• 電話番号0120-562-955(無料)受付時間13:00~23:00土日祝OK

  • お考えの方へ
  • 会員の方へ
  • 登録

学年末テスト

国語

自分の分からない所をテストしよう!

範囲の漢字を自分でテストし、分からない所だけを覚えていきます。
文法は教科書の最初から混ざらないように一つずつ覚えていく。

テスト勉強用のノートを作ろう!

漢字・文法・歴史的仮名遣いなどを、授業ノートとは別ノートにまとめる。
もう1度ノートにまとめることで、より覚えることが出来ます。

教科書を読み返して、漢字を覚えよう!

試験範囲の文を暗記するほど読み返します。まず、読み返しで、漢字の
読みを覚えられます。次は読みを覚えた漢字を書けるように!
これでテスト範囲の漢字は完璧になりますよ。

プリントからも問題が出るぞ!

ワーク問題などより出ることもあるので、暗記しておくといい。
ノートやプリントを見なおして覚え、ワークを何度もやる。
範囲内の漢字は読み書き出来るようにしておくこと。

ノートの見直しにも時間をとろう!

国語は普段の授業を聞いていれば実力が出る教科だと思います。
なので、授業内容のノートが重要になります。
試験前には、漢字もチェックして、見直ししましょう。

読解問題は文の前後の関係が大切!

文法は演習、漢字は書き、読解は接続前後が大切なので「しかし・つまり」
などが出てきたら、前の文と後ろの文の関係を見ておきましょう。
傍線部は、その一文を読んで、前の文を読み返すのが良いと思います。

記述(きじゅつ)する問題は点数が高いよ!

記述式問題の配点が高いので、そこを集中的に勉強ると良いでしょう。
テスト範囲に出てくる漢字は、暗記するまで書き出して覚えましょう。
漢字の読みは、何度も文を読んで覚えましょう。

文章の登場人物の心情(しんじょう)を理解しよう!

漢字を全て暗記出来たら、小テストをして、間違った所を暗記し直す。
国語の文章は、登場人物の心情が大切です。
諺や慣用句、意味の難しい単語を覚えると良いでしょう。

正解するまで繰り返そう!

ノートを見直しながら、特にことわざや慣用句、わからない単語の意味、
登場人物の心情を中心に見直すとよい。漢字はとにかく書いて覚えます。
自分でテストして、正解するまで繰り返しましょう。

もったいないミスを無くすように、何度も解こう!

テスト範囲の教科書は、何度も音読して、漢字と文章を覚えます。
ワークを解いて問題になれることも大切です。
問題を解いて、おしい問題やもったいないミスを無くしていきましょう。

次へ進む