発達障害の子のための家庭教師|勉強の遅れを最もカンタンに解消するたった一つの勉強法

混合型ADHDのユウくんが、宿題を倍の量こなせるように!

混合型ADHDのユウくんが、宿題を倍の量こなせるように!

こんにちは!発達障害サポートリーダーの田中です。
【混合型ADHD】の症状をもつ中学1年生のユウくんの担当家庭教師から聞いた、指導体験談をご紹介したいと思います(^o^)

ユウくんのお宅に最初にお伺いした時の事は、とっても印象的だったそうです。笑顔が可愛いらしい子で、先生ともすぐに打ち解けました。

ただとっても落ち着きがなく、5分も経たないうちにテーブルの下に潜り込んで、出てを繰り返していました。内心「結構手強い子かな?」と思いつつも、何とか席に座らせて30分勉強したそうです。当初は90分の予定でしたが、残りの60分はお母さんと打ち合わせと、その子とゲーム感覚で出来る勉強を一緒にやって終わりました。

その後もなかなか集中させることが出来ない日が数回続き、先生も悩んでいたようですが、“夏休み”を転機に、勉強に向かう姿勢がガラッと変わったそうです!!じっと座っていられなかったユウくんが、集中して落ち着いて勉強出来るようになったワケ・・・それは、ユウくんが熱中していたカードゲームでした。

ある夏休みの日、いつもと違ってお昼からの指導だったユウくんは、カードゲームをして家庭教師が来るのを待っていたそうです。指導時間になったので一旦ゲームを辞めてもらい、勉強をスタートしたのですが先生は「あれ?いつもより集中してくれてるかも?」と感じたそうです。なんとその日はいつもの倍以上の量をこなし、ダラダラすることなく、落ち着いて集中してくれました!!

ADHDのお子さんは、ふだんの生活で脳が低覚醒状態になりやすいと言われますが、一度エンジンがかかると、ものすごい集中力を発揮するということを、先生は身をもって実感したそうです(^o^)それからは指導前や休憩中に、脳の活動を活発にするミニゲームを取り入れているそうです。

まだまだ波はあるものの、指導スタート時からずいぶん集中できる時間が増えました!ユウくん、まずは目標の平均点目指してこれからも一緒に頑張ろうね☆

ユウくんに限らず、「スマホには熱中できるんだけど勉強は一切ダメ…」「行動力はあるけど、ぜんぶが中途半端」こんなお悩みを抱えたお子さんは沢山います。そのお子さん一人ひとりの特性を見出し、学び方に活かせるのが私たちの強みです。お子さんの普段の様子で心配な点などありましたらお気軽にご相談くださいね。