今すぐ電話をする
メニューを開く 閉じる

中1必見!期末テストで大成功した子が実践する勉強のやり方教えます

お子さんは授業についていけていますか?

中学校入学から2ヶ月が経ちましたね。
初めての定期テストも経験し、学校生活や部活にも慣れ始めた頃ではないでしょうか?

ボタン:反抗期でお悩みならコチラも必見!!「うるさい、後でやるよ」「ほっといて」そんな子が劇的に変わる!!ちょっとしたキッカケとは?

しかし、慣れ始めてきたこの6月から、学校の授業についていけず、ガクッと成績が下がってしまうお子さんが非常に多くなります。

イラスト:授業に遅れている子

なぜなら、入学から5月までは、【小学校から中学校に慣れるための準備期間】でしたが、6月頃から本格的に授業が難しくなる上にスピードも早まるため、授業についていけなくなったり、苦手な科目(特に英語と数学)ができやすいタイミングだからです。

イラスト:授業に遅れている子

しかも!
期末テスト(2期制は中間テスト)が迫ってきています。

小学校から苦手がある子は、特に要注意

入学直後で授業も比較的優しかった中間テストとは違い、期末テストは覚えただけでは解けません。応用力が試されるようになります。

さらに、主要5教科に加え実技の4教科も加わり9教科に。多くのお子さんがこれまで経験したことのない勉強量に圧倒され、特に、小学校の頃から苦手がある子ほど、一気にガクッと下がる傾向にあります。

一度ガクッと落ちてしまうと、取り戻すのは非常に大変です

一度《ニガテ》や《わからないこと》ができてしまうと、すぐに解決しなければ、ドンドン苦手が増えてしまいます。

イラスト:勉強のやる気をなくした子

「授業がわからない…」
「ついていけない…」
「たくさん勉強したのに、点数が下がった」

など、やる気や自信をなくすことにつながります。

イラスト:勉強のやる気をなくした子

事実、毎年のように、期末テストでガクッと点数が落ちてしまい、勉強が嫌いになってしまったお子さんからのご相談が、6月後半から7月にかけて非常に多くなります。

次の期末テストが「大きな分かれ道」に!

今度の期末テスト(前期の中間テスト)の結果次第で、今後のお子さんの勉強のやる気や自信に大きく影響してきます。

せっかく胸に希望を膨らませて中学に進学したのに、お子さんが勉強で悩んでいる姿なんて見たくないですよね。

そこで!
あすなろの生徒が実践している、 期末テストで大成功できる勉強のやり方を 《2つ》ご紹介します!

ポイント① ニガテを克服するやり方を見つける!

中間テストが良くなかった子は、すでに中学の勉強、特に英語と数学に苦手意識ができてしまっています。期末テストでは、中間テストで出た内容も出題されます。

まずは、中間テストで間違えた所をできるようにしておかないと、期末テストでも同じ間違いを繰り返してしまい、さらに点数が下がってしまう原因となります。

さらに!
中学校ではいくらテストで悪い点数を取ってしまっても、小学校のように、先生が生徒一人ひとりに対して手を差し伸べてくれるということは、ほとんどありません。
つまり、テストで点数アップするには、自主的にテストの見直しをする姿勢(=自主性)が求められます。
この小学校とのギャップから、苦手を克服するやり方がつかめないままになってしまうお子さんが非常に多いのです。

そこで!家庭教師のあすなろでは…
画像:5教科100点UP!順位も40番UP!しょうくん

間違えた問題を自分の力で解けるようにするために、テストの見直しを一緒にやります。
そして、必要ならば小学校の内容まで戻って分かるまで教えることで、自信を持って解ける問題を着実に増やしていきます。

その結果、
「つまずいていた教科が得意教科になった!」
「苦手な教科が一気に20点以上上がった!」
などなど…
期末テストをキッカケに大変身した喜びの声が毎年たくさん届いています。

さらに今なら!
体験授業で、中間テストの結果を見ながら《期末テストに向けて、今何をすれば良いのか》勉強のアドバイスをしています。 「次のテストこそ良い点を取りたい!」という方は、今すぐお申込みください。

ポイント② 予習・復習を習慣づける!

小学校では、授業の中で『おさらい(復習)』や『次の準備(予習)』をくり返しやってくれますが、中学の授業では予習・復習がなくなり、授業ごとに勉強の内容は新しくなります。
その分、授業のスピードも当然速くなります。多くのお子さんが、ここにとまどいを感じます。

さらに、6月からは部活動も本格化し、予習・復習をやろうと思っても、なかなか時間が取れなくなってしまうんです!

この2つの理由から、
6月は分からない所をそのままにするクセがつく子の多い時期でもあるんです。

ですが、自分の生活スタイルに合わせて予習・復習をする習慣さえついていれば、授業の理解度が高まって、テストでもしっかり点数がとれるようになります。

そこで!家庭教師のあすなろでは…

学校の授業や部活動のスケジュールに合わせて、予習復習の計画を一緒に作り、習慣づくまでサポートします。
また、あすなろの予習復習法は1日たった15分。
15分で授業の大切なところ・ポイントをおさえているので、どんなに部活が忙しくても「これなら続けられる!」と喜ばれています。

画像:勉強に熱心にとりくむ子

このように、私たちあすなろは、ただわからないところを指導するだけではなく、家庭教師の指導がいない1人のときでも、勉強の習慣がつくようにやり方から教えています。

期末テストで「もっと早く勉強していれば良かった…」と後悔しないために

《忙しくても1人で勉強する習慣》がついて《苦手をなくすやり方》が自分のものにできれば、部活に思いっきり打ち込みながらでも期末テストで満足できる点数が取れて、学校生活がとっても充実するんです!

6月は成績がガクッと落ちる子が急増してしまう時期。
お子さんが授業についていけなくなったり、苦手科目を増やしてしまわないためにも、勉強のやり方を今スグ切り替えてください。

今なら!
勉強が苦手な子ほど点数アップが最もカンタンにできる勉強法を教える無料の体験授業のなかで、

今、中1のご家庭からもっともご相談を受けている

「うちの子、授業についていけなくなってきたみたい…」
「期末テストの勉強って、どうしたらいいの?」

こんなお悩みも一緒に解決してみせます!! ぜひこの機会に受けてみませんか?

6/28(金)までの期間限定のキャンペーン
ですのでお急ぎください!

全力でお手伝いします

私たちの29年の実績とメンツにかけて、今勉強でつまずいているお子さんに必ず突破口を見つけてやる気を引き出してみせます。

※体験授業の1番の目的は、お子さんに合う《やり方》をつかんでもらうことです。
入会への無理な勧誘は一切ありませんのでご安心ください。
体験授業でお会いできることを楽しみにしています。