解させたいときに、つい大きな声になったり、早口になったりしがちですが、それは逆効果になってしまいます。できるだけ耳の近くでゆっくりとわかるまで小さな声で何度も話してあげるほうが効果的です。

この他にも、ご家庭の方や担当の家庭教師とあすなろスタッフと情報交換しながら、お子さんに一番合ったやり方を見つけていきます。もし、ADHD(注意欠陥・多動性障害)の特性に当てはまる、もしくは勉強のことで少しでも不安な気持ちがありましたら、まずは私たちにご相談ください。お母さんの不安を解消し、お子さんが「これならできる!」と思えるピッタリの勉強法を見つけてみせます!

ここ最近の指導事例をご紹介

実際に、私たちの特性に合った指導によって、個性や強みを発揮して大変身できたお子さんの指導事例をご紹介します。



あすなろのこだわりの指導

こだわりの指導
その1
歳の近いお兄さん、お姉さん的存在で、お子さんの視点で教えます!
発達障害のお子さんには、経験豊富なプロの先生が良いのでは?と思われがちですが、お子さんの立場からみると「大人は自分を叱る存在」「自分を否定する存在」と思っている場合も少なくありません。歳の近いお兄さん、お姉さんであれば、お子さんの目線で一緒に喜び合ったり、励まし合ったりできるので、むしろ勉強を教えるということに適しています。特に、あすなろの家庭教師は、過去に勉強でつまずいた経験や失敗を乗り越えた経験がある先生がほとんどなので、お子さんの気持ちにも寄り添うことができると自負しています!

こだわりの指導
その2
「魔法の言葉がけ」で、やる気を作ります!
発達障害をお持ちのお子さんへの言葉がけに関しては、お子さんの療育のためにも慎重に対応していく必要があります。あすなろでは、児童相談所で22年間ご家庭の悩みに応えてきた先生とグループ共同で制作した「魔法の言葉がけ」の冊子を参考にお子さんのやる気を高める言葉がけをしております。この言葉がけを続けることでお子さんの気持ちに自信とやる気がどんどん引き出されてきます。

さらにやる気を高めるため、達成感を体感できる、あすなろオリジナルのポイントカード『ポイ日誌』。テストの点数や毎日の勉強をすればするほどポイントが増えていくので、多くのお子さんにゲーム感覚で「楽しみながら勉強できる!」と大好評です!

こだわりの指導
その3

「予習復習計画表」で、やるべきことを明確に
あすなろでは発達障害をお持ちのお子さんが、先生が来ない日にも「家庭学習」ができるよう、学習のペースや授業に合わせて、予習復習の宿題量や計画を書き込める、あすなろオリジナル【予習復習計画表】を活用しています。家庭教師が一緒に一週間の目標と予定を立ててサポートしていきます。「予習・復習計画表」は一冊にまとまっているので、過去に立てた予定をすぐに見直すことができて、勉強の進め方やペースづくりに活かせます

こだわりの指導
その4
「指導報告書」で、最適な学習環境を整えます
指導報告書指導報告書毎月の指導報告書に、授業中の様子や、教科ごとの指導内容、反省点や今後の対策などを担当家庭教師が細かく書いて、保護者の方にお渡ししています。提出された指導報告書は、発達障害の専門スタッフが入念にチェックし、お子さんの最適な学習環境づくりのためにサポートを続けていきます。

この他にも、ご家庭の方や担当の家庭教師とあすなろスタッフと情報交換しながら、お子さんに一番合ったやり方を見つけていきます。
発達障害の特性に当てはまる、もしくは勉強のことで不安なことが少しでもあれば、まずは私たちにご相談ください。
お母さんの不安を解消し、お子さんが「これならできる!」と思えるお子さんにピッタリの勉強法を見つけてみせます!

さいごに・・・

発達障害の多くは、早期療育や適切なサポートを行うことで発達障害の特性が目立たなくなることもあります。また、得意分野を伸ばすことで、他の人を寄せ付けないほどの能力を発揮することもあります。
お子さんに必要なのは、お子さんに気持ちに寄り添って、特性に合わせた指導をすることなのです。その点に関して、あすなろでは長年で培った経験とノウハウがあり、指導経験豊富な先生も多数在籍しています。


もし、お子さんのことで心配なことがございましたら、解決する方法を一緒に探ってみませんか?
ご家庭の不安や悩みを共有し、ご家庭の皆さんと一緒になって考えることで、 その不安や悩みを軽減していく方法を一緒に探していきます。

今なら無料の体験授業を行なっています。ぜひ、私たちの指導・サポートを体感してください。お母さんの不安を解消し、お子さんが「これならできる!」と思えるお子さんにピッタリの勉強法を見つけてみせます!

とってもカンタン

お電話からのお申し込み

「まずはいろいろ相談して決めたい!」「悩みを聞いてほしい」そんな方はお電話が便利です!

お母さんの不安・悩みを解決します!まずはいちばんにお電話ください。

0120-562-955(無料)朝9時~夜11時 土日祝日も大丈夫です ※携帯電話からもかけられます


代表の井上(いのうえ)木村(きむら)まで「勉強についての相談がしたい」「体験授業を受けたい」と伝えていただくだけ!今なら!30分無料の電話相談が受けられます!

パソコンからのお申し込み