• 電話番号0120-562-955(無料)受付時間13:00~23:00土日祝OK

  • お考えの方へ
  • 会員の方へ
  • 登録

学年末テスト勉強のやり方

学年末テスト

学年末テスト勉強のやり方

「テスト範囲が広すぎて、どこから手をつけていいのかわからない…」
そんなキミに!オススメの【テスト勉強の手順】とそのポイントを紹介していきます。

テスト勉強に取り掛かる手順

手順例

  • 集中し勉強できる場所を見つける(勉強部屋・図書館など…)
  • 教科書、ノート、ワーク、配られたプリントなどをそろえる
  • 教科書・ノートを最初から目を通してみる
  • 色や協調されている重要なものを覚えているかチェック
  • 忘れていたら、その部分を別のノートにまとめる
  • 書き出した部分を中心に覚え直す

★解く問題(数学や理科など)

これらの問題は、朝、目覚めて数時間後脳が記憶を整理して、スッキリした後)にやるのが
最も効率が良いと言われています。教科書の問題は全て解けるようにしておくのが理想ですが、
それが大変な場合は、少なくとも基本問題だけはしっかり解けるようにしておこう!

★暗記問題(社会や理科など)

暗記は寝る前脳が記憶を整理する前)が一番記憶に残ると言われています。
教科書の太字とその前後を中心に暗記していきましょう。
見落としやすい所からの出題もあるので、注意深くチェックしましょう。
※ 副教科も、同様に覚えていくと良いでしょう。

学年末テスト対策のポイント

テスト本番までの計画をしっかり立てること!

学年末テストの範囲というのは、「学年の単元の総復習」である学校がほとんどです。
今までは一夜漬けで丸暗記してなんとかなった人もいるかもしれませんが、学年末は
1年間勉強してきた全分野が範囲なので、1日で勉強しようとしてもカバーしきれません。
「いつまでにどの単元を終わらすか」というテストまでの計画を立てて勉強を始めましょう。

※スケジュールの立て方を参考 ⇒学習計画を立ててみよう!

過去の定期テストの見直そう!

学年末テストに向けての勉強をするにあたって、1年間分の定期テストの見直しは重要です。
定期テストは、学習してきた分野の大切な部分を問題にしています。
過去の単元の復習をするためには非常に役に立つアイテムなので、過去の定期テストの問題も
もう1度解いて
みて、理解できているかチェックしておきましょう。

特に、テスト返却が行われたときに「この問題は出来が良くなかったな~」と
学校の先生が言っているのを耳にしたことはありませんか?

そんな場合は、「学年末テストで、もう1度出題してみよう!」と考える先生が多いようです。

手を動かして、書く練習もしよう!

せっかく覚えた知識でも、解答用紙に正しく書けないと点数に
なりません。覚えたことがちゃんと書けるようになっているか、
しっかり確認しましょう。
また、覚えていないところは何回も(手が痛くなるまで )書いて覚えるように努力しましょう。わからなかったことは先生に
質問するなど、そのままにしておかないことも大切です。

5教科以外の科目(副教科)の勉強もしよう!

ほとんどの人が5教科(国・数・英・社・理)の勉強中心に行っているかと思いますが、
学年末テストの場合は保健体育や技術家庭なども筆記試験があります。
これらの科目をおろそかにしていると内申にも響いてきます
暗記物だからと後回しにはせず、日頃から内容の確認をしていきましょう。

「高得点を取ってやるんだ!」という意識を持とう!

しっかり作戦を練って対策をとった後は、目標として試験本番で「○点を取る!」という意識
持ちましょう。少しムリ目な高い目標でも「ぜったい取るんだ!」という強い意志を持っていた方が
やる気アップにもつながります。

次へ進む